Kota

キル・ビル Vol.1のKotaのレビュー・感想・評価

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)
3.4
“復讐は冷まして食べるのが一番美味しい。”

タランティーノのマスターベーションムービー。最近スピルバーグ然りウェスアンダーソン然り日本好きを映画で表現してくれる監督が増えてるけど、彼に至ってはもうオタクすぎてオマージュが日本人でも分からん。やりたいことやり過ぎ。笑

彼の頭の中の“日本“というイメージが具現化されてるから、勿論現実と解離はあるけど、東京が舞台でもタランティーノが撮るだけでこんなにカッコよくなるんだね。特に飛行機と車の移動のシーンが「グリーンホーネット」をバックに最高にイカしてた。やっぱりセンスの塊なんだよなぁ。章立て、モノクロからのカラーシーン、真上からのショットも絶妙にタランティーノっぽい。

個人的に前半の病院で眼帯のエル・ドライバーが来た時の画面分割と音楽が一番良かったかな。ユアサーマンとルーシーリューが日本語で会話し始めた時はもうほんとなに言っとるか分からんくて笑った。栗山千明の悪役感と鉄球が好き。

Vol.2のレビューに続く…