ひでG

深呼吸の必要のひでGのレビュー・感想・評価

深呼吸の必要(2004年製作の映画)
3.3
サトウキビ畑の収穫を手伝うサトウキビ狩バイトに集まった若者の群像劇。

先に本を偶然読み、気になっていたのでレンタル。

物語は都会の派遣社員香里奈の視点で始まる。
香里奈のデビュー作。この映画の彼女すごくいい!
そして、そこに集まるバイトのメンバーが登場は新人だったけど、今思うとかなり豪華。
谷原章介、長澤まさみ、成宮寛貴、大森南朋はキャストに出てるけどちょっと記憶ない。

これらの若者がいろんな事情でこのバイトに集まってくるんだけど、中にはこういう地方の農作業バイトのスペシャリストみたいなやつで、一見経験者としてブイブイ言わせてるだけど、本当は寂しい定職に就けない男だったり、長澤まさみはリストカット都会のしちゃう神経衰弱の高校生だったりと、一人一人のキャラクターがしっかり描けてる。

この手の若者群像劇によくある、押し付けタイプの映画にはなっていないのも好感持てた。

スタッフ見ると、監督は篠原哲雄さん。結構今でも撮ってる監督さん。田中麗奈の「はつ恋」なんて名作もある人。

まあ、すんごくいい!ってほどではないけど、期待しないで観ると意外な掘り出し物かも。