セッションのネタバレレビュー・内容・結末

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿されたネタバレ・内容・結末

確かに演奏はすごいけど、トラウマを植え付ける映画だった。
JKシモンズの顔を見ると体が震えるし、イスが飛んでこないか身構える。
チャゼル監督はラストシーンで今までの過程をこれでもかという具合に塗り替えていくけどなんかそこ、モヤっとする部分がある。好みの問題だと思うけど。
やばー。手痛い。
鼓動に響く感じ。
事故に遭うのは予想できたー。最後の終わり方かっこいいな
最後なかよなったんやおもって見てたら裏切られるし1人でドラム叩きまくって才能が開花するし予想できひんかった
圧巻。
ハッピーエンドでもバッドエンドでもないラストにさらに魅力された。

人は大切な何かを捨てて大きく前へ進める。
その捨てたものは再び拾えないが、望む形とは違っても何かしらのものを得る。
凄い映画だった…
これほどまで余韻が残る映画は久しぶりに観た。


*ここからは個人的見解を含みます


よく血の滲むような努力などと言うが、ニーマンは本当に血が出るまでドラム叩いて努力していて、それは目を背けたくなるほどだった。
練習しなきゃ、追いつけない。
練習しなきゃ、偉大にはなれない。

そんな脅迫概念がニーマン自身を追いつめていった。
(ニーマン自身の傲慢さや、プライドの高さも問題があった)


事故に遭いながらもフラフラで会場へ向かうがフレッチャーに終わりの宣言をされて
今までの努力が無にされた気がしてニーマンは手を出し退学になった。
何も無くなったと思っていたニーマンだが、小さい頃にドラムを叩いていたビデオを見て自分がドラムが、音楽が好きなことを思い出せて(フレッチャーみたいな道具として使う者ではないと)決別出来たのではないだろうか。

再びフレッチャーとニーマンは再開するがそれはフレッチャーが仕掛けた罠だった。
(譜面を変えたのは敵意丸出しの故意だったとここでは解釈する)
もう音楽の世界には二度と失意に落ちたニーマン。
復讐を遂げたフレッチャーは満足そうな笑顔でニーマンを一瞥する。
ニーマンは舞台から降り父親に抱きしめられ、ここで帰るのかと思いきや舞台に戻り今度は拳ではなくドラムでフレッチャーと殴り合いをする。

ニーマンを何をそう変えさせたのか?
父親に何か言われたのか?
音楽好きな事を思い出し雰囲気も元に戻ったおかげなのか?
それはニーマンにしかわからない。
だが、フレッチャーと戦うニーマンを見ていたらそんなものはどうでも良いと思えた。

ここでフレッチャーが憎んでいたニーマンを手助けをするのだ。
鳥肌がたった。
実ったのだ、ニーマンの努力が。
そして何より師弟関係が。

ラスト9分は凄い。
この演奏をずっと見ていたい。
終わらないで欲しい。
そう思わせるほどただただ圧巻だった。


(観客の拍手がなくすぐにエンドロールにいくのはフレッチャーが観客も道具として扱っているからのではないと推測される。)
最後のドラムシーンが圧巻!一人で叩きはじめるときにめっちゃ興奮した!!
とっても引き込まれる映画✨🥁🎺🎷🎸🎹🎼

チャゼル監督はジャズが好きなんだね😂



友達と鑑賞
不運なことから主奏者から降ろされ、元恋人にも相手ができ、ラストのコンサートでは先生に騙されるという圧倒的な絶望の状況からそれらを乗り越えるような演奏。
天才が目覚めるとはこういうことなのか。
まずセッションの原題「whiplash」ムチで打つの意味の通り、鬼教師フレッチャーの飴と鞭、罵声と怒号が凄いのなんのって…
劇中でもwhiplashと言う曲が使われていて、 タイトルにはこれしか考えられない

そして、見所はやはり他の人も多く述べているラスト10分程のシーン
jazzフェスでドラムを叩けるのはお前ぐらいだと言わんばかりに、フレッチャーに誘われたニーマン。フレッチャー丸くなったな!師弟の絆が出来上がって終わるかな!と思ったのもつかの間
「密告はお前だろ」の一言でフレッチャーの優しさは嘘で、復讐の為にステージに戻らせたのだと知った時は、なんとも言えない恐怖だった。
自分には渡されてない楽譜をめくり出し、周りが演奏する中で必死に食らいつくニーマンが滑稽で、見苦しくて可哀想で見ていられなかった。
あの時のフレッチャーの勝ち誇った顔が超憎たらしかった‼︎w

その後のニーマンの反撃は何とも爽快だった。
フレッチャーが「今度はスローな曲です」と言っている最中にステージ戻ってきたニーマンは、アップテンポなリズムを叩きながら「合図する、キャラバンだ!」のセリフで主導権は指揮者からドラマーに移った感じがカッコ良かった
段々とフレッチャーもニーマンのテクニックに魅了されていって、後半の指揮を楽しんでいる感じやニーマンの楽しくドラムを叩いてる感じが、純粋に音楽を楽しんでいた

最後の一瞬静まり、フレッチャーの口元から上のカットはただ笑ったのかな?それとも何か一言言っていたのかなとちょっと気になった
主人公が手を血だらけにしながらドラムを練習するシーンも、師を貶めるシーンも人間の欲をリアルに描いている。そして鬱々とした気分の後にあのラストシーンである。終始絶えず「おもしろい」映画というわけではない。だが最後の5分か、10分は間違いなくおもしろいと思う。鑑賞後、あのラストに辿りつくための時間を観ていたんだと気づいた。
前半と後半の印象がガラリと変わる。映画そのものがジャズセッションのような流れ方をしていた。努力の塊同士のぶつかり合いからすれ違い、そしてラスト9分のキャラバンは家のしょっぱい音響でも鳥肌ものだった。映画館で是非観たかった。
>|