La tête en friche(原題)の作品情報・感想・評価

La tête en friche(原題)2010年製作の映画)

La tête en friche/My Afternoons with Margueritte

製作国:

上映時間:79分

4.6

「La tête en friche(原題)」に投稿された感想・評価

暖かくて切なくて優しい。ハッピーエンド的なフランス映画って珍しいかも。この映画の字幕つけたいな〜〜
Mihori

Mihoriの感想・評価

4.7
穏やかで、暖かくて、綺麗な涙を流せる映画。最強のふたりが世界で愛されたのならこの映画も!と思う
Satoukibi

Satoukibiの感想・評価

5.0
自分がひどく愚かで、なんでこんなに上手くしゃべれないのだろうとか、読めないのだろうとか、頭悪いんだろうとか思ってしまったら、是非この作品を見て欲しい。読書をする勇気とか、弱みを受け入れる優しさとか、そんなものが詰まってる気がする。ドイツ留学中にこの作品に出会って、スランプだった私はとても助けられた。読み書きの出来ない中年男性が、読書好きの老婆に出会って変わって行く話。なんだか妙に高尚?な感じがするが、そんな老婆が男に最初に読み聞かせるのは(ペスト)生々しいネズミと黒死病についての話だ。でくの坊の男はそれから頭に別の世界が広がるようになる。空想するのだ。言葉は旅。辞書を引き、単語から単語へと旅する。辞書は迷宮だ。これを見れば、ちょっと学ぶのが楽しくなる。オススメだ。