いぬやしきの作品情報・感想・評価

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人…

定年を間近に控える冴えないサラリーマン・犬屋敷(木梨憲武)は会社や家庭から疎外された日々を送っていたが、ある日突然、医者から末期ガンによる余命宣告を受け、深い虚無感に襲われる。その晩、突如墜落事故に巻き込まれ機械の体に生まれ変わった彼は、人間を遥かに超越する力を手に入れることに。一方、同じ事故に遭遇した高校生・獅子神(佐藤健)は、手に入れた力を己の思うがままに行使し始めていた。自分の意志に背く人々をただただ傷付けていく獅子神と、獅子神によって傷付けられた人々を救い続ける犬屋敷。強大な力を手に入れた二人が、いま、それぞれの想いで動き出す———。

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

みやた

みやたの感想・評価

2.9
設定が腑に落ちない
かっこいいといえば
佐藤健の上裸とマンウィズの主題歌
松嶋秀

松嶋秀の感想・評価

3.1
見応えはかなりある。実写化としてはクオリティ高い方だと思う。
原作が好きなのだが、よくまとまっていて満足。
終わったかと思ったら、中々終わらなかったり、見応えはあるが、もういいかな感は多少あった。
敵との決着のつけ方は綺麗で良かった。
りお

りおの感想・評価

2.5
予告編からだいたいの流れは読めるので、取り立てて注目はしてなかったんですが、たまたま別の作品を観に行こうと思い購入したチケットがこの作品でした。
この私が間違えてチケットを買うなんて!
まあ、VFXが凄そうだし、それ目当てで観に行ってもいいか、と思い鑑賞。
想像通りの王道ストーリーでしたが、キャストとVFXでそこそこ楽しめたのでよし。
ノリさんの演技って初めて観るかもしれない。
家族からも会社からも爪弾きにされる可哀想なサラリーマン親父を味わい深く演じておられました。
あんなに世間から冷たくされて、それでもなおそんな世間の人達を救おうという気持ちによくなれるもんだ。
対する佐藤健君演じる高校生の置かれた環境には同情するけど、同情の余地を超える暴走っぷりはいただけない。
母親や本郷奏多君演じる同級生に対する優しさを持ち合わせているだけに、倒さなければいけない敵でありながらとても悲しい気持ちになった。
ラストは主演の二人の闘いがとにかく長丁場すぎて若干ウンザリ。
もう少しコンパクトにまとめてもよかったんじゃ?
ノリさんになついた例の犬が最後まで見せ場がなかったのがちょっと残念でした。
アイツも機械化して活躍するのかとてっきり。
Yoshiya

Yoshiyaの感想・評価

3.0
最後の家族のシーンによって、この映画は頑張るお父さんの話に矮小化した。
やっぱり原作よりはスケールダウンするのは仕方ないよね。キャストもバッチリで面白かったです。

このレビューはネタバレを含みます

何故佐藤健があの場にいたのか。何故あの力を手にした瞬間、悪者になったのか。そこが読めない。
本郷くんがかっこよかった。

最後漫画の話するところは良かった。
yukico

yukicoの感想・評価

5.0
チョー好き!味噌汁噴射する面白さも、娘を救うときの感動も全て最高!
ららら

らららの感想・評価

3.5
予備知識なさすぎたかもしれないけど、
え、名前だったんだ、っていう衝撃からスタート。笑

邦画らしからぬ展開、アクション。
機械の体からは、どことなくGANTZ(映画)感が漂う。。
佐藤健のアクションはさすがとしか言いようがない…けど、なんとなく悪役が似合わない。亜人をもっかい見たくなった。。

そして二階堂ふみが良い。
どんな役でも存在感抜群すぎて。
あ

あの感想・評価

-
つまらなさそうに窓の外を眺める佐藤健(男子高校生)
上半身裸の佐藤健(男子高校生)
マザコンの佐藤健(男子高校生)
フェイスライン佐藤健(男子高校生)
ひきこもりの本郷奏多(男子高校生)
>|