Bluegene

永遠のジャンゴのBluegeneのレビュー・感想・評価

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)
4.0
ジャンゴ・ラインハルトというと往年のジャズファンなら誰でも知っているギタリスト。火傷で左手が不自由だったため三本指で弾いたことは有名だ。ジャズよりロック派の私でさえ、「ジャンゴロジー」は聴いたことがある。

が、彼がロマで、第二次大戦中にナチス・ドイツの迫害を受けスイスに亡命したということは知らなかった。

ジャズやブルースはアフリカ系アメリカ人の苦難の歴史と切っても切れない関係にある。やはり迫害の歴史をもつロマとして、ジャンゴはロマの楽器であるギターを手にジプシー・ジャズという新しいジャンルを開拓した。

この映画はドイツ占領下のフランス時代のジャンゴの姿を描いたもの。演奏シーンではジャンゴ役のレダ・カテブが実際に三本指ギターを弾いているのだが、この役にキャスティングされるまでギター演奏の経験はなかったそうだ。逆にだから三本指という特殊な運指ができたのかも。

解放後のパリでジャンゴが自作のレクイエムを披露するシーンで映画は終わる。このレクイエムはその後演奏されることはなく、スコアも一部しか残っていないそうだ。ナチス・ドイツの犠牲になったロマは50万人といわれ、収容所では強制的な断種手術も行われていた。犠牲となった同胞たちへの鎮魂のために封印したのだろうか。