ぐりこ

アリー/ スター誕生のぐりこのレビュー・感想・評価

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)
3.0
2018年の映画納め。
何度か映画になっているという“A Star Is Born”、初めて観た。

才能を埋もれさせてきたアリー(レディ・ガガ)が国民的ミュージシャンのジャック(ブラッドリー・クーパー)によって発見されるところから始まり、2人の音楽的明暗と恋愛関係を交差させて描く。

ストーリーとしては、序盤でジャックがアリーをライブに招待して、仕事を辞めてやってきたアリーをステージに上げて、アリーの歌を共に歌うところでテンション的にはピークだった。
(以降はアリーの音楽的成功はあれど、基本はツラみが伴う)
そのシーンでは、さすがはガガ様という圧巻の歌唱力に感動する一方で、貫禄がありすぎて何者でもなかった素人娘がスターダムにのしあがるという感覚は持てなかった。
結局のところ、ガガ様は偉大な歌手でこそあれ、何者にも化ける女優ではなかったのかもしれない。

一方のブラッドリー・クーパーには、セルフプロデュース能力すごいな!という印象。そこには、酒で身を持ち崩す繊細なミュージシャンがいた。

全体の感想としては、アリーの上昇曲線とジャックの下降線が交差して行き着いた結末はあまりに切なくて、胸がきゅっと締め付けられた。
涙なんて出やしない。
ただ、切ない。