penumbra(原題)の作品情報・感想・評価

「penumbra(原題)」に投稿された感想・評価

あーぁ

あーぁの感想・評価

3.8
とりまホームレスには優しくせいッヽ(゚Д゚)ノ
皆既日蝕の日に高慢な女弁護士が体験する世にも奇妙な物語。From.アルゼンチン!

今やホラー映画界を席巻し始めているアルゼンチンの鬼才アドリアン・ガルシア・ボグリアーノがヨボヨボじーさん達によるほんわかゆるゆるホラー『ニトロ』の後に、満を持して放つオカルトホラー。
何故かボグリアーノ映画にしては出てくる女優が皆んな美人だったのでそこが腑に落ちない(´Д`)笑


あらすじ⤵︎
上から目線な美人弁護士のマルガは、皆既日蝕が間近に迫り、盛り上がりを見せる世間に一人しらけムード。
彼女はかなりのヒステリーっぷりで終始ふくれっ面。
ホームレスが寄ってこようもんなら即スタンガンでビリビリΣ(´Д`)
携帯の相手にも怒鳴り散らすいわゆる性格ブスでしたとさ。

そんなマルガは父の遺産であるアパートの一室を借りたいという不動産屋を待っているんだけども、待てど暮らせど来やしない。
我慢ならずにアパートに入ってみると待ち合わせ相手と思しき男を発見!

早速アパートを案内し男は部屋の様子に大満足!『是非契約したいんで借主も連れてくるYO!』
ってな感じな男を尻目に、『しめしめ。こんな汚いアパートのどこが良いんだか。アホな奴め!』位な乗りでちゃっちゃと契約済ませてトンズラしたいんだが兎にも角にもナカナカ借主達が現れない( ´⚰︎` )

そんなプンスコ状態のマルガに面白い位に災難が続き、ホームレスには付きまとわれるわ、町の人にはキチ○イだと思われるわ、転んで頭から血出るわ、鍵なくすわでホント散々ヽ(`Д´)ノやってられっか!

ところがどっこい!そんな一人災難ごっこしてる間にも不動産屋やら借主やらが一人また一人と増えていき、しかも何やらコイツら様子がなんかオカシイ(; ̄ェ ̄)

なんと彼らは不動産屋などではなく、ある恐ろしい正体があり、この後マルガは予想だにしないこっぴどい目にあうんですが、はてさて彼女は無事に皆既日蝕を見ることが出来るんでしょうか(・∀・)ニヤニヤ

というわけでやって参りました。いつもの超ド級展開てんこ盛りなボグリアーノのホラー。
しかし今回のコチラはボグリアーノ監督にしてはナカナカに地味な作品。
本当にラスト10分まではコレといった展開やグロも見せ場もない。もちろん最後はいつも通りグロありでスゴイんですがネ笑
しかもニトロの名残りかローションプレイがたまもや(ノ∀`)

今回はこのマルガさんのプンスコな性格が後半に伏線となって生かされてきますな。
勝手に自分の考えで物事をそそくさと決めてしまう身勝手な性格故に、不審者を不動産屋と間違えてしまった事で巻き込まれてしまういわば自業自得なお話(つД-`)

ラストはそんな彼女が招いた顛末を身を持って知る事になる、皆既日蝕の日に起きた世にも奇妙な物語でした。次に体験するのはアナタかもしれない(-■Д■)θ ~(タモリさん風)
まぁ体験するも何もボグリアーノ映画の大半が、日本で発売されていないのが一番の世にも奇妙な話だがナ!(悲)