SPNminaco

ロキシーのSPNminacoのレビュー・感想・評価

ロキシー(2016年製作の映画)
-
何がしたいんだか方向性が曖昧なまま、ひたすらゆるくダルい進行。ゾーイ・クラビッツもエミール・ハーシュも出し惜しみしてるみたいでパッとせず。終盤それが全部長すぎる「タメ」というか前振りとわかり、え?ここからが本編?とビックリしたが、やっぱ最後までダルい。所謂“タランティーノ以後のバイオレンス映画のスタイル”だと思うけど、それ自体既に古臭いし、ユーモアがない。登場する車には何か拘りがあるみたいで、車がいちばんスタイリッシュだった。
あれっ、ボー・ナップどこに出てたの??