深呼吸の必要の作品情報・感想・評価

「深呼吸の必要」に投稿された感想・評価

taiga

taigaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

清々しい!
沖縄に行きたくなるし、さとうきびを狩りたくなる。
キャラクタースタディーをしっかりやりすぎないからこそ登場人物の生い立ちを想像してしまった。
沖縄の広大なさとうきび畑を舞台に、"きび刈り隊に応募した7人の若者達のかけがえのない35日間。彼らがそこで得たものは…(沖縄映画祭より)

青春だなーって、俺もさとうきび刈りたいなーってそんな気分になりました。本作は高校生の甘酸っぱいドキドキな青春映画ではなく、心のどこかにある"つっかえ"を温かさに触れることでゆっくり溶かされる様な青春映画です。疲れた時にぼーっと見るのに丁度いいですね。中々楽しめました!若い頃の長澤まさみ超可愛いかった!
12チャンの番組の
ダメな人達のやつを
最高水準に美化した映画
Takeya

Takeyaの感想・評価

5.0
私の青春そのものでした。毎日、同じルーティンのように思えるなかに、自然との関わり、沖縄の世界との繋がり、キビ刈りの人との関わり、ドラマチックであり、社会の縮図であり、現場を体験した人でしか描けないものも表現されていて、嬉しい一本。
派遣社員のひなみや大学生の大輔らは、さとうきび収穫時のアルバイト“きび刈り隊”に応募し、沖縄にやって来た。彼らは寝食を共にしながら、約7万本のきびを刈る作業に従事する。

衝突シーンが多くてハラハラする。
ブレイク俳優を先取りしていた今作。
マサ

マサの感想・評価

2.5
沖縄の広大なサトウキビの刈り取りにやってきた若者達の話。人の微妙な心の動きを描いているため、そんなにすごいドラマは起きない。沖縄の懐の深さは全員持っているものなのだろうか。深呼吸をすると楽しくなるよという言葉を忘れずに今度やってみよう!
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.9
うーん、リゾバをやったことのある人にはとても共感できる映画。

その短いシーズンの中にドラマがあり、そこに集まった人たちの過去にもドラマがある。

たくましくなった顔がもっと見れれば良かったけど、さすがに女優さんには無理な話か
Yagi

Yagiの感想・評価

3.5
・キビ刈り隊に募集した男女が、農家のおじいとおばあの家で1ヶ月余りの共同生活
・心の傷をじんわりふさいていくような空気感
・力いっぱい働いて食べて寝て、時々海水浴とキャッチボール
ゆるゆる映画。
小さなコミュニティの中で広がる人間関係。
サトウキビ狩りを通して巻き起こるドラマが、ラフ人間にはたまらない作品。
出演者も豪華
ac

acの感想・評価

3.7
十年くらい前に一度観ていて テレビでやっていたので久しぶりに観た。ストーリー中にこれといった主張というか、価値観を押し付けてくるようなことはない。そういった映画は好みが分かれるだろうけど個人的に好き。
>|