Yukiko

修道士は沈黙するのYukikoのレビュー・感想・評価

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)
4.5
2019年8月26日
『修道士は沈黙する』  2016年イタリア・フランス制作
監督、ロベルト・アンド。

ドイツで開催されるG8の会議。
各国の財務大臣により、世界に大きな影響を及ぼす
決定が下される首脳会議だ。
G8の他に、そのホテルにゲストとして招かれたのは
ダニエル・ロシェ専務理事、ミュージシャン、絵本
作家と修道士のサルスだった。
会議の前日の夜、夕食会の後に、ロシェの部屋2308
号室にサルスは呼ばれる。
それは、ロシェが告解をするためだった。


貧富の差が拡大をし、発展途上国にマイナスになり
かねない決定を下そうとする各国の財務大臣達。
しかし、反対者もいる。
ロシェの考えは?


会話の最中に、サルスが放った意義ある言葉……

「悪事は成果を上げぬ」


修道士役のトニ・セルヴィッロさんの演技が素晴らしい!
眉毛の動かし方、口元で演技し、そこに言葉を発せずとも
言葉以上の意味あいを表している。

サルスが告解を聞く場面や、首脳達と会話する場面は
緊迫感がある。

シェパード犬ロルフが主人を変えて、修道士をご主人様に
してしまったのは、そうだよねと納得。苦笑する。

いやはや、トニ・セルヴィッロさん、凄い演技です。
本物の修道士のよう。
ゆったりと堂々としていて、なりきり!!(^^)