DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

妖怪?ファンタジー。
話よりも、わくわく感がすごく良かた。
ピュア嫁、ピュア度もう少し少ないと良かったな〜。だが、かわいい。

宇多田ヒカルもってきまくり。
yu

yuの感想・評価

3.6
とても好きな世界観。
鎌倉と物語の世界がすごくあっていました◎
演技も大袈裟だなぁと思いながらも、くすっとできて面白かった。

亡くなった人たちが色々な形で生活をしていて、現実でもこうだったらいいなぁ、こうなのかなぁなんて思ったり。
ni3

ni3の感想・評価

3.3
サイドストーリーが尻すぼみになったのが残念。前半のままの雰囲気でもよかった気がした
Daenerys

Daenerysの感想・評価

2.9
設定や世界観は好き、ただコメディタッチの日本映画に特有の、大げさな演技がやはり苦手だった。10代の頃に見られたら素直に感動できたかもしれない。
ひろ

ひろの感想・評価

3.2
妖怪がけっこーかわいい。前世から今世に、今世から来世に、引き継がれていく物ってあるのかな?
SakiKondo

SakiKondoの感想・評価

3.9
この不思議な世界観好き。ほっこり映画。丁寧に話が進んでいくから置いてけぼりにならない、気持ちがスッと入っていける。
おはつ

おはつの感想・評価

3.5
現実と非現実の曖昧さが上手。主役2人のキャラクターが立っていてとても愛らしい。
BGMとストーリーとCGが素晴らしくて元旦の映画館で感涙した作品。
DVDレンタル開始したので早速2回目の視聴をするほど。全ての細かいところまで丁寧な作りで感動しました。暫定で今年一素晴らしい作品。
よ

よの感想・評価

3.2
高畑充希のラブラブな感じがかわいかったし、堺雅人のクールだけとたまに発する言葉に胸キュン。
映像がすごかった。
今回レンタルしたDVDは、ハズレ無しでしたねぇ〰️

堺雅人 、大好きな俳優さんです。
>|