ひでGさんの映画レビュー・感想・評価

ひでG

ひでG

元映画少年復活!記憶が薄れる前に順不同で書きます!

映画(812)
ドラマ(0)

おにいちゃんのハナビ(2010年製作の映画)

3.2

酷暑でレンタル店まで行けず、自宅にあったかつて録画した本作を鑑賞。

谷村美月の退院から物語は始まる。抗がん剤でウイッグをしているほどの難病患者。

久し振りに家に戻ると高良健吾の兄は引きこもりになっ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.0

殺人的な酷暑だから家でDVD鑑賞
二本立て②

ずっと観たかった作品。
娘も映画館で観たって、おススメ作だよって言ってた。


これは「アイドル映画」である。

「アイドル映画」とは、アイドルの魅力
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.9

殺人的な酷暑だから家でDVD鑑賞
二本立て①

否定と肯定」に続いてこのチョイス。
我ながら真面目なセレクト😊

公開時からチェックしていて、観たいなと思っていた。

未曾有の大災害、大事故だったのに
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

世の中には「見たい映画」のほかに
「観るべき映画」が存在すると思う。

「ホワイトハウスダウン」を「ジャンクフード映画」と例えたが、
それに対して本作は、
「薬膳料理映画」と言えるのではないだろうか。
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.0

観終わって改めて思ったことだか、
映画は誰に向かって作っても、制作者の勝手である。

この映画のターゲットはきわめて明確であり、ターゲットに向けての映画作りとしては成功しているんだと思う。

そう、こ
>>続きを読む

ウンギョ 青い蜜(2012年製作の映画)

3.5

無料配信で鑑賞。
知らない映画だっかけど、結構良かった!
と言うより、惜しいよ、名作にもなれたのに(・_・;

ある一点の大きな欠陥の為、そこまで至らなかった。勿体ないわ〜

お話知らない人も多いと思
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.2

テレビ放映を鑑賞。
と言っても夫婦でツッコミ入れながら見た

「おいおい、どこまで『ダイハード』バグるんだよ😊」
「大統領、強すぎだろう!」
「想定通りの親子ヒーロー!」

こーゆー見方を私は
「パー
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

共感度0の恋愛ドラマ。
登場人物がみんなクソ!

なるほど、そーゆーことか?!
確かに!

最初にちょっと注文から。

僕は結構クソ人間だけのドラマも嫌いではない。
人間は、強さや美しさだけでできてい
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.5

フィルマークス試写会。神楽座にて。

私事ですが、⚽️観戦と仕事納期とが重なってかなりハードな日々。
そんな中での谷間の日の当選通知。
嬉しい反面、「身体もつかな?」の不安も。
そんな中、私を試写会に
>>続きを読む

やわらかい手(2007年製作の映画)

3.9

⚽️とレビューをシンクロさせるのはこれで最後にします(・_・;

日本⚽️に対しては選手やスタッフよりも掌返しのマスコミやファンに物申したいが、それよりベルギーを賞賛したくて、ベルギー映画をチェック!
>>続きを読む

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.8

正直言います。
完全に「置きに行った」「話題狙いの」レビューです。
しかも、再投稿。書き直し!

でも、読み返してみて、まだ初期の私の文章は回りくどい(・_・;

必要のないバックパスみたいな文が多く
>>続きを読む

サファイア(1959年製作の映画)

3.4

800本記念怒涛の名作レビューがあけ、普通の映画シリーズ。

古い洋画版良作2時間推理ドラマって感じ。
古い時代のロンドンが舞台、
でも、制作年度が1959年というところがミソかな


女子大生サフ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.9

怒涛の800本記念の超名作たちに比べて、801本目は、超平凡作!

まあ、この手の日本映画に辛口コメントが多い私だが、それほど声を大にして批判するまでではないけど、
ただ、褒めたり、良かったなあ〜て思
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.7

レビュー800本記念!
コテコテの有名作品で行きます!!

超メジャー級というか、
もうクラシック映画、殿堂映画に属する作品だが、今回、改めて観直してみた!→確か3回目?


びっくりした‼️
色褪せ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.4

800本直前、怒涛のハイスコア!超名作シリーズ!

大予想!次にパルムドールまたはベルリンクラスの映画祭を獲るのは、西川美和監督だ!

本作はその完成度の高さに比べて、
「はい、はい、西川美和ならこの
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.6

800本直前、怒涛の超名作シリーズ!
しかも、取りたて!今日、奥さんと娘と3人で鑑賞!
私家族にとっても忘れならない一本になるかもしれない。

ご本人の講演も聴きに行くくらいの是枝ファンの妻は、感謝後
>>続きを読む

エイリアン・ネイション(1988年製作の映画)

2.9

決して出来がよくないB級感が漂う映画だが、嫌いじゃない。

久しぶりの「愛すべきポンコツ映画祭!」

近未来なと思えば、レーガン大統領の映像が出ている。
エイリアンが「新移民」と呼ばれ、社会に入ってく
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.2

イオンの試写会で視聴。見たのは10日ほど前。公開直前まで書くのを何となく控えていた。

試写会を見せていただいたのにって、忖度は抜きにした方がいいよね?
ねっ?😊

よっし、正直に書くね。

作られた
>>続きを読む

そして、ひと粒のひかり(2004年製作の映画)

3.8

コロンビア戦勝利記念!再投稿!

さて、早速映画の話から逸れます。
昨日、浦和のパルコでW杯、コロンビア戦をパブリックビーイングで応援してきました。無料で駅前、ということもあり、大混雑と思いきや、空席
>>続きを読む

ジェイン・オースティンの読書会(2007年製作の映画)

2.8

会社の部会の飲み会で映画好きの人たちと映画談義をすることがあった。
同じ映画について語る宴はそりゃあ楽しいもので、酒も話も時間もどんどん進む。

でも、同席している、とりたてて映画好きではない人たちに
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.5

父の日特集!再投稿

ホロコーストという究極の窮地。

その中で父は、命を賭して子供を守る。

どんなことがあっても、家族を守る、子供を守る父。

どんな時でも、笑いを忘れない。笑いのバリアで子供の心
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

邦題のサブタイトルが見事に作品の魂を表している。

劇中にもそんなセリフがあるが、オギーは、太陽なんだと思う。

太陽【オギー】の光が、周りの惑星【家族や友達、先生】を輝かせる。

てっきり、難病、障
>>続きを読む

わが谷は緑なりき(1941年製作の映画)

3.8

これは現存する私の映画記憶の中でもかなり最古に近い作品。
子供の頃に、家族でお茶の間テレビで両親と観た、かすかな記憶。

ビデオさえない時代。テレビ放映される洋画劇場は、娯楽であり、文化の継承ツールで
>>続きを読む

フード・インク(2008年製作の映画)

3.9

食べ物の記録映画なのに、食欲を減退させる。

それは単に絵として食品加工の工程を見せられるというレベルではなく、
「食べさせられている」
「取り込まれている」という、
巨大な食品企業に組み込まれてしま
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

2.8

好きな方ごめんなさい。かなり辛口コメントになりますm(_ _)m

例えると「サイゼのビザ」みたいな映画。
とっても薄ーい感動作品です。

あと一日しか生きられなかったら、って設定だけで、感動が広がる
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.7

これはよくあるティーンのボーイミーツ映画ではないと思う。

観る人によって、かなり評価や好き嫌いが分かれるところがこの映画の魅力なのかもしれない。

リアルなティーンの恋愛ドラマではない。
って言うか
>>続きを読む

フラガール(2006年製作の映画)

4.1

このレビューを書いたのが、ちょうど一年前、レビューの最後に「蒼井優伸び悩み?」なんて書いたことを恥ずかしく思い、修正します。
私がちゃんと見てなかったただけ。

蒼井優は、時に脇に回りながら、時にかな
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.1

いやあ〜改めて言うのもなんですが、
映画って数多の男女の関係を描いてきたけれど、まだまだ私たちがあまり観たことない角度からの切り口あるんですね〜

特別な愛の形を描き出し時、その色合いや肌合い、つまり
>>続きを読む

シークレット・サンシャイン(2007年製作の映画)

4.2

韓国映画のことを再度書きたくなった為、再投稿!
私の韓国映画ベスト3に入る大傑作!!

観ていない人に勧めたいが、決心して観た方がよいと思います。
だって、この映画を観ることはある意味闘いであるからで
>>続きを読む

悪魔の倫理学(2013年製作の映画)

3.5

みんなのスコア2点台って、大抵どーしよーもない代物だけど、これは例外、
面白いよ!僕は好きだなあ〜

だって、例外なく登場人物が、【久々に使うこの用語!】
クソみたいな奴ばかり!みたいが余計、全員クソ
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.3

なんじゃこりゃ〜!
無料配信って、面白いね、
たまに、こういった【掘り出し物中の掘り出し物】に出逢えるので。

マニアには知れ渡っていたのかもしれないけど、僕は【4ない映画】→見たことない、監督も出演
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

観てきました。こんなに早く!

これはみんなと観た後、ワイワイと肴にする映画かな。
一人で観て、噛みしめる映画ではないな。

デットプールって、常にしゃべっていて、スクリーンに向かってもしゃべってきて
>>続きを読む

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

4.0

再々鑑賞。昔の友人と🍶しながら。
前回のレスはちょっと軽過ぎで、往年の名作へのリスペクトが足りなかった😓反省、だから再投稿!

これを観たのは中学生の頃、
ガキだったし、何もわかんなかったけど、純粋に
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.0

これも再レビュー。
読み返したら、これまた内容が薄い書き込みやったなあ(・_・;

こんなコメントにも、いいね!して下さってありがとうございます!
もう少し大好きな映画なので、書き加えてみます!

>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

3.9

実は再レビュー。
初期の頃の書き込みは実にあっさり。
とにかくたくさんの映画を書こうという粗雑な感じがするので、書き直し。って、そんなに変わらなかったりして、(・_・;


女性と観る恋愛映画って、意
>>続きを読む

情愛中毒(2014年製作の映画)

3.3

まあ、このタイトルはどうかと思う。

原題にも「中毒」と入っているようだか、
この恋愛は、もっと「一生もの」あるいは
「命がけ」のように写ったなあ。

まあ、「全てを投げ打っても!」て、エリート軍人の
>>続きを読む

>|