三屋清左衛門残日録 新たなしあわせのドラマ情報・感想・評価

「三屋清左衛門残日録 新たなしあわせ」に投稿された感想・評価

原作藤沢周平の『三谷清左衛門残日録』連作長編の新作です。


隠居の日々の清左衛門の処に珍しく嫁に出した奈津が子連れで訪ねて来る・・奈津の様子に気掛かりを感じる・・兎角悪い噂の多い家老の朝田の内偵に動く奈津の夫であった。


かねてより清左衛門を疎ましく思っている家老の朝田は娘婿を使って三谷家滅しを企てる。



『寒い季節の後には温かな春がやってくる』

『生きていれば好い事もある』


現代人にも通じるひとの営みを通して描く人生模様・・藤沢文学ここにあり。
邊見猛

邊見猛の感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

 みどころ1⃣︰BSフジ・開局20周年・特別番組❢❢。主演︰北大路欣也,出身地は,山形県・鶴岡市である,原作者︰籘澤周平の時代劇4作品を放送いたします❢❢。前2作では描けなかったヱピソードを集めた前2作とは,まるっきり異なる,❶趣きと味わいを持つ&❷趣味を持つ,もう1つの殘日録❢❢。18︰00~19︰55にかけて,放送いたします❢❢。どうぞ,お樂しみに❢❢。
 あらすじ1⃣︰樂隱居生活している日々の慰みに,❶趣味である河川の渓流釣りに,有り余ったヱネルギーを費やす&❷趣味である劍道道場に,有り余ったヱネルギーを費やす,三屋清左衞門【北大路欣也】❢❢。ある日,河川の渓流釣りから帰宅すると,嫁に出した娘である三屋家の長女であるお奈津【奈津子︰美村里江】が,子供を連れて訪れていた❢❢。久方ぶりにお孫さんの顏を見て喜ぶ三屋清左衞門だったが,❶奈津の樣子に些か奥齒の奥に物が挟まっているような,何やら得体の知れ無い,引っ掛かるものを感じた&❷奈津の樣子に聊か奥齒の奥に物が挟まっているような,何やら得体の知れ無い引っ掛かるものを感じた❢❢。そうした折に,お友達であるお奉行樣こと佐伯熊太【伊東四朗】から,先代の藩主の妾だったお梅が,❝❶父親の顏が全く知らない,私生児の子供を身籠った&❷父親の顏が全く知らない,妾の子供を懷妊した❢❢❞と,風のうわさを聞く❢❢。かつて海坂藩の奥の院である大奥を取り仕切っていた瀧野の方【三田佳子】がそのことについてご立腹しているため,怒りを諌めてほしいと頼まれるが,その裏事情を調べれば調べていくほど,三屋清左衞門を❶かねてより,邪險にして放逸する&❷かねてより,疎ましく思っている海坂藩の筆頭家老である,朝田弓之助【金田明夫】が十中八九,関わっている事が分かり……。また,三屋清左衞門は,奈津が亭主のことで,❝憂慮≒心配事❞を矢鱈めったら抱えている事をやがてすべて知る❢❢。親心からその真偽を確かめようと動き出したのだったが,またしても朝田1派の陰影がチラつきはじめる……。不穩すぎる空氣がプンプンとしながら漂っている最中,❶我が子の幼き頃を想い,己を省みる三屋清左衞門&❷我が子の稚き頃を想い,己を顧みる三屋清左衞門❢❢。樹齢??百年を超える欅の老木に,❶自らを重ね合わせての原理で思うこととは&❷自らを重ねて思うこととは……。『日殘りて昏るるに,未だ遠し』❢❢。
 あらすじ2⃣︰樂隱居生活している日々の慰みに,❶趣味である河川の渓流釣りに,有り余ったヱネルギーを費やす&❷趣味である劍道道場に,有り余ったヱネルギーを費やす,三屋清左衞門【北大路欣也】❢❢。河川の渓流釣りの友達であり,かつては中根道場の同じ朋友だった安富源太夫【伊武雅刀】の,❶言の葉の庭に突き動かされ&❷言葉に突き動かされ,お友達であるお奉行樣の佐伯熊太【伊東四朗】や小沼惣兵衞【原田大二郞】ら,劍道道場の仲間たちを集めて30年ぶりの旧交を溫める❢❢。若かりし頃の話に花が咲いて,樂しい1夜を過ごした三屋清左衞門だったが……。またはある時,江戸の御府内にある,88箇所の詰め所である御側御用人の時代の頃,三屋清左衞門が理由あって,❶世話人を引き受けたことがある&❷世話を燒いたことがある松江【マツコ︰戸田菜穗】が,三屋清左衞門の家屋敷を訪ねて來る❢❢。❝お国許での縁談が決まった❢❢❞。というご報告に喜ぶ三屋清左衞門だったが,嫁ぎ先の家である良からぬ噂の真相を知って心配して,事の真偽を確かめるべく動き出す❢❢。さらに三屋清左衞門は,劍道道場の主である,中根彌三郞から,❝とある果たし合いの立ち会い人❞を頼まれる❢❢。老いを感じながらも,旧友たちとのお付き合いなど,日々の日常生活を忙しく過ごす三屋清左衞門❢❢。夜每『殘日録』に綴る,その奥底にある,❶真心の内とは&❷胸中の内とは……。

あなたにおすすめの記事