MARUKOさんの映画レビュー・感想・評価

MARUKO

MARUKO

最近忙しい…もっと映画観たいT T
フォロバします^ ^勝手にフォローも失礼します🙇
作中気になった要素をピックして、観た人に伝わる(伝われ!笑)レビューをしています。
※完全なネタバレはしませんが要素に触れて、それについて思ったことを書いてます。
気に入った作品は思い出しながら❤しまくってますので、悪しからず。
☆はジャンル分けず「こっちよりこっちが好きかなー」って感じで比べて付けます^ ^

映画(134)
ドラマ(0)

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.8

多分キモいくらい満面の笑顔でエンディングを見守ってた笑。
心に焼き付くエンディングだった。

キャラクター付けがもはやコント笑
あっちゃこっちゃぶっとんでバラバラで、正直前半鼻について仕方なかった。
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.7

あえて冬に笑。
いやー、大好きだーこういう映画。
でも、邦題をプールサイドデイズにしちゃダメだなこれは。エンディングのための作品だろうに。
足らない英語力で、勝手な妄想で無理矢理直訳すると、帰り道の方
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

4.5

なんかテーマ的に、勝手に笑っちゃいけないようなブレーキが自分にかかってたけど、途中で外れた笑。
感情移入がうまくできなかったのは、この作品がある意味俯瞰的だったからかもしれない。
見守るという言い方が
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

5.0

これはほんとに映画かと疑う位。モノクロ映画はとにかく目がきれいに映る。

ここまで静かで、こんなにも心をかきみだされる映画をはじめて観たかもしれない。
ありのままを映し、ありのままを伝える。激動の渦の
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.0

ガガ様パワーをこれでもかと言わんばかりに堪能。
これは女優賞が噂されるのが頷けた。すんばらしい演技してる。

これまでのどの映画とも比にならない歌の安心感。当たり前だけどやっぱり上手すぎて圧倒的。歌う
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

5.0

これはすごすぎる。
冗談抜きで、一瞬で二時間が過ぎ去る。
ベタなこと言うと、こんなの観たことない。興奮した。
でも、案外評価が分かれてるみたいで、観る人を選ぶらしい。

頭に描いている自分と、今の自分
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.6

有楽町の劇場をハテナが包み込んだのを思い出す。

分かるのはみんなとにかく家族を愛してる。
分からないのは伝え方。そしてその不器用さ。でも、それが家族だよねって。
どんなにおおらかで賑やかな家族でも、
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.5

9月11日舞い込むニュースを、新たな方向から見る瞬間があった。
これはこの映画の力強さを体感する瞬間であった。同時に、スポットライトの記事に初めて身近さを覚えた瞬間でもあった。それは記者たちと同じ気持
>>続きを読む

ネバーランド(2004年製作の映画)

4.8

信じることができた者は、二人の温もりを残すベンチを見て号泣する───
って書きたくなるくらい。
久々に映画でウルウルで。

ジェームズが不意に入り込む自分の世界がとても素敵。サーカス、アフリカ探検、扉
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

5.0

大好きで3回目。
それでもまだおや?と混乱させられそうになる。
というよりも、親切に教えてくれるけどそれを信じられなくなる、と言った方が正しいかも。それほど完成度が高い。

精神病棟という設定といい、
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

5.0

大好きな一作。

中身が知りたい

でもその中に探し物がある訳じゃなくて、その中のものが彼にとって、特に何でもないことを確かめたいようにみえた。

その中身が意味をなすときは、その中身に興味を抱いたと
>>続きを読む

シンデレラ(1950年製作の映画)

4.9

『なぜ靴だけ残ったのか』

最近この真相を耳にして、ぐーー…っん!!と観たい気持ちが高ぶって、この度再鑑賞。

オープニング、本を開く瞬間。鳥肌が一気に。
作品通してずっと流れている音楽。その一音一音
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

5.0

サントラ聞いてたら突然観たくなって笑
あえて比べる目的で。
やっぱりこっちなんだよね~
しかも、圧倒的に!

もしこれが今作られてたら、多様性なんたらでアニメーションにも!って勢いでオスカー取っちゃう
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.2

大切なものは失ってはじめて気づく。
幸せは失ってはじめて気づく。

よく聞く言葉だけど、やっぱり失うまで分からないから、結局大切にしてるつもり。
そしてこれもよく聞く話。
こうしてこれを書いてる自分も
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.5

これも好きあれも好き。
それが自分にとってのピクサー。
そして、これも好き。

最初突っぱねる仲間外れな感じ。正直最後はそう言いたいんだろうなって、読めるような王道な展開。
でも、持っていき方が完璧。
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.8

好きなSFトップ3に入る

見ている感覚としては“MOON”に近いような、新感覚な怖さがある。

実際にあったら恐ろしいけど、今となっては有り得なくもないような…
意識しだすと、エヴァみたいなのがそこ
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

5.0

最近ジョンウィリアムズのサントラベストを見つけた。「John Williams / A Life in Music」(←サントラ好きにはオススメ)
シャッフルして聞いてたら、この映画のテーマ曲が流れた
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

渋カッコいい。
もう定番のジョンカーニー色!
ずっと音楽鳴ってるの好き。

デイブとの関係は正直共感しづらかった部分があるから(電話からのライブで姿見せるのはかなり悪い女よねwデイブもデイブだし)、幾
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.5

不穏

これは予想外だった~。
ホラーが苦手だと避けてる人、大丈夫観れる!というより、この説明しがたい微妙な、不気味な感覚は不思議。
こうしてレビュー書いてても“不”という漢字がとっても似合う。

鹿
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.8

期待は超えなかったけど、期待通り。

正直な感想は、七つの大罪使ったもん勝ち。もちろん展開の斬新さはあったけど、それ以外が結構普通だったから。
だから3人でgo!した時点で、二通り位にラストが絞れちゃ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

5.0

面白いにも程があるってもんだ笑
全く隙がない。世界観完璧。

トーテムとしてのコマがどうであるかを、ぶつ切りに説明するのズルいわ~。
1回オープニングを意識したと思ったら、「え、じゃあ…どうだっけ?」
>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

4.5

“Miss”にいろんなニュアンスがこめられてる気がした。

ホークと出会ってデイジーが“変わっていく”
「あれ?番号間違えたかな」

キング牧師の演説の後、“認知症”。
あの車?“15年も前に処分しま
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

ひょんなことから観賞。
避けがちなタイプの作品だったから、劇場観賞してなかった。
つまり、なめてた。
そしたらこれが思ってた以上に面白い!

ストーリーの起伏がかなり王道だけど、ただ卓球でペア組んで、
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.8

これ普通だったら、オープニング無しで生放送から始めて真実をひた隠しにする方が、だんだん紐解いてく感じがして面白いって考えると思う。
でも、あえて初めからこっちを視聴者にさせたのが巧いな~って。
“番組
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

面白い!
でも、期待を膨らませ過ぎた…

というのも、これがどういう作品かなんとなく知ってたから、最初からよっしゃー!ってフルパワーでセリフを拾いすぎてしまった…。
そんなことしなかったら絶対気持ちい
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.3

絵本を読み聞かされてるような気分だった。
と、思ってたらあのラストだもんだから、勝手に「完璧だ…」と。

激動のアメリカを描くキャンバスの上を、お構いなしにフォレスト色のペンキをダーーッとまっすぐに線
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.6

最初の二人がなかなか出てこないもんだから、深く考えすぎて混乱気味で観てた。
あの二人の成した行為は何かの象徴で、ストーリーとは別物?とか。
でも、あっさりしっかり繋がって…

終わってみて考えると、時
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.4

エンドロールに入った僕
「ほぇ~なるほどね~。結構好きだったな。……ふぁえ!?……え?どゆこと?…」
たぶん模範解答のような反応をしてしまった。

はっきり言うとこれといって特筆するようなことはないん
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.5

ロン・ハワード監督グッジョブ!!
ちょっと長かったけどw
でも、十分最高だった!

そうだったのか!の詰め合わせ。
しかも流行りの結構盛り込んでる系なのに、きれいにまとまってた。さすが巨匠。

なんで
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

-

完全版すぐ見た。レビューになってないレビューは劇場版に記入(TSUTAYA近くてよかった☺住む条件はTSUTAYAの近くだな笑)
無論好きだった。
自分にとって完璧以上の何かを感じている今作。
正直劇
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

5.0

すげえカッコいい作品。
ふたりのきっかけがすごく好き。
心の変化、関係の変化の絶妙さが完璧。
正直最後分かるんだけど、もっていき方が完璧。
あそこでキスをさせないのも完璧。

そしてなにより一度もcl
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

5.0

マイベスト1
5個じゃ星が足りないよ。傑作。
なんとパワフルな作品か。
映画の力。人の力。愛の力。
二人が愛らしすぎて好きすぎて…
笑みも涙もこぼれてこぼれて…
この映画がたまらなく好きで語りきれない
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

ついに観た。
そしてある意味もう二度と観たくない。
この一度目の衝撃と感動を大切にしたい。
何も知らなかった自分は“貫通した瞬間”息が止まった。

アンディが何を考えてるのか読めなかったことが、自分に
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

太陽だけの話ではなく、それを囲む太陽系の話だった。

“見方を変える”ことの優しさ。
子供たちのピュアな優しさは、自然と壁を打ち破る。

普通の人だって優しくしてばかりではいられない。ほんとは自分のこ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

これはすごい…
一瞬の二時間だった。観賞後ここまで深い余韻に浸ったのは久々のこと。
前情報をできるだけ入れずに行った。安藤サクラの圧巻の涙に突然出会ったとき、思わず目をそらしたくなった。

「なんて呼
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ独特。
独特な間とテンポ。独特な世界観。独特な設定。
これはもう身を任せるしかないと思い、終始ポケーっと見てしまったw
でも、ストーリーも含めて全部クオリティが高くて引き込まれた。
あんま
>>続きを読む

>|