あ

すばらしき映画音楽たちのあのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
5.0
特別音響上映
配給アンプラグド
字幕
ビスタ

最高すぎて余韻に浸っていてスコアつけ忘れてた

2018 1本目(人に早くおすすめしたいので2017ベストに入れる予定
作曲家のインタビューで頷ける部分が本当に多くて
思っていることを全て代弁してくれているようだった
モチーフにおけるスコアの音の動きの可視化、鳥肌のメカニズム等すごく興味深くてわかりやすいドキュメンタリー作品

インタビューでモリコーネは「楽器や音が特別なんじゃなくて メロディーがシビれるんだよ」みたいなことを言われてて
そう!まさにそうなんです!よくぞ言ってくれた!フゥー!となった

ジョン・ウィリアムズの部分はすごく時間を割いて丁寧に撮られていたのだけど 彼は本当にどの作曲家からも尊敬されていて 「彼はもはや神だよ」的なことを言われてて E.T.のテーマの作曲過程や スターウォーズ旧作の映像をスクリーンで観られる贅沢さ、、、

鳥肌が立つメカニズムを研究している学者さんが「E.T.のラストシーンは音楽が支配している」と説明してそこからラストまでのスコアを緻密に分析していて
2016年に生演奏付き上映に行ったときに思ったことまんま言ってくれてるかんじで拍手

インディジョーンズを引き合いに出して
ウィリアムズは最初壮大に始まって キャッチーなのはじつはそこだけなんだけど 次から始まるBメロが知られてないけど じつはいいんですよね、と言われていて
わかってんなぁおい!
作曲家のことは作曲家がいちばん言葉で説明できるんですよね

ミッションインポッシブルの音楽もすごくよかったし

LOTRのスコア分析など 譜面でわかりやすくて とてもよい作品

映画好きの方、必修映画
映画音楽好きの方、観ないと死ねない映画