まめまめまめちゃん

シング・ストリート 未来へのうたのまめまめまめちゃんのレビュー・感想・評価

4.5
Cureやらbauhauseやらsmithやら4AD系やらを好んで聴いていた中学生時代がもろこの作品の中に詰まっていて感動‼︎
残念ながら同じようなのを聴く友達いないしレンタル屋にないジャンルだから貸し借りもできず、ひとりでコツコツお金を貯めて、塾に行く前に繁華街を探し歩いていたのを思い出します。
いまは簡単にもっと安く手に入るのだろうなあ。イイなあ。

コナーのように、大人びた美人の女子に声をかけたくてバンド始める感じは、私と同郷の村上龍さんの自叙伝的小説「69」の中にあった一文「動機が不純でなくては行動できない」かなんかを思い出させます。彼も高校のマドンナ的女子を振り向かせたくて歴史的暴挙に出ますが、そこまで反社会的行動でなくとも、中学生高校生時代のイタイ感じが痛いほど画面から伝わってくるやら、痛いほど共感するやら、なつかしいやら、涙が出そう。前の日の晩に聴いたアーティストのメイクをして登校するコナーが、ロバート・スミス顔になって出てきたときは叫び出しそうでした!

「はじまりのうた」は私はなんだかピンとこなかったのだけど、本作も映画としてはやはりムム…でもとにかく思い入れあり過ぎて、音楽がサイコー過ぎて!
歌唱力や曲の完成度が映画の時間経過とともに力をつけていく感じもよいし、彼女との仲の進展具合、心の成長がうまくリンクしていて、最初はへなちょこな男子だったコナーは素敵でしたよ!きっと彼と彼女はこれから苦労するのでしょうけど、ぜひ応援したいと心から思いました。私もこんな学生時代を送りたかったなー。