恋する母たちのネタバレ・内容・結末

恋する母たち2020年製作のドラマ)

公開日:2020年10月23日

製作国:

ジャンル:

3.8

あらすじ

「恋する母たち」に投稿されたネタバレ・内容・結末

時間進むのはやいし、突っ込みどころ満載😓なんだけど、めっちゃハマった!
とくに、赤坂くんと優子さんカップルに😆
もう赤坂くん演じる磯村くんのファンになっちゃいました。今日から俺は、TWOWEEEKSみても何とも思わなかったのに😅全裸待機にはビックリしたけど😲吉田羊さんとお似合いだった✨
丸太郎さんとまりちゃんも良かったなぁー
斉木さんはなに考えてるのか分からないし、めんどくさい人だなと💦
不倫ドラマってバッドエンドで終わること多いけど、このドラマはハッピーエンドに終わって良かった。
めっちゃ火10ぽいのに謎に金10枠にやってたドラマ。パラビ駆け込み前に一気見した!

不倫がテーマの割には、炎上しないように細心の注意を払って作られたのが伝わってきた。エンドでもわかるように多様な愛の形を描いた作品。
個人的には大介がカミングアウトしたときの優子さんのセリフがお気に入り。「男性が男性を好きになっても 女性が女性を好きになっても 男性が女性を好きになっても 好きだって気持ちの尊さは 変わらないと思う 人を愛する事は素敵よ 」
めっちゃ坂本裕二的で好きだ!このセリフがこのドラマを体現してるようと思う。恋愛をしなくてもいい時代だからこそ、描ける恋愛の素晴らしさってあるよね、たぶん。恋愛という概念は、どうしても旧世代的価値観の象徴となってしまうことが多い気がする。それが原因で恋愛ドラマは押し付けがましさや古くささが出てしまいがちだ。だけど、本作は柴門ふみ×大石静の懐かしい感じ(バブル感とも言う)と登場人物の多様性が相まって、すごくバランスの良いドラマになったように感じる。大石静のラブストーリー見たことがなかったんだけど、すごく惹かれた。次はセカンドバージン見たいな〜。

⭐️杏×斉木さん
メインカップルにして一番癖の強い二人。振り返れば最初の出会いも結構突飛だった。冷静に考えて旦那の浮気相手の配偶者ホテルに誘うか?しかも会った初日に。その上「私たち結構イケてますよね?」からの不倫。1話見終わったときには展開の凄まじさに、トンチキドラマだこれは…と慄いたけどトンチキなのはこの二人だけだった。
でもこのカップルの終わり方はすごい好き!Twitterで見てたしかに〜ってなったんだけど、この結末はありのままでの恋愛を肯定してくれている。杏も斉木さんも結婚に向いてない性格だけど、無理に性格を変えるんじゃなく、二人が楽にいれる関係性を見つけ出したところが最高だった。最終回、斉木さんが「別れるしかないのか…俺も変わらないしな…」と言ってるように、大人になるとそう簡単に人って変われないよね。しかも、恋愛市場では、優しいとか思いやりがあるとか定型的な要素ばっかりが求められる。無理して恋愛向きな人間になったとして、それは果たして自分なのか?それって辛くない?と思う時がある。多分多くの人はネコだけど、この二人のような人はハリネズミなんだと思う。寄り添い合う幸せな周りの真似をしてくっつき合うけど上手くいかない。どうしても相手を傷つけてしまう。だからある程度距離が必要で、縦に並んで歩いて行けばお互い傷つかずに、同じ未来を共有できる。この二人が一番不倫からは遠いけれど、一番、画一的・旧来的な恋愛観から踏み出した恋愛だったと思う。

斉木さんが勝手に名刺作ってるのは普通にサイコパスを感じた。「面倒くさい」「鬱陶しい」は言えるのに、たけのこが嫌いなことは言えないのはなぜ?って感じだったけど、こういう人いるよな〜と思った。

⭐️まりちゃん×丸太郎
「今だけではなく、明日も明後日も、その先もずっと好きだろうと思って、今好きだといっています。」
坂本裕二!
このカップルが一番好き!めっちゃ可愛い😭
まりちゃんは最初登場したとき、絶対杏のこといじめるやつじゃん!と思ったけど、すごくいい子だった。丸太郎さんも最初は浮気性そうだなと思ったけど、結局めっちゃ一途、めっちゃまともな良い人。果てしない寛容さに高所得層結婚歴ありおじさんのリアルを感じた。こういう人いる。二人の関係性もすごく良くて、見てて楽しかった。ほんとにおめでとう!不倫相手に嫌がらせされたときは、判例から鑑みても不倫相手に増額要素沢山あるんだから慰謝料ふんどくりな😭不倫なんてやめな😭と思ってたけど、結局まりちゃんが幸せになれてよかった。親が誰なのかわからないのは引っかかったけど。
長女が元夫側に引き取られたのが驚きだったけど、これも描写が一方的にならないためかな〜と。どんなに客観的に酷いことしてても親は親だし、家族は家族なんだよね。まりちゃんが早く逃げ出したかったパパとの生活は、長女にとってはかけがえのない楽しい一家だった訳で。この分かり合えなさも含めて、色んな価値観を描いてるなと思った。

⭐️優子さん×赤坂くん
ファーストインプレッションが全裸待機カップル。
実はこの二人の前評判が良くてこのドラマを見始めた。けど、個人的には刺さらなかったかな…。優子さんの不倫体質は治らないし、家族の大事な話し合いは不倫ですっぽかす、仕事に逃げる。矢作がいい人すぎただけに、なんで結婚しちゃったの!?絶対結婚向いてないよと思ってしまった。本人も懲りて、最後籍を入れないという選択肢を取ってたけど。赤坂くんも、不倫相手の夫に「好きなんです!」って直接言ったり周りが見えてない印象だったかな。多分優子さんはそこが可愛くて仕方ないんだろうけど、個人的には行動が軽率に感じてしまった。でもフィクションとしては、二人のバランスも良いし胸キュンシーン多かった。

⭐️息子たち
マジで良すぎた。宮世琉弥くんを見つけられたのはこのドラマの一番の収穫。変わっていく過程の演技が上手いし、PVの華もある。流石スターダスト様😭大介役の奥平くんも良かった。最初から最後まで、美形な尾崎世界観だ…という感情に支配されてたけど。
何より3人のわちゃわちゃシーンが可愛い。大介が研くんのこと好きなのが伝わりながらも三人の関係性が変わらないのが良かった。ま、ま、まんじゅうこわいにこのドラマの輝きが詰まっていると言っても過言じゃない。恋する男たちだけじゃ尺短いから映画でも作って欲しい。エシャロット実写化して欲しい。
母親たちだけの
不倫にフューチャーするのかと思いきや
息子たちの人生もそれぞれ追っていて
それもなかなか面白かった

矢作不憫すぎるだろ…
眼鏡かけさせたって変わらないぜよ…

仲里依紗の弁護士夫
濱家を綺麗にした感じの
役者さんだったな

その弁護士と不倫してた
会社の女マジヤバすぎたな

小泉孝太郎
愚痴言う感じめちゃダルいキャラだ

まるっと阿部サダヲ役の行動が
イケメンすぎだったな

木村佳乃終始
ガリガリすぎて不安になったな
役作りにしてもやりすぎなような…
結果、全員happy endとは、
参りました。

とにかく、小泉孝太郎のクセが強いんじゃ🤣
突っ込みどころ多かったけどいい意味でドラマっぽくて毎回続き気になった!
最後矢作ちょっとかわいそうだった笑

仲里依紗可愛いし赤坂くんはほんとに夢見させてくれてありがとうございました
ラストまで見たら
思ってたよりよかった


もっとドロドロ系を想像してたが
ラストはハッピーに終わってよかった


赤坂くんの我慢できませんが
衝撃すぎて
とてもよかった


幸せはいろんな形がありますね
三者三様な終わり方が良かった。結婚がハッピーエンドとは限らないのですね🌸
磯村勇斗みたいな後輩おったらそりゃ!!!!!
最初はよくある不倫ドラマ、ドロドロを楽しむつもりで観ていました。
最終回を見終わって思ったことは、「色んな愛の形があっていい」ということ。
結婚がすべてではない今の時代に合ってます。

このドラマで主役の女優陣3人の魅力をより感じましたし、木村佳乃さん演じる杏ちゃんがめちゃくちゃかわいかった。
あと仲里依紗さん演じるまりちゃんは、早く丸太郎さんと結婚すればいいのに…!って皆思うところで、旦那さんが立ち直るまで待つところが本当に素敵な女性だと思いました。
話題になっていたのについみてしまった!
木村佳乃の結婚式の時の美しさに目を奪われた。吉田羊みたいにクールな上司になりたいけどそれは無理そう(笑)
キャラ的に感情移入できたのは、仲里依紗だった。
でもって素敵な男子は磯村くん!
息子たちもめちゃかわいい。
男の子って何歳になってもかわいいんだろうな。
最後の方胃もたれするくらい重かったけど、みんな幸せになって良かった。