キル・ビル Vol.1の作品情報・感想・評価

キル・ビル Vol.12003年製作の映画)

Kill Bill: Vol. 1

上映日:2003年10月25日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.4

「キル・ビル Vol.1」に投稿された感想・評価

白靴下

白靴下の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

旅館でのスーツ軍団との戦闘は白黒にしたり影だけにしたりと様々な撮られ方をしていてかっこよかったが、正直他はそこまで
楽しめなかった。海外のイメージする中国と混ざってない?感満載の日本ではなく、
しっかりと和の庭園があったり、東京の街中を忠実に再現されていたりとビジュアルはよかったがストーリーがさほどだった。
時々入れてくる拙い日本語はちょっと
面白かった笑 「ウソツケェ!!」
「ハットリハンゾウッテ…ホントダッタンダッ」など。
いいだ

いいだの感想・評価

4.2
ホントニ ハットリハンゾウノ 刀ダッタンダ…が大好き
突っ込みどころが多いのを放っておけるくらい引き込まれてしまう
日本人だけどヤクザのみなさんが何て喋ってるのか毎回ほとんど聞き取れない
使われてる音楽のジャンルがばらばらなのに作品通してみると全部合ってて、タランティーノのセンスの良さを感じる
子供っぽいイタズラっ子が作った映画です。
日本をリスペクトしてるのかどうかは知りませんが、なんか嬉しくなる描き方でした。
子供が作った映画家なので、もう残虐なシーンが続いて血塗れでもしかしたら気分悪くなるかもしれません。
とりあえずサントラがおすすめです。
けど、これ令和の今には残ってなかった映画ですね。みーーんな忘れてる。
日本のアニメや時代劇を、面白おかしくオマージュした映画。日本人にとって馴染みのあるの''お約束''に従って繰り広げる戦闘シーンは、観ていて最高に楽しい。大袈裟に吹き出す血しぶきは、もはやウケ狙いとしか思えない(笑)一方でタランティーノのこだわりが強すぎて、日本人なのに元ネタ拾えてないパロディも結構あった。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

4.5
作品の中にアニメーションを落とし込んだり、2画面を取り入れたり、モノクロだったり
それがうまくいっていることが凄い

もちろんアクションも少しヘンテコだけどカッコいいし、血の吹き出し方も最高

カメラワークでは効果音のズームがいい

とにかく面白かった
ゆーー

ゆーーの感想・評価

3.3
今まで見たこともない発想で一歩間違えれば下らないだの勘違い映画になりかねないとこをタランティーノの才能で旨いとも思える作品になった。
タランティーノが好きないろんな映画のオマージュがあって面白かった。
中学生のころに字幕なしで見て以来の鑑賞
当時と違って字幕ありだと話の流れがわかって面白いな、ってこともない!
この映画の面白さはバカバカしいほどアクションとオマージュ
正直手下相手の殺陣はもう少し短くてよかったけど、演出的にはよかった。
YYamada

YYamadaの感想・評価

3.7
『鬼警部アイアンサイド』の挿入曲!!
「映画」って、こんなに直感的に制作していいのだと気付かされる。
グロ描写が苦手ではない方には、タランティーノ作品で最も大衆迎合した娯楽作品だと思う。
居酒屋「権八」風の日本セットも非常に良い。
Kさち

Kさちの感想・評価

4.0
始まって数分で世界観に引き込まれた!監督がやりたい放題やってる感じが面白いし、日本にフォーカスを当ててるのがなんか嬉しい。アメリカでもヒットしたらしくて映画を新しい切り口から開拓してると思った。
>|