次男

美女と野獣の次男のレビュー・感想・評価

美女と野獣(2017年製作の映画)
4.1
お伽話と映像と音楽にすっかり魅了されて終始めそめそとして、まあこの涙は深い意味のないやつなんだろな!と思ってた。けど、家に帰ってきてもまだなんだかぼんやりしてて、あんま思ったことないこと、「ディズニーランド行きてえ…」って思ってる。
(ディズニー作品でいつもなんだけど、冒頭のディズニーのムービングでもはやちょっとこみあげるんだよなあ)

◆◆

ベルが家から出てくる「朝の風景」の時点で、夢の世界の匂いにやられたなあ。図書館のシーンも野獣とダンスするところも、夢の世界な多幸感がすごい。最後のパーティなんて、ティーンのように泣いてたぜけけけ。

悪役が悪すぎて救いようがねえのやだなあとか、野獣の顔面がけっこう人間で漫画みたいだなあとか、常に動いてるカメラワークは落ち着きがないなあ・円形ワークばっかりだなあとか、クレーマーみたいにあれこれ思わないでもないけど、そんなの吹き飛ばす夢心地。

(あんまり強めに売ってはなかったけど、男×男とか、白色×有色とかのカップリングが多かったのも、メッセージなのかしら?)

◆◆

テーマソング、歌詞わからんのに、適当に英語っぽい雰囲気でずっと口ずさんでるわ。最後だけ言える。