やっぴー

君が君で君だのやっぴーのレビュー・感想・評価

君が君で君だ(2018年製作の映画)
3.9
高杉真宙くんと松居大悟監督のトークショー付きの回にて鑑賞。
登場人物たちに全く共感はないけど、かといって嫌悪感もわかず。
これは無償の愛なのか、狂気ゆえの暴走なのか、
「愛」と「狂気」はまさに紙一重といったところなのか。
女性用の下着を着たり、髪の毛やひまわりの花を貪り食う
池松壮亮くんの演技が圧巻。
池松、満島真之介、大倉孝二の3人のパワーを
がっしり受け止めるヒロインのキムコッピもいいし、
そのクズ彼氏役の高杉真宙くんも良かった。
借金取りコンビ?のYOUと向井理もいい。
この中で一番まともな感覚?を持ってるのが、向井理演じるヤクザなのも笑える。
バイプレイヤーズのファンとしては、光石研さんが特別出演しているのが嬉しい。
トークショーで松居大悟監督が言っていた
「言語化出来ない感情」がこの映画の中に詰まっていると思った。
もう1回観たい。