MARUKO

セッションのMARUKOのレビュー・感想・評価

セッション(2014年製作の映画)
5.0
血の滲む努力というより、無我夢中。ドラムにとりつかれた青年が真っ直ぐにただドラムと向き合い、教授が鬼となり駆り立てる。緊張感と疾走感に胸の鼓動が自然と高まる。そしてエンディングのデイミアンが炸裂したとき、思わずため息が出る。

自分のドラムにとことん自信があり、高慢なニーマン。その性格故に、フレッチャーにコロコロと転がされる様子がお見事。最高の音楽学校の有名教師に認められたと思えば、トップクラスで洗礼を浴びる。トラブルでチャンスをつかみ主奏者になると、自信を過剰に持ち我が物顔でドラムを叩く。するとそれを見透かしたようにライバルをつくり静かに鼓舞するフレッチャー。ニーマンの性格、才能、ドラム愛を読み取り、上手く彼を成長させていく。その指導はまさに鬼。事故でドラムが叩けない状態でも絶対に自分のパートは譲らない意地。かつての偉人たちがそうだったのか分からないが、彼らの歩んだ道をまさに歩いているかのように思えた。
ニーマンのキャラクターがドラムの迫力とマッチして狂気を増す。加えて鬼フレッチャー。熱い!!何よりも自信のある自分のドラムを罵倒するフレッチャーが嫌いだったのに、実は信頼している。フレッチャーも“こいつを育てたい”。二人の目に見えない関係性を巧みに描く。ニーマンのドラムに対する熱を象徴するように、フツフツと静かにバックで流れるドラム。さらにテンポのいいカットがバシバシッときまり、作品の雰囲気をもり立てる。
そして自分史上最高峰のラスト。静かに始まる。“スカウトは一度見た奴を忘れない”。ならここで魅せてしまえ!と言わんばかりに魅せる魅せる!フレッチャーが笑う。ゾクゾクするたまらないラスト!音楽を愛した不釣り合いの二人が共鳴するのではない、ぶつかることでお互いが高まり合い最高の“セッション”を奏でる。ああ、興奮した。もっともっと書きたいが長くなるのでこの辺で…