次男

パロアルト・ストーリーの次男のレビュー・感想・評価

パロアルト・ストーリー(2013年製作の映画)
4.6
「私がすることにも、理由はないわ」

きっとそうなんだろう、きみたちの、あのときのぼくとかのすることに、ひとつも意味なんかないのは、いまこうしてここから見ると、よくわかる。なにひとつ意味なんてないし、意味も理由もないから、なにをしたらいいかわからなくて、酒を飲んだり、セックスをしたり、羽目を外してみたり、道を外してみたり、大声を出したり、歩いたり、走ったり、泣いたり、傷つけたり、傷つこうとしたり、好きになったり、なろうとしたり、するんだと、したんだと思う。

「もっと年をとったら」って前置いて感想を保留してきた映画が山のようにあるけど、10年よりもっと前からあるけど、10年経って、すっかり大人と分類されるいまでも、「わかったことなんて幾つもない」ということしか、わかってない。でもやっぱり、「もっと年をとったら」、少しずつ理由と折り合いを作っていって、いろんなものを分別して、そういえばそういうものが増えてきたかもしれない、なにかを諦めたり、決め付けたりすることに慣れてきたし、少なくともぼくはもうぼくのことを天才だとは思っていない。

それでも、この映画を観て、こんなに取り留めのない話に、釘付けになった。なんの話か手に取るようにわかった気がして、自分とは似ても似つかない男の子に自分を入れて、彼女にどうしようもなく恋してしまうくらいは、まだぼくはそこにおるんだと思う。まだおるのか。まだおるんやなあ。まだ手に取るようにわかることも、全くわからなくなっていくことも、どちらもだめな気がする。

ふたりの恋は漠然と 救いで、大事ななんかで、すがる思いで、ふたりが結ばれて散らかったものものが整頓されるのを、心待ちにしていた。そんな渇望したものにだって、理由があるのかないのかは、わからないけど。
わからないことだらけだ。当たり前だ。いつかわかるのかなって置いておいたものは、きっといつになってもわからない。時間が経つと、そのわからないことに名前をつけ出して、わかったことにするんだ。本当はなにもわからない。だから、要素を抜き出して、わかったふりして、この映画を分類するな。僕が信じてる宗教はこれぐらいだ。






壊れそうなひとたちと、その表情、美しく切ない情景、エンドソング、この映画を手元に置いておこうと思う。深夜のメモは内容も句読点も我ながらよほど気持ち悪いだろうけど、読み返したら顔から火がでるだろうけど、この青臭い文章こそが、この映画がこたえたという証明に他ならないので、これも手元に置いておこうと思う。