シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

iamrika

iamrikaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

こんなに心躍る最高な映画があっていいのか…!?
DublinからみたLondon、sadの中のhappy. 本当に丁寧にきっちり描かれてる🎬
ピュアで、真っ直ぐで、ちょっと中2病で。役者さん一人一人の演技が、どのコマを切り取っても本当に素敵で。
飛び込むRaphinaをCornerが追いかけるシーンがたまらん!あと妄想の中のgigとそれが壊れるところ、滝涙😭
Sing Streetの作詞作曲は神なのかと。それを実演して感動を与えてくれた役者さん達に、盛大な拍手を送りたい👏⭐︎
音楽もさることながら、キャラの一人一人が立っててみんな大好きです。

若者の真っ直ぐな思いに胸を打たれました。音楽に恋愛に家族、いろんな悩みに対してポジティブに向き合う姿勢を見習いたいです。

この映画は国境を越えて青春の素晴らしさを教えてくれます。
KEI

KEIの感想・評価

4.0
音楽×青春=無敵だな!!最高でした。
ギターつま弾いて曲ができちゃうところとか、「曲、作ろうぜ」的なノリでいい曲ぽんぽんできちゃうとこところとか、クリエイティブ精神が好き。どの曲もとっても素敵。
そして、出てる人たちの笑顔がみんなキラキラしてるのも気持ちよい。最高な青春を追体験した気分。
関本

関本の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

かなりすき。
めちゃめちゃいい。
兄弟愛から友情、彼女への愛
さまざまな場面でちらつかせる愛が
すてきすぎた。
音楽もいちいちかっこよすぎてノレる。
少年の声が美しい。
そして、とにかくとにかくオシャレ。
服も。映像綺麗すぎた。はちゃめちゃにすごい色の美術や衣装を使ったりして引き立ててるわけではないのに。美しい。
いい映画をみた。
音楽がめちゃくちゃ良いし、キャラがそれぞれ良い味出してる。ストーリー自体は王道で、夢を追う少年の姿は胸を熱くさせるものがあった。あと、ヒロインが可愛かった。
何はともあれ作中の曲が凄く好き。
特にUpとDrive It Like You Stole Itの二曲は楽曲の完成度も演出も非の打ち所がない。

Upはメロディが生まれる瞬間からバンドサウンドとして輝くまでをPV的な手法を使い切り取る。
特に母親が出てくるシーンは全く同じシチュエーションが俺もあった。もはや世界共通のあるあるなのかもしれない。

Drive〜は片やPVを現実と理想の対比の構造のために使い、劇中で1番煌びやかな絵面なのに1番切ない場面として描かれる。
理想の中では完璧な演奏だったのが現実に戻る場面でのもたつき具合も上手いなぁと思った。

そんな具合に全体を通して音楽の楽しみと煌びやかさに満ち溢れた素敵な映画だった。

ただ、バンドメンバーの掘り下げが浅いところは唯一残念かな。
特にシンガーソングライターではなくバンドという形態を選んだ以上もう少しバンドとしての個性は見たかったのが正直なところ。
Y

Yの感想・評価

4.1
音楽がいい。好きなものを追いかけるって最近やってないなぁと思った
面白いんだけど(?) 歌は聞いててまあまあ楽しいし
眠くはならないんだけど
結局何の話だったの?謎すぎる(笑)私の理解能力の問題? めっちゃ評価高いのわからん…
50s感のおしゃれさは◎
Kん

Kんの感想・評価

4.0
モテたいか、家庭や学校から逃げたいか、一攫千金か、バンドを始める理由なんてそんなもんだ。

でもそんなもんだから、いろんな鮮やかな話や、心に響く歌が出来るんだよなぁ。

兄貴にもどうか幸あれ!
恋に関しても、音楽に関しても好きなもんは好き!っていう気持ちで突き進む主人公達が眩しい。学校や、家庭もっと大きく見ると社会・時代からの困難を虐げられるけど、気持ちが折れず何なら「やったろかいっ!」って更に強くなっていく様子はかなり元気をもらえた。
個人的には後半主人公のお兄ちゃんの言動にいちいち潤んでました。


友達と話しながらアコギでギターをついばんでいたらメロディーが生まれ、一人で綴っていた言葉が詩になり、それを合わせて全員で弾いたら音楽になる瞬間は、眩しいくらいかっこよかった!!!
さらに、その音楽で好きな人のもとに届けて伝わったときは万歳三唱!結果優勝!

青春映画で、音楽をとても大事にしている映画でした。
劇中のシングストリートの曲もまた最高。
>|