DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

自然と涙がでた映画。
いつ、どこで、何者に生まれようと引き寄せられる、運命的な2人の物語。
期待しないで見たら、案外良かった。ほっこり。もっと二人の日常が見たかった。
きのこ

きのこの感想・評価

3.0
奥さんが古い置物が好きだったり、所々で同じモチーフの物が出てくることにも、繋がりがあったんだ!と、納得しました。
私だったらこうするのにな〜と考えながら観ることが出来て、面白かったです。
鎌倉にはいつか行ってみたいなって。原作は未読だけど、妖怪物は好きだし読んでみたいなー。ジブリ感は映画だからなのかな。オールウェイズ感は監督だからだな。
ゆきさ

ゆきさの感想・評価

3.6
ゴリゴリのVFXファンタジー、そこそこ面白いけどそこまで。山崎貴はもういうのしか撮れんのかね。
りんご

りんごの感想・評価

3.8
物語は大きい丸!⭕️ 序盤はただのコント映画かと思いましたが、中盤以降はファンタジー制満載で面白かったです。"死"の延長が認められたり、妖怪が出てきたり、あの世の世界が煌めいていたりと、非現実的な感じが尚良かったです。特にこの映画の広告にもなってる電車の中のシーンは、どこか懐かしい雰囲気がして、風情があり良かったです🚃(ちょっと千と千尋ちっくだなぁと思ったのは私だけ、、?)

本当に申し訳ないのですが、私は高畑充希の演技があまり好きじゃないのです。ですが、あの役は彼女しかできなかっただろうしなあと考えたりもしました。
あと、あの世の案内人の適当そうな女性もイマイチ、、、。(マジすか、とか言葉遣いがなぁ、、。)

映画館で観たらもっと迫力あっただろうなあと思いました!
kirito

kiritoの感想・評価

3.1
【茶碗🍚】

正味普通という印象。

ある意味精巧に作られた予告編のせいでそれ以上を得られなかった、邦画界の典型的な残念パターンでもある。

鎌倉は不思議なとこで、妖怪その他と人間は一緒に暮らしている。
という設定のもと作家の主人公とその奥さんが事件に巻き込まれて行く恋愛活劇。

安藤サクラ演じる死神がやはり群を抜いて目を惹く。

そもそもこの映画に除霊して捜査を行う警察官たちの存在がどれだけ効果的だったかは不明だが、一応現時点では記憶には残っている。

あの世とこの世をつなぐ場所はどこにあるのか。
リメンバミーでもそうだったが、どこかにありそうなのに死んでからじゃないと体験できないのが悲しいところだ😭

2018.9.19
映画館で見て正解!

世界観が好きだなー

宇多田ヒカルの歌もよかった。
期待しすぎた感はあるけど、とにかく映像が綺麗だった。魔物の雑魚感が面白かった!
Shgmts

Shgmtsの感想・評価

3.1
引き裂かれるところ泣いた〜😢
夫婦の間に流れる雰囲気にほっこり。
最後の方にかなり壮大なファンタジーになるのは意外でした🙄
>|