私鉄沿線97分署のドラマ情報・感想・評価

「私鉄沿線97分署」に投稿された感想・評価

私が個人的に好きで思い入れのある刑事ドラマだ。私の小~中学時代に私の住む沿線でロケが行われていて、何回か撮影している現場も見て、放映する日曜日の夜8時が楽しみだった。他の多くの刑事モノと違って子供がいる家族で楽しめる内容となっていて、激しい銃撃戦や残酷な殺人描写などほとんどない、ほのぼのとしたファミリー向け刑事ドラマだ。刑事役の鹿賀 丈史、時任三郎などが出演者だったが、何といっても温厚で優しい検視官の渡哲也の存在が大きく、一番好きだった。一話完結で、全90話だから約3年間位放映したことになる。地味だが、私の地元が舞台ということもあって、友達の間でも結構人気の番組だった。
涙 流れて ごめんなさい♪

このドラマと言えば、やっぱり主題歌で松山千春の『粉雪』🎵が最高です。

このドラマの渡哲也みたいにオフィスで仕事せんとコ-ヒ-☕️ばっかり飲んでる奴ってどの職場でもおるよね?🤔
って…それは冗談です(笑)渡哲也は仕事してましたよ。

やたら演技がオ-バーアクションの坂口良子🤷
でも可愛いかった。❤️

嫌いにはなれない上司の長門裕之🧓

青臭い刑事が似合う時任三郎👦
ストーリーがクサイ感じの人情劇が多い。そう、私鉄沿線の刑事がみんな優しいんです。
クサイと言われても、世の中にはこうゆう優しさが必要なんですよ◎
自分的には、私鉄沿線=時任三郎👦でしたね。
また観たいなぁ~(*´∀`)♪

あなたにおすすめの記事