フライ

いぬやしきのフライのレビュー・感想・評価

いぬやしき(2018年製作の映画)
3.6
大分コンパクトに纏められていたが世界観はそれなりに表現されていたのでかなり楽しめた。
正直犬屋敷壱郎役はアニメでも声優をしていた小日向文世が容姿含めてピッタリだと思ったし、獅子神皓は本郷秦多が漫画のイメージだったので本キャストは少しガッカリした。
この手の漫画の実写化は失敗が定番なだけに期待して無かったが、想像以上にCG含めて良かった。更に2時間と言う時間の枠にこれだけのクオリティーで納めたのは賞賛に値すると思う。とはいえ原作知っていたら物足りなさを感じるのは間違いなく、自分の好きなストーリーがごっそり無くなっていたので残念だった。
原作での表現ではかなりエグいシーンや絶対に映像化したら不味いと思えるものがあっただけにどうなるか少し期待したが当然といえば当然だが無理だったのでなんとも…
意味深な終わり方で続編出来そうだが、漫画でのストーリー展開を考えたりすると難しくも思えたし興行収入も良くなかった見たいなので無理なのかな…少し残念。