DESTINY 鎌倉ものがたりの作品情報・感想・評価

DESTINY 鎌倉ものがたり2017年製作の映画)

上映日:2017年12月09日

製作国:

上映時間:129分

3.7

あらすじ

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが…

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに、年若い亜紀子(高畑充希)が嫁いでくる。 しかし、この鎌倉という土地、何やらおかしい。そこここに人ならざる者がいるようなのだ。 道を歩く正和と亜紀子の前を貉(ムジナ)か河童か通り過ぎて心底驚く亜紀子に、正和は、「鎌倉は何千年も昔から妖気が溜りに溜まって、いろいろな怪奇現象が起こるけれどもここでは普通のこと、すぐに慣れる」と言ってのけるのだが・・・。一色先生は犯罪研究の腕を買われ、迷宮入りしそうな事件の折には鎌倉警察に協力している。何しろ魔物や幽霊も事件に関係するのだから、鎌倉の事件解決は一筋縄ではいかない。心霊捜査にも精通する一色先生は名探偵でもあった。 ある日、大金持ちの殺人事件の捜査を依頼される一色先生。どうやら人間の仕業ではないようで・・・。 古都鎌倉―ここは、人間だけでなく幽霊、物の怪、魔物に妖怪、神様、仏様、死神、貧乏神も住んでいる。魔界や黄泉の国のはざまで、生者と死者の様々な思いが交錯する都。鎌倉ビギナー・亜紀子の嫁入りで静かだった正和の生活が大きく変わってくのだった。

「DESTINY 鎌倉ものがたり」に投稿された感想・評価

westtribe

westtribeの感想・評価

3.7
思ったより悪くなかった、というのが正直な感想。
「よくできた映画」とは言いづらいけど、雑なようでしっかり伏線は張ってあって、あらゆる年代が楽しめるように配慮し、「年末年始に家族で観られる」映画になっていたように感じた。

これシリーズ化するのかな?さすがに黄泉の国ネタはもう使えないと思うが。
どこを切り取っても
微笑ましい夫婦だなぁ。って

くどいほど思わされた映画でした。笑

高畑充希かわいすぎ
elena

elenaの感想・評価

3.9
2人の運命の物語。
そのことが最後にわかるのもいいし、なんと言っても黄泉の国の世界観。今回の映画でどこが良かったかって、その映像美が一番よかった。笑
探検したくなる。

高畑充希の役にはイラッとする場面もあったけど、高畑充希以外があの役やってたらもっとイラッとしてたと思う。笑

全体として世界観がにじゅうまる。
天燈鬼には笑うしかない。
おこげ

おこげの感想・評価

4.5
ファンタジーは得意ではないのに、CMで気になって年明け早々に鑑賞。
堺雅人さんと高畑充希さんの仲良しでキラキラした夫婦がとても可愛い。宇多田ヒカルさんの『あなた』も素敵。
時空を超えても、生まれ変わっても夫婦になり続ける二人の愛に羨ましさを感じました。
らっこ

らっこの感想・評価

4.5
面白かった!
音楽と映像にちょっとジブリ感を感じるかも
あとご飯が美味しそうだった
シオン

シオンの感想・評価

4.5
鎌倉で新婚の夫婦に訪れる奇妙なお話。
人間には普通見えない妖怪と見えてしまう夫婦の出会いが新鮮で、僕らが想像しかできないような世界をグラフィックなどで丁寧に作り込まれています。
堺雅人をはじめ、役者全員の演技力の高さにも注目したい作品。
ちよ

ちよの感想・評価

3.2
充希ちゃん演じる若奥様のキャラがどうしても受け入れられなかったけど、ストーリーは面白い
ただ、あの世の世界をもうちょい映して欲しかったなー
予想していた以上に魔物があまりにもリアルで、若干の気持ち悪さを感じました。が、同時に映像技術の進歩も感じて感心しました。

亜紀子ちゃんが霊体になるまでが、思ったより長くて驚き。一色夫婦の仲の良さが観ていて微笑ましかったです。
もし自分がこの映画の世界の住人なら、魔物に怯えてしまって生活できないだろうなぁとも思いました。世界設定が細かったのが少し難しかったかな...

後半の、黄泉の国のシーンからはかなりベタな流れでしたが、たまには王道作品もいいなと思いました。
世界観がとても良かった。
死後の世界があんななら、ちょっと楽しみかも。
ハナカ

ハナカの感想・評価

2.0
本編より予告の方が面白かった。

現世の時はまだよかったけど、
肝心のあの世に行ってからがもうチープすぎる。
地味な色合いの森、海、木造建築でジョイポリスの激流かと思った。
VFXとやらは確かにすごいかもしれないけど、もうちょっと妖怪の持ち味を使って現世にない独創的な何かがあってよかったんじゃないのかと思う。(SF小説家ではなくとも一応作家の頭の中だし)

あとラスボス的なやつ、
児童向けアニメでも今時あんなベタベタな展開ない。
そして想像で物を生み出せるなら真剣でも出せよ。誰に気を遣って竹刀にしたんだよ。絶対妻のこと大事じゃないだろ。

高畑充希の可愛さに0.5と宇多田ヒカルの素晴らしきテーマ曲に1.5です。
>|