シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

gacchan

gacchanの感想・評価

3.9

青臭くて純粋に音楽が好きな少年たちの姿に心が暖かくなる。
音楽は正解のないものなのに、自分達の音楽に自信を持ってて、それを全校生徒の前で披露するまでやっちゃうなんて。
彼らのその勢いに勇気をもらった。

ラストシーンの「希望に満ち溢れた未来へ」みたいな雰囲気は何だろう。笑
この演出さえもこの少年たちの青臭さを表現しているようだ。
miico

miicoの感想・評価

4.0
お兄ちゃんがいてこそだけど、バンドとともにコナーも成長していく姿がよかった!
c5

c5の感想・評価

4.5
2回目。

ちょうど見返したいと思っていたタイミングで上映を知り鑑賞(ありがとうアップリンク)。
最初見たときよりも何倍も感動した。それはもちろん映画館で見たことが影響していると思うけど、やはりサントラを聴きまくってたことが一番ではないかと。
ああ、この曲こんな意味の歌詞だったんだ、って。15歳の、コナーの、イタいかもしれないけど、素直な、未来へ向けた歌詞がとことん前に向かわせてくれる。

兄貴はとにかく最高。
元気でやれよ。
akane

akaneの感想・評価

4.2
すっごくよかった。


なんだかわからないけどワクワクする。
chi

chiの感想・評価

5.0
最高… てかボラプでもシングストリートでもディスられるのに使うThe Village Peopleってどんだけひどいの…
気付いたけどいい映画はいい音楽と動物のうまい使い方にカギがあると思う
ぴか

ぴかの感想・評価

4.1
音楽良かった 服もおしゃれ ヒロインの女の子のこえが可愛い。魅力的
ヒナコ

ヒナコの感想・評価

2.5
みんないまいちキマらねえな いい人しかいないからだね
嫌いじゃないけど ハマらなかった
blue

blueの感想・評価

4.5
高校生がバンドするお話。
なんだけれど、まあ音楽がかっこいい。
高校生だと思って見ちゃだめです。
彼らはもうアーティストでした。
私はファンになりました。
ぺり

ぺりの感想・評価

3.1
Onceダブリンの街角で、はじまりのうたのジョン・カーニー監督作品。
音楽映画は好きだけど、彼の作品ははまらないなあ。
まったくリアリティーはないけどファツショナブルに特化してて楽しめた。両親に関する悩みとか諸々は青春映画って感じで苦手な部類だけどいい味出てました。とにかく音楽がかっこよすぎる~。インディーロックなミュージックにダサオシャなファッション、最高っすわ。また肌の白さが私の思うアイルランドでした。ラストはもっと早く切りあげてくれてよかった。
>|