ぴよぴよ

友罪のぴよぴよのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.5
原作を読んだ時の衝撃は忘れられない。どうしても思い出さずにいられない"酒鬼薔薇聖斗"の事件。

数年前私の住む街の近くに、出所した彼が住んでいると言う噂が流れた事があった。真偽はともかく怖かった。更正している?かもしれないのに、正直近くには住んで欲しくなかった。狭量な私。

それだけあの事件は私の心を抉った。


彼を思わせる鈴木(瑛太)と同じ時期に町工場で働く事になった益田(生田斗真)。元新聞記者の益田は、物静かで何を考えているのかわからない鈴木に興味を抱く。

そして…もしかしたら彼はあの事件の加害者Aなのではとの疑念を抱くようになる。

淡々とした鈴木と、昔同級生を自殺に追い込んだ罪に悩み続ける益田。ふたりのそれぞれの思いと、別の少年犯罪加害者の父親(佐藤浩市)の目を通して、罪は許せるのかと問う。

瑛太が得体の知れない鈴木の雰囲気をよく出していたけれど、原作の方が想像力が膨らむ分それぞれの心理描写が深く心に迫り、緊迫感がある。


被害者の遺族の立場に立てば、加害者を許すなんてとても出来ないだろう。忘れたくても忘れられない。一生背負って生きていかなくてはいけない重い荷物。

知り合った友人が、恋人が、もし昔人を殺していたら…許せる?今は更正しているからって、その事実を消し去って一緒に笑える?

原作を読んだ時のように、複雑で払拭できない思いに苛まれた。