セッションのネタバレレビュー・内容・結末

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿されたネタバレ・内容・結末

これは菊地成孔が怒るのも仕方ないほどのパワハラ・アカハラ映画。日大アメフト部の悪質タックル問題を強く想起させるんですが。先生サイコパス過ぎ。最後主人公がドラムでひと泡ふかせるのはスカッとするかと思いきや先生喜んじゃうからモヤっとする。音楽で繋がったよ♪ってオチにしてんじゃねえ感が凄い。でも結論としては、最後はドラムで勝負だ!的な意味では現代ハリウッド版「嵐を呼ぶ男」ということで良いでしょう。
「いつかは観たい」と思っててついに爆音上映で観て来た。最高だった!!!!

芸術、音楽とは常に孤独なもので、周囲に肯定されたい、幸福に不自由なく暮らしたいとは時に逆に行く事があるけど、極めた人にしかたどり着けない至福の時間があるものだと思った。

ラストシーンは演奏もさることながら、表情の演技、映画を通しての「結果は与えられるのではなく奪い取れ」というものを台詞なく体現してて圧巻だった。
言葉では幾度となく罵り合った2人が、音楽の至福には抗えずまさに「セッション」するのに胸が詰まった。

マジで最後、素敵なジャズの演奏を和気藹々としてハッピーエンド♪かと思ったので裏切りの展開に度肝を抜かれたし、主人公がそこから争う姿は「これこれ!これが見たかった!」ってものだった!!
結局先生の真意はどうだったのだろうか?言葉通りだったのかな?それともジャズの為だったのかな?語られないのもまた良かった…

最後、先生の笑ったであろう口元をあえて映さないのがニクい!!!!
ジャズへの造詣がまったくないもんで、ラスト一番盛り上がるところで疑問点が浮かび過ぎてすごい尻すぼみな印象になってしまった。

あのコンサートで一曲目を復讐のために台無しにしたわけだけど、そんなことをしても大したことない程度のコンサートなの?
そうじゃないなら、そこまでして学生に復讐するの?

ニーマンは練習してない曲が演奏されて何もできなかったわけだけど、ではニーマンが演奏し始めた『キャラバン』をなぜ他の奏者が弾けるの?プロだから?
いくらなんでもそんなに上手くいかなくね?

で、曲が終わって最後ニーマンがドラムソロを続けてくわけだけど、途中まで困惑してたフレッチャーがどんどんのってく…
おれがこの場でドラムソロひたすら聞かされたらすげ〜退屈な気がするんだけど、あの演奏は素晴らしいの?
いいのか悪いのか、観客とかリアクションをとる第三者がいないからよくわからなくて…

そんなこんなで不完全燃焼。
一つのことを極めるって本当にすごいことだと思った。自分なら絶対に挫折してる。主人公のニーマンは、全てを犠牲にして、先生に何を言われても、手が血だらけになってもドラムを叩き続ける。
最後のどんでん返しに寒気がした!!最後の演奏シーン、先生にハメられて惨めな思いをし、無能だと言われてステージをでるニーマンが父親に抱きしめられた後、ステージに戻るところがやばい!!こういう所で泣くんじゃなくてやってやる!って行動を起こせる人が人生を変えていくんだと思った。
自分でドラムを叩きはじめて周りを巻き込んで演奏するシーンがすごくドキドキした。
先生が途中で言った言葉、「サックスの名手だったチャーリーパーカーが演奏でヘタをしてシンバルを投げつけられ皆に笑われた。その日は泣きながら寝たが、翌朝から彼は練習に没頭した。来る日も来る日も一つの誓いを胸に。二度と笑われまいと。1年後同じ場所で史上最高の演奏をした。もし、その時大丈夫、上出来だ。と言われていたら?チャーリーは満足して終わり。」これから仕事をする上で、自分に必要な言葉だと思う。
ずーーーっとみたくてやっと。
血が。もう。痛い痛い。轢かれてすぐ走るな。
おっさん表情筋どうなってんの?
2人だけがメインで、セリフ少ないのにこんなにも心理描写できるって俳優も脚本家もカメラワークも何もかもやばすぎん?
感情が忙しくてずっと心拍数200くらいだった。
ジャズっていう緩急がとんでもない音楽と絡めた作品だからこそのこの心臓持ってかれる感じがあったのかな?
"You thought I’m fuckin stupid? It was you”言うてからのupswingin出して来た時のサイコパスみやばかった。
数年前に映画館で観たきりだったが、勇気を振り絞り二度目の鑑賞をした。
観ると体力・気力を消費するため避けていた、まさに革命的な作品。

名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、
伝説のスパルタ教師フレッチャー。
彼との出逢いがアンドリューを変えていく。

この作品でなんとなく印象に残ってるのが...
ポップコーンにレーズンを混ぜて食べていたシーンだ。
これもある意味、革命的だった。

物を投げる、ビンタする、怒鳴りつけ罵倒するフレッチャーの迫力はすさまじく、脳裏に焼き付いて離れない。アンドリューの痛々しく血の滲んだ手のひらも忘れ難い。

場面転換がとても上手く、演奏シーンの迫力も引き込まれるほど素晴らしい。フレッチャーのジャズへの狂気的なまでの情熱、何でもありだが妥協を許さず、最高傑作の演奏を作り出す技術、これを真の芸術というのだろうか。

フレッチャーの内なる恐ろしさが眼に滲み出ていて、すさまじい怪演を見せつけてくれたJ・K・シモンズには盛大な拍手を贈りたい。
「私をナメるなよ。」のところ、トラウマ。

圧巻のラスト10分は息を呑む。
いつかまた観たいけど、しばらくは観たくない作品。
見終わった瞬間、…っほぉお〜って変な声が出た(笑)

これはどうまとめるんだろう?とずっと考えながら見てたけど、まとめるとかハッピー・バッドエンドとか映画のお約束ではなく、でも新たな映画として成立していた、、

最後のシーンではゾーンに入ったって感じなのかな、、体育会系じゃなかったからその感覚はわかんないけど。

ずっと悔しいを原動力にドラムを叩いていたけど最後は楽しんでいた、というかもはや狂気さえ感じるドラムへの愛、憎しみがあった。
アマゾンプライムビデオで観た。ここ最近で1番の当たり。
最後が特に良い
体罰問題とかを考えさせられる。
マイルズ·テラーの演技力
すごすぎ。

友達いないし彼女もフるしで、自分の感情を外に吐き出す場面がないにもかかわらず、演技1本で全てを表現してて本当に感動しました。


狂気としか言いようがないけど心の底からかっこいいと思いました。

性善説の通用しない鬼教師にちょっと笑ってしまいましたが
彼は彼でジャズを追い求めてるだけなんだろうなあ

全然わからんけど。

ニーマンはニーマンでべつに先生に認められたかった訳では無いはず。
その為にやっていたわけではないはず。

全然わからんけど。
あんまり覚えておらず…。
そんなに面白いとは思わなかった印象…。
ただうる覚えで、車に轢かれた?あとにドラムしてた?のは印象に残ってるかも
>|