いぬやしきの作品情報・感想・評価

いぬやしき2018年製作の映画)

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:126分

3.5

あらすじ

「いぬやしき」に投稿された感想・評価

この二人クール!

突然スーパーパワーを手に入れた二人。
そのパワーを殺戮に使った高校生 獅子神(佐藤健)と救う方に使ったダメ親父 犬屋敷(木梨憲武)。

家族も守れない男が、世界を救えるか!?



答えは…救えます

解説はこの映画を観て下さい。
予想以上に面白かった(*^_^*)頑張るおじさん良かった~!!
yun

yunの感想・評価

3.7
意外と良かったんですよ。
内容もCGもキャスティングも。
漫画アニメの実写化とかことごとく外してるけど、これは違う。

木梨さんが良い、本当に良いw

誰に感情移入できるわけでもないけど、GANTZ好きはもちろん奥先生のファンならこの映画 観て損はないはず。
邦画だもの多少のCGの粗さはご愛嬌。
ひょん

ひょんの感想・評価

4.2
木梨憲武演じる主人公の家族からの処遇が辛すぎて泣いた
ああいう家族の形見ると心が痛くなる
アクションシーンめちゃくちゃかっこいい
実写だからあまり期待してなかったけど、面白かった✨
佐藤健みたいに鍛えたらなぁ
yuk13

yuk13の感想・評価

3.6
まぁまぁ楽しく見れたけど、後半ちょっとペラペラに感じた。アクションシーンはよかった。「いやもう佐藤健高校生無理やろ」と思ってみてたけど顔面かっこよすぎてそのへんうやむやになった。
原作は未読。

そこそこの話題作でしたが、邦画のSFにはあまり期待していなかったのでハードル低めで鑑賞。
ストーリー展開はちょっと無理があるよ感がありましたが、特撮部分が思っていたよりかなり良く出来ていてビックリしましたね。
特に新宿での空中戦はなかなかのど迫力映像に仕上がっておりました。

ただ、佐藤健や二階堂ふみの年齢設定にさすがに無理があったのがちょっと残念でした(笑)

このレビューはネタバレを含みます

警察庁は獅子神を死亡を確認したと発表し、事件は収束した。犬屋敷の家庭にも日常が戻る。
安藤が部屋に帰ってくるとそこに獅子神の姿が。怖くないのか、と訊く獅子神に、安藤は怖いけど嬉しいよ、と答える。安藤が新しいゲームを起動しようとしている間に獅子神の姿は消えていた。
獅子神の心の葛藤が全然描かれなく、単なる映像を楽しむ娯楽映画になってしまった…。
そして、都合のいい時だけ父に優しくなる娘。
こういう一時の家族愛ちっくなのは苦手…。
TonyTony

TonyTonyの感想・評価

4.3
二階堂ふみさんが出てるので観ることに📀
同じ男なのに佐藤健さんがカッコ良いを通り越して美しくも見えた😅
剣心も良かったけど悪役も良い👏
しかも意外に⁉️憲武さんの演技力がリアルで音楽もセンス良いですね〜
見応えある🎥です
>|