エリタソ

猟奇的な彼女のエリタソのレビュー・感想・評価

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)
3.7
本作について「作品内容というか、女の子が可愛いからオススメ」とよく聞くし、当時もそんなきっかけで鑑賞したし、内容はほとんど忘れているので新鮮な気持ちで久しぶりの鑑賞。

しかし、
当時とまったく同じ印象、、
「あれっ?なんか二人とも冴えない!?笑」

派手さは無く、パッと見冴えないように感じる二人に、だんだん愛着が湧いて可愛らしく見えてくる、、はず!

“猟奇的な彼女”に関しては、サラサラヘアーをかきあげるたび、長身でスタイルのいい彼女のいろんな着せ替えをみるたび、ビンタが飛んでくるたび、気づいたら、、可愛いなぁ~美人だな~スタイルいいな~~許されるな~~~と頷いている 笑

初めて観た時には設定の、その短気っぷり、口の悪さ、手の速さ、気まぐれさが「ここまでする必要あるのかな?」と引っかかった。

でもキックアス観たあとじゃ、、全然可愛く見えるwwどちらも正義あってだから仕方ないかw、と思えたり、そこがよく感じたり。

展開のテンポ、区切り歯切れは印象変わらずやや微妙に感じたけれど、最後まで観ると「まぁいっか!」と思うし、うっかりホロリときてしまった。

不覚にも、「キョヌ~!」と呼びかける彼女のいろんな声がすっかり焼きついてて、「う~ん、また観たいなぁ」と思ってしまった!