スタートアップ: 夢の扉のネタバレ・内容・結末

「スタートアップ: 夢の扉」に投稿されたネタバレ・内容・結末

夢に向かって頑張る事の大変さと、だからこその楽しさが最大に表現された作品。「絶対無理」を超えていくダルミの強さと仲間の絆が最高に輝いていた。
登場人物みんながかっこよくて可愛くて、それぞれ応援したくなる。特に、チョルサン&サハペアのキャラクターや、やりとりが面白くてすごく良かった。
おばあちゃんの願っていた家族の情景が見えた瞬間涙が溢れてきた。
若者の起業やITをテーマにしている所も現代のトレンドを掴んでいるなと感じた。
好きなところ 言葉

・パンプスに油性ペンでハゲ隠しに
塗るとこ(自分もよくする。)
・コスモスの話
・ダルミが可愛すぎる。
・実現させれば父さんになれる
・ドサンの編み物🧶
・牛乳爆弾
・挨拶の練習するドサン
・誤解を現実にするために
・観葉植物をもって歩くダルミ(ナタリーポートマンみたい)
・編み物のたわし
・親にはなれないけど、もっとお節介をやけた
・日常の貴さ
・私たちの当然が当然じゃない人を助けたい
・目的が明確なら後からついてくる
・小さい頃から座ってるのかと笑笑笑
・パクりBIGTシャツ
・みどりのペディキュア
・チキンの言い方
・ダルミの笑顔
・白米にキムチチゲ
・人生は不公平だからそれに慣れよ
・目が見えないなら僕たちが技術で補えばいい
・悪縁を作れば借金に、良縁を作れば利益になる
・地図なき航海
・キャップ開けてあげたりビビン麺混ぜてあげたりするとこ
・捨てることも忘れることもできない。死ぬほど疲れれば悩みは小さくなる。でも、身体が疲れるほど鮮明に思い出す
・キャノンデールのマウンテン
・おはしでカップ麺の蓋を挟むとこ
・成長に限りはない
・真実を話すときに心が動く
・ダルミが寝てるシーツがみかん畑
・RGB 赤緑青
・たまに彷徨うのも悪くない🌈
・いろんな角度からの撮影と伏線の回収が面白い。
・人事が万事
・スーツ姿にエプロン
・エレベータースピーチ
・アウトを恐れてはバットは振れない
・勝てない敵なら味方になれる
・don't cry for meのポスター
・ドサンのYALEトレーナー
・会社の駒にならない
・肉の匂いを嗅ぎながら食べるおにぎりは肉の味がする
・優しい嘘なんてこの世にない
・メキシコみたいにカラフルな家々
・自慢になると失望させまいと頑張らないといけない
・反対する人がいるから進む速度を調節できる
・車乗るときに頭打たないように手を添えるところ
・人を好きになるのに理由はない、あなただから
・スカートの丈感が最高
・サボテンの編み物 アイラブユーっていうドサン
・お祝いでホールのケーキと帽子を用意するところ
・ヤクルトに細いストロー刺して飲むとこ
・ドサンの幼少期で、みんな同じスウェット着て走ってるところを上から撮ってるシーン
祖母が、両親が離婚し寂しがっていた孫のために、少年と架空の人物を造り上げ、文通を始める。数年後、名前だけ使われた青年が文通相手と偽りながら関わっていくうちに本当に惹かれあい、最終的に結婚する話。それと、企業して成功していく話。

ダルミを見つめるドサンの目と笑顔が完全に恋してる人の顔してて、でも天才で、格好いい
前回かなりの良作を見てしまったせいで(マイディアミスター)かなり見る速度が遅くなってしまった

ジピョンとおばあちゃんしか勝たん物語
そうこれは物語

全員美しいけど姉が最強に美かっこいい

最後みんなのメッセージカード映るの◎
より良い世の中になりますように
スタートアップのワクワク感
挑戦する若者たちが描かれている。

個人的にはハンチーム長が報われないのが、いただけないが共感する。

ビジネスの厳しい部分、ワクワク部分
もちろんドラマなのでこんなに上手く行く事はないけども、夢を与えるドラマでありキッカケになる。
韓国ドラマは長くてなかなか見れないけどおもしろくて一気見した作品。スジがかわいいなーから見始めたけどどっちとくっつくのか気になって見進めた。ハンジピョンかっこよかった。。。おばあちゃんの目が見えなくなるって知った時のみんなの反応が泣けた、、、
公私混同バンザイ!
1話から泣いた。
おばあちゃん出てくると97%泣ける。
ハンチーム長は私が幸せにしたい。最終回のインジェがすき👁笑
誰がメインなのかも知らずに観始めたから、結末分からないくらい拮抗してると思ってた、途中まで。思い返せばダルミの頭の中に出てくるのは最初から最後まで"ドサン"だった。チーム長が初めから名乗り出て側にいたら、、って想像もしちゃうけど、その不器用さ可愛らしさ、告白の仕方も身の引き方も素敵だった。松の実うどん食べたい。お姉ちゃんとチーム長がチョンミョンカンパニーを見守ってるシーン好き。お姉ちゃんの負けず嫌いなところ、何だかんだ妹が落ち込むと動いちゃうところ、家族の些細な言動を汲み取っちゃって素直になれないところ、リアル長女でなぜか涙でたし応援しちゃう。

最近観た韓国ドラマ、度々理系脳&文系脳の組み合わせが出てくる。深く思い合ってるふたりなら譲歩しながら一緒に成長できるのかも。私には難しかったから、ドサンを観てたらかっこ良すぎて泣いてた。愛してるとか好きってセリフがないのにダルミへの思いで溢れてた。君に出会って夢が決まったなんて言われてみたい。特にマーカーのインクを付け合っちゃうシーンと、月のように輝きたいのに自分は星だのシーン大好き。

ヨンサンとチーム長、姉妹のバチバチしてる雰囲気が話し合ったり何かで戦ったりしてではなく、時間の経過とともに収まっていくのもリアルで良かった。貶めるのではなく、反省したり学んだりして相手を認められる人たちだからこそ成功するんだろうなと思った。私もありのままの姿で誰かの翼になりたい。頑張る。そういえばオープニングエンディング映像も、全体的な色合いも好きだった。
テンポよく大まかな流れが心地よい、それでいてきちんと感情の機微の豊かさも随所に見られる(役者の表情や癖や目つき)という韓ドラの良さはもちろん、

ITリテラシー低めの私も素人なりに「ほえ〜」とわくわくするような作りになっている。(毎回タイトルがIT用語で、その回の伏線だったり、お話の中の人の動きと必ず連動するようなものになってる)

今作は個人的には主役二人にそこまで思い入れる感じではなかった。それよりも二人を取り巻く周りに魅力があるような…(もちろんダルミもドサンも、気持ちは分からんではない)
ゆくゆくは、やっぱりチーム長が心に残ってるダルミのもやもや何やかんやでダルミとドサンは別れて、チーム長に戻るんだろうなぁとか。そのくらい手紙の結びつきは強そうだし、チーム長はほんとにいいやつだと思うので…。
最終回のおばぁとチーム長は涙…。

ダルミのお姉ちゃんも最終回に向けてどんどん魅力的に。なんて可愛らしい人なんだよ!!

不時着では、第五中隊のおっちょこちょい韓ドラオタク、ジュモクを演じていた彼も、やっぱり今作で視聴者のホッとする場所になっている。サハさんも良かった、かわいかった!

あと最後に、ドサンは最初の髪型の方がいいよね!
・さわやか

・ハンジピョンに感情移入

・ばあちゃん、優しいな〜
>|