いぬやしきの作品情報・感想・評価

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人…

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。強大な力を手に入れた二人が、いま、それぞれの想いで動き出す———。

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

原作既読です。

全10巻の原作のストーリーを良い具合に纏めてあったと思います。CGも違和感なく観れますし、邦画の実写化作品のなかでは充分観れるレベルです。

不満としては、ターゲット層を広〜〜く設定しているためか、あまりにも分かりやすい表現が多くてグッタリしてしまいます。
登場人物は常に独り言で自分の思いを律儀に伝えてくれますし、回想シーンもいちいち丁寧に挟まれ、ガンガンBGMで盛り上げてきます。
また、獅子神のキャラクターも原作よりも分かりやすい悪役になっているので、勧善懲悪としてシンプルなストーリーになっています。

原作における獅子神の不安定さや犬屋敷家内の関係性の変化など、繊細な部分は映画化の際に敢えて切り捨てられたのだと思いますので、原作を読んでいない人の方がもっと素直に楽しめる作品ではないでしょうか。
トモ

トモの感想・評価

4.4
映画 いぬやしき

面白かったです。

時間があっという間に過ぎた。恐らく限りある時間故に背景、人物像表現し尽くせてないだろうけど、それでも十分にまとまってた。

腰浮く程の迫力、スピード。

うるっとするシーンもありました

木梨憲武さんも人間味滲み出てて良かったです

犬屋敷家、濱田マリさん、三吉彩花さんも最高でしたよ

伊勢谷さんも少ししか出てないけどカッコ良い、作品が引き締まる。

そして佐藤健君、今日半分青い観てから出掛けたから、笑。

佐藤健君のダーク感凄く良かった。改めて凄い役者だ

本郷奏多君の役は結構重要で、時間が無い中でも、ここを沢山描くともっと面白かったと思います

概ね満足な作品。

いざという時はスマホの電源を切ってその場で捨てましょう、笑

このレビューはネタバレを含みます

わし佐藤監督推す…!

いや期待してなかったのよぶっちゃけた話
だけど見てみたらすごいのホント
原作の方のエピソードをちょこちょこ上手いこと掻い摘みつつ
ノリさんの哀愁と健さんのサイコっぷり演技を魅力的に描きつつ
CGとアクションもこう…邦画にありがちな感じじゃなく海外でもごっつり通用する技術で撮ってて興奮した。
原作よりエピソードを削ってる分
シンプルにはなってるけど
犬屋敷さんが報われるようなラストだったのが幸せ。
いやほんと、ノリさんいい演技だった
Hana

Hanaの感想・評価

3.2
レディプレイヤー1鑑賞後だったからか
悪くはないけど…。
えれな

えれなの感想・評価

3.1
犬の表情がよかった。
二階堂ふみの演じたキャラはきもちわるめなかんじで合ってたのかな?クラスでの立ち位置がわからんかったからどう受けとめていいかわからず厳しかった。
映像トリップ感は思ったよりなかった。

キラって魅力的だったなぁと思い出した。
高校生の心若い、、、
YKH

YKHの感想・評価

3.7
バンッバンッバンッバンッ!ビューンッ!ドッカーン!ガッシャーン!はな子もふもふっ!
超人的能力を得た初老のサラリーマンと高校生が、それぞれの目的で強大な力を行使するさまを描く。原作未読。アニメ未見。

家族を養うためにドライな社会で日々を過ごすが、会社や家族からも疎まれて社会にも家庭にも居場所を感じない、うだつが上がらない主人公の犬屋敷壱郎(木梨憲武)。社会の空虚感と犬屋敷の虚無感が重なり合い哀愁が漂う。

ひょんな事故に巻き込まれ、近くにいた高校生の獅子神皓(佐藤健)と一緒に、各々が人智を超えた超人的能力を手に入れてるのだが、その後の善と悪の行動原理の対比が興味深い。年齢からかくる能力習得の速さの違いが面白い。

犬屋敷は、人助けをして感謝されることに今までにない存在意義を見出し、能力を多くの他人のために使おうと考える。対して、獅子神は限られた身近な母親や友人には能力を有効に使うが、平然と一家殺戮をする極端な二面性を描くのだが、キャラの構築は犬屋敷は充分なことに対して獅子神が弱いので、それと脚本不足と相まって作品のバランスを揺るがす結果に。

表面以外はもう人間ではなく、人間としてのアイデンティティが葛藤したり崩壊することは理解できる。しかし脚本不足で、超人的能力を手に入れた理由、獅子神が公園にいた理由と一家殺害した理由が希薄で、後に解るシークエンスかと思いきや謎のまま。能力と公園の件は良いとしても、唐突過ぎる一家殺害のシーンの前触れや動機が全く無くて疑問に。単純にサイコパスと考えればよいのだろうか。

それ以降はドラマパートで盛り返す健闘するのだが、CGやアクションで停滞することが繰り返される。
CGは邦画としては健闘しているが疾走感や爽快感は感じない。CGを使った見せ方が下手で、予算の都合で接近したシーンが多いのだが、俯瞰したシーンも取り入れるべきでは。

ドラマパートを丹念に積み重ねることで作品が沈まないことは、佐藤健の演技力も大きい。特にネット経由でスマホやパソコンなどの電子機器を介した遠隔的な無差別殺人は斬新で、ビルの大型ディスプレイから人差し指から発する不可視的攻撃は、ともすればチープに見える難しいシーンなのだが、演技と演出で難なく乗り越えたことは素晴らしいく、作品を引き締めることに。

自己中心的・同調圧力・傍観者効果のメッセージもあり、ネットやTVでの集団いじめ・吊るし上げの批判もあるが、ネットシーンでの投稿者の一昔前のステレオタイプで悪意も感じる。また、TVの批判描写が少ないと思っていたら、製作にフジテレビが関わっていて納得。

ラストの「アンブレイカ」のような、何とも言えないカタルシスは好みだが、その後の「ヒットしたら次回作を作りますよ」は蛇足。次回作を上映することになれば見るが、ドラマパートが今作よりも希薄になりそうなので、特に望まない。

所々に惜しい所はあり、二階堂ふみの全く面白みがない演出は人気女優の無駄遣いに。しかし、ネットを映画に絡める難しさを克服したことは素晴らしく、飽きもこなくて思っていた以上には楽しめた。
悪くなかったけど、直後にレディプレイヤーワンみたから面白くなかったみたいに感じられてしまったよ。
momen

momenの感想・評価

4.6
原作と異なる終わり方だったが、
全体通して上手くまとまっていた。

犬屋敷家族の描写が多く描かれていて
心に来るものがあったが、
最後の朝食シーンでは本当に和んだ。。

また、獅子神と直行の最後のやりとりは、
直行が救われた感じと獅子神の淋しさが
上手く表現出来ていて大変良かった。

CGもここまで来ているのかと驚愕。
今後の映画がまた楽しみになりました。
ウメダ

ウメダの感想・評価

4.0
単純に面白かった。

全10巻ある作品を上手く省略、プラスまとめて2時間弱で作り上げたのは、凄いと思います。

ただ自分がこの漫画を好きな理由は、ラストの隕石シーンです。このラストの話が無いとなぜ機械人間になったのがわからないし、落しどころがなくなってしまうのが残念です。プラス20分増えても構わないから、ラストシーンは入れて欲しかった。
>|