シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

素敵な音楽との出会いがあった。
内容はよくある、青春の出会いと未来への葛藤。音楽やってる時の主人公達がめちゃくちゃカッコいい。
バンド物の映画で、自己表現している登場人物は皆須らくイケている。
Kittens

Kittensの感想・評価

3.7
こういう高校生バンドものはやっぱり無性に刺さるな!

トレインスポッティングみてもそうやけどアイルランドってどんだけ空気濁ってるんやろ。笑

でもこの映画、最初の10分ぐらいが無駄に暴力的で、汚いんねんなぁ

それ以降はあんまりそんな描写ないのに

女の子と絡みにいく理由も最初??だし
ストーリーも予想の範囲内、よく言えば安心して見れた、最初以外

ただ主人公は最初すごい坊ちゃん顔やったのに
どんどん精悍になってくからすごい

あとエイモンの音楽のセンス凄すぎ
曲作りにきたってalways っていう笑顔がカッコよすぎ

ただドラム筆頭に他のメンバーが空気過ぎて。笑
もうちょキャラ出してあげて
恵

恵の感想・評価

-
音楽で人生は変わる!んじゃなくて、美女に出会えば人生は変わる!
見終わった瞬間にポツリと一言。
「あ、いい」

どこか影のある少年がバンドを組むという在り来たりな青春ストーリーのはずなのに、飽きることなく自然と最後まで見てしまった。
不思議な魅力がある映画だと思う。

この映画をこんなに魅力的なものにしている要因は、やはり音楽だろう。
劇中に流れる全ての曲が素敵で、それを聴けただけでも満足できる。

心理描写が細かいわけではなく、難しい音楽の話を熱く語るわけでもない。
主人公やヒロイン、その他の登場人物が劇的な活躍をするわけでもない。
内容的にはとても淡白なものだ。

しかし、曲が流れると世界が変わる。
ミュージカルのように何かを強く描写しているわけでもないし、特別な演出があるわけでもない。
けれど、彼らが歌えば、この映画は息をする。

そして、この映画にとってもう一つ欠かせないもの。
それは、主人公の兄だ。
兄弟とは、時に重石である。
煩わしくて、面倒で、投げ出したくもなる。
でも、それでも、たとえどんなに負の感情を持とうとも、ちゃんと愛おしい。
そんな些細な兄弟愛がひっそりと描かれているところが素晴らしいと思った。
メグ

メグの感想・評価

3.5
はじまりのうた(Begin Again)が30、40代向けの大人映画だとして、これはまさに就活を機にどんな形で社会に出たいか苦悩や不安を抱える大人になる準備段階の私たちの背中を押してくれるような作品だと思った

エンディングで流れるGo Now、作品が伝えたいメッセージが詰まってる
aya

ayaの感想・評価

5.0
歌が全部、好き

どんどん、かっこよくなってく感じが良かった
ユコ

ユコの感想・評価

-
見たことあるようなストーリーだしどのシーンもエピソードが弱いけど歌は上手
女の子の喋り方がゆったりしててすてき
全体的にはイマイチ
じーこ

じーこの感想・評価

4.8
はじまりのうたも好きで気になってた映画。青春音楽ムービー、嫌いなわけがなかった。
家庭の悩みを持ちつつ、恋愛とバンドを通じて高校生の男の子が逞しくなっていく姿が良かった!兄弟愛もたまらん。両親の言い合いが始まって、現実逃避するかのように兄弟3人で音楽かけて踊るシーンが地味に好きだったなぁ。
影響されるバンドによってビジュアル変えるところとかね、ピュアで最高!
なお

なおの感想・評価

3.5
音楽がすごく好き

ラストがあまり好きじゃないけど映画は好き!
のえる

のえるの感想・評価

4.0
家庭、学校、友情、恋…青春がいっぱい詰まっていたが、15歳にのしかかる辛い現実の数々に少し目を背けたくなった。それもこれも大不況だったその時代ゆえなんだろうな。周り構わず、前に、前に進んでいく彼らはきらきら眩しかった。音楽もどんどん引き込まれてって、最期のシーンは思わず息をのんだ。良作。
>|