しゃにむ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐のしゃにむのレビュー・感想・評価

4.2
「強者は力を失うのを恐れる」

そうそう…1週間切りましたね(゚∀゚)
アンチキショウメ公開日にバイトが入っていて血涙なんて流してないし三度の飯に屁の河童を食するほど平気ですがナニカ?

非常にどうでもいい話ですが、先日の早朝曇っていたため、大学に傘を持って行ったら憎らしいほどの晴れっぷりだったので傘を持ってきた自分を煽ってきた友人に向かって小学生以来数十年ぶりに傘を構えました。

友人「貴様、ジュウダイか!?」
(意訳 それでも大人か!?」

私ジュウダイでもなければジェダイでもないニジュウダイの好青年です(`・ω・´)キリッ

という出来事があってEP3の復習をしてないことを思い出しました(イイハナシダナ)

個人的にEP3はSWシリーズで一番観た回数が多い作品です。EP3の映像美とアクションシーンはシリーズ屈指のハイクオリティを誇ります。それにEP4への繋がりが特に直接的でEP4を思い浮かべて鑑賞すると奥行きが更に広がると思います。スカイウォーカーの血統に注目すると目まいがします。宇宙でも人の見えない絆は通じるんだなと思うと。SF扱いしてもヒューマンドラマ扱いしても外れはしない壮大なストーリーです(ノ∀`)

あらすじ↓
穴金が闇金になる(詳しくは他のレビューを)

・見ての通りのジェダイさ
→ 冒頭の宇宙戦のシーンでアナキンと毛伸びが戦闘機を操縦していますが彼らはよく見たらいつもの服装。宇宙服は不要か…宇宙に放り出されたらどうするんだ…とあるマスクの軍人を思い出したのは自分だけかな?

・丸腰は殺らない主義
→ 激闘の末アナキンはドゥークーの殺傷権を握りますが何やらとどめを刺しません。丸腰は殺らない主義だと…後半部までそのご立派な信条が生きていたらよかったな(´ι_` )

・運命は彼と共に
→ アナキンは毛伸びの危機を10回(毛伸び曰く9回)救ったことを鼻もちにしばし毛伸びの指示を無視して独断で動きます。しかし毛伸びを慕う気持ちは本物です。穴金は毛伸びとくっついていたら幸せになれた(よだれ)

・悪夢の正体は?
→夜な夜なアナキンを悩ます悪夢。アナキンは類い稀な我アゴを持つルークやSWファンをよろしくない意味合いで唸らせるレイア姫の存在を予知していたのかもしれません。ぼくも寝つけなくなりそうです(´ω`;)

・ハートに火をつけて♡
→ おのれ毛伸び!ライトセイバー4刀流を駆使するグリーバス将軍と対決します。大胆不敵な毛伸びは敵陣の真ん中へ。意表を突く戦法でグリーバス将軍を追い詰めます。グリーバス将軍は4刀流だけでなくちゃっかりスパイダーウォークを披露するお茶目さん。不埒な毛伸びはグリーバス将軍の胸元に唐突にタッチして大胆にも胸元を開きます。さらにハートに火をつけるんだから…毛伸びはただ者ではないです!身を焦がすとはこのこと。

・頭皮の面積 = フォース ?
→ まことしやかに囁かれていたハゲ頭にミディ=クロリアン集中説はどうやら正しくなかったようだ(悔しい!)メイス・ウィンドゥを見ると説は脆くなります。が、ヨーダがいる限り否定は出来ません。新シリーズでハゲ頭の最強ジェダイが出れば問題ないです。

・オーダー66
→超絶鬱展開…貴重なジェダイが…青い巨乳が…闇金スカイウォーカーの降臨。こん時の顔はEP1のあどけない表情がちっとも当てはまらない極悪人の表情ですわ。吹き替えだと浪川さんだから察しは付きますがね笑

・波平vs闇尻Ass
→ 前作以上にヨーダが闘います。最強のジェダイマスターの活躍が見れてホクホクです。高齢を思わせない軽快なフットワークとちょっと笑える雄叫び。特大の円盤投げ。背が小さくても闘えるんだぞ!(同胞に涙)

・兵は鬼道なり
→ シリーズで一番興奮するバトルと言っても良い燃える(実際に燃える)師弟対決。剣撃にも性格が良く表れています。毛伸びの剣の筋には迷いがなく流れるように動く。闇金は力任せに振り回し怒りなど黒い感情がライトセイバーから滲み出ています。あと2人の背景で紅く弾けるマグマが壮絶な命のやり取りを鼓舞するかのようです。地の利…毛伸びめ…小癪な!勝てば良かろうなのだ(小声)

復習終了( ノ゚∀゚)ノ
金ローでEP4はやるけどさすがにシリーズをまた見返す気力はないです。未見の方はまだ間に合うと思うので駆け込みで制覇です。

余談 キリンのキャンペーンの「BB-8」プロジェクターなる存在を今日知りました。ハハ・ファット(肥満的な)の買い物に付き添いに行って買い物カゴにこっそりメッツを忍ばせてやります。我が家は母がフォース(財力)が強いから仕方ない(3歳216ヶ月男の子)