警視庁・捜査一課長 正月スペシャルのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「警視庁・捜査一課長 正月スペシャル」に投稿された感想・評価

まーくん

まーくんの感想・評価

3.3
0
2019年6回スペシャル放送したけど、それらを越える面白さがあった。特に、ひふみんこと加藤一二三氏が2019年夏にNHKの生放送番組において、この作品名を出して、出たい…出ますと公言したのをきっかけに、テレ朝がオファーをし実現に至ったのが面白く、出演自体もまさかの設定とマスコット的な印象で、澤穂希さんの玉賀友代も笑ったし、正月だけにジンジャー(神社)や伊達巻とか、安定の長谷川朝晴や大浦龍宇一&けしからん秘書とかヤホー再出演とか、とにかく面白かった。
Ideon

Ideonの感想・評価

2.5
0
ビルの屋上から落下したと思われる死体の側には携帯が落ちており、そこには「自殺ではない、殺された」とのメッセージが、被害者は8年前誤認逮捕された男だった。大岩の部下の陣内が先走ってしまったのだ。陣内は責任を取って辞職した。部下を守ってやれなかった大岩は、今回こそは星をあげると誓うのだった…というお話。
最初はシリアスな刑事ものだったはずなのだが、「必ず星をあげる!」に代表される数々の名文句、本田博太郎の狂った演技、ナイツ塙のへっぽこ演技で、最早、バラエティと化している。今回は加藤一二三、澤穂希がゲスト出演し、超棒読みで捜査一課長に協力する。新年早々、大笑い出来る好編?である。