kyoko

DESTINY 鎌倉ものがたりのkyokoのレビュー・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)
3.4
あけましておめでとうございます🎍
今年もいい映画たくさん観たい!
どうぞよろしくお願いいたします✨

2018年一発めは息子リクエストでこれ。同じような親子連れで結構な混雑ぶり。
あまり興味がない上に年越しの寝不足で時々寝オチ…少々不本意なスタートになった。

クラシックな車や黒電話とか、てっきり昭和の古い時代設定かと思いきや、どうやら現代らしい。原作で世界観を掴んでる人には当たり前なのかもしれないけど、私はちょっと混乱した。

VFXが駆使された黄泉の世界は、メインどころなのにあっさり終わった感じでちょっともったいない。
ジブリの実写版というには、ストーリーもキャラクターも、掘り下げ方が中途半端だったが、安藤サクラの死神は好き。高畑充希はそもそもごめんなさい苦手…

夫婦で嬉しそうに黄泉いきの電車に乗り込んだり、黄泉の国で、先に行ってた家族が待ってるっていいなあ。
魔物との境界線が曖昧な鎌倉は死んだ者との距離も近くて、なんだか羨ましくなった。

宇多田ヒカルの主題歌が最高。