君が君で君だの作品情報・感想・評価・動画配信

君が君で君だ2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

うわぁぁぁ

なんかめっちゃ圧倒された

池松壮亮ってほんとうにすごいな

いくら芝居でも髪の毛も向日葵も食べれんやろ

思っていたよりも重たい話でみんなバカで笑えた

そう、みんなバカだった

ジャケットの爽やかな笑顔からは想像もつかなかった歪みまくりな話だった

優しいとか愛とかってほんと十人十色だとは思うけど、池松壮亮のあの目や行動はいい意味でとても気持ち悪くて、それは愛とは違うと叫びたくなったよ

みんなで尾崎豊歌うところや狭くて汚い部屋のシーンが演劇っぽかった

尾崎いいなぁ
chinatsu

chinatsuの感想・評価

3.0
青春ってこんなもんだよなあ、友達ってそんなもんだよなあ、そんな感じ。

愛とか執着とか、その境目は人それぞれ。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.0
尾崎豊、ブラッドピット、坂本龍馬というキャラクターで想う女性を10年見守る男達のドラマ。
隣室にこんな連中がいたらと思うと寒気が走りますがホラーにせず奇妙な味の作品として仕上げたところに面白味があると思います。
向井理演じる取り立て屋の兄ちゃんがバイオレンスの香りを漂わせながらも常識的かつちょっと愛嬌があり終盤意外な行動を取るなど印象的でした。
Nabkat

Nabkatの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

池松壮亮の演技の素晴らしさによって、非現実的なはずの人物がリアルに、存在している説得力を持ってた。すごい。
個人的に、連ドラくらいの長さで見たい感じがあった。彼らが変質していった様子をもっとゆっくりと見ていきたかった
全然理解できず、ただ気持ち悪さしか感じなかった😂😂
10年何してたんだ、、

奇妙な生活に正論で突っ込んでくれるYOUと向井理👏🏻👏🏻
尾崎豊の『僕が僕であるために』を歌う場面は
10年も自分を捨てて好きな人の好きな人を
演じ続けてきた狂気性を表してると同時に
心のどこかで間違っているとわかっていながら
それでも今さら巻き戻せない人生に
正当性を与えてるようにも見えて非常に切ない

なんと言ってもラストが素晴らしい
偽りの名を纏って監視をしながら住み続けていた
文字通り"閉ざされた"アパートの一室から
どこへでも"旅立てる"空港という空間で
今度はお互いの目と目を合わせて名前を言う…
色の使い方からエキストラを巻き込んだ演出まで
あらゆる要素が爽やかだったね

ただまあやはりストーカー行為がちょっとアレで
わりと終盤までは全然ノレなかったんだよな…
もちろん創作なのでモラルを求めてるわけじゃないし
「そのぐらい相手のことを想っている」ことの
メタファーなんだとしてもケチャ?っぽい動きとか
ずっと何やってんだよと思ってしまったなー
たこ

たこの感想・評価

1.0
全員頭がおかしくて理解できませんでしたが、ブラピの再現度が地味に高くて笑ってしまいました。各々の思う愛が少しずつ違っていたのかなと言う感じです。愛にはいろんな形があるし、あってもいいと思います。ただそんな中でいまひとつ理解できないのは、流行りの推しという概念です。アイドルや役者が推しということならわかるんですけど、先輩とか友だちが推しっていうのがどうもよくわかりません。妹みたいな感じということでしょうか。絶対に違いますね。難しいです。好きな女の髪を食べる方がまだわかります。いや、冗談ですよ。
butasu

butasuの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

怪作。何だこれ。凄いものを観てしまった。賛否分かれるというか、人によっては嫌悪感を覚える内容だと思う。自分はこの作品の持つ強烈なエネルギーに圧倒されてしまった。

とにかく池松壮亮演じる主人公「尾崎」の静かな狂気がえげつない。スタート時点では彼はどちらかというと「ブラピ」に巻き込まれた側だったはずなのに、いつの間にか一人だけ突き抜けたところまでいってしまった。「姫」を愛し見守り同調し妄想し崇敬する。姫の下着を身に着け、姫の気持ちを「王子」にぶつけるシーンは圧巻。自分に何か特別なものを見出だせずにいた彼は、姫を通して自己実現を図っていたに違いない。彼が絶叫する「姫の気持ち」は所詮彼の願望でしかなく、王子の「お前に何がわかるんだよ」という台詞が重い。彼は決して自分から姫と接触しようとしない。自殺しようとする姫を「かわいい」と言い「ありのままの彼女であることが良い」とその場を動かない彼の気持ちは、決して愛などではない。「彼女の選択を全て尊重する」ことが愛だと思ったら大間違いなのである。このときだけではない、絵に描いたような転落人生を送る姫を、彼は一度だって助けようとはしなかった。全てを観続けるくせに、自分は一切彼女の人生に対して責任を負わない。臆病で卑怯だ。そのくせ彼は自分が誰よりも姫のことを理解し愛していると信じており、自分が「王子様」となって彼女と結婚することを夢見る。なんて身勝手で独りよがりで痛々しいのだろう。姫の髪をどんぶりにかき集めもぐもぐと食べ始めるシーンの狂気たるや。

「ブラピ」役の満島真之介もとても良かった。ある意味とても無邪気で純粋で明るい。尾崎をあんなふうにしてしまったキッカケはこいつなのだが、こいつは本当に尾崎のことも姫のことも心底大切に思っているのだろうことが伝わってくる。しかし彼は集団ストーカー活動をして皆でキャッキャ騒ぐ今の日々を楽しみながら、現実に蓋をして目をそらしているだけであることが後半わかってくる。尾崎とは違い彼は根から狂気に飲み込まれてなどいない。「あんたが守ってるのはあの娘じゃないでしょ、あの部屋、生活でしょ」と言われて口ごもる、あのシーンが答え。

そして「坂本龍馬」役の大倉孝二の安定感。彼は姫の元カレで何故か首輪をつけて登場するが、後にそれは姫に干渉しようとして尾崎につけられたものだとわかる。この事実が明らかになったとき、心底ゾッとした。あの二人の完全な仲間のように見えていた彼は、実は軟禁され、彼らに同調することで自分を誤魔化して生きているだけだったのだ。王子が新たに鎖をつけられ「羽生君」にされそうになるシーンもめちゃめちゃ怖かった。

姫を演じたキム・コッピのちょうど良さ。キャスティングが素晴らしい。物凄い美人というわけではないが、愛らしく守ってあげたくなるような可愛げがある。たどたどしい日本語もとても良い。高杉真宙もYOUも存在感がありとても良かった。向井理だけがマイナス。何だあの嘘くさいチープなヤクザは。芝居もわざとらしいし、完全に浮いていた。ただ映画的には、あのヤクザがあのメンツの中で完全に浮いているのがむしろ良かったともいえるが。

光の使い方なども上手く、演出・美術もとても良かった。特に黄色や緑、ドギツイ赤、そして白など、色の使い方が絶妙。重要なモチーフとして出てくるひまわりだが、花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」らしい。怖い。素晴らしい。

終盤は「もうここでエンドロールだなと思ったのにまだ続く」というポイントが何回も続き、良い意味でとても戸惑った。姫が車の中でほんの少し笑うシーンで終わりにしても良いし、海辺のシーンでも良いし、トラックのシーンでも良い。しかしさらに空港での妄想シーンまで繋げて終わらせたことで、この話の持つ意味が大きく変わるように感じた。それまでで終わっていればこれはある意味彼らの青春物語であり尾崎の成長物語になったのかもしれない。だが最後にあの妄想を入れることで、尾崎の未だ成長しきれていない未熟さ、彼の中に未だ残る狂気を我々に伝えて、この映画は終わるのである。怖い。彼はこれから韓国に行くわけで。あぁ怖い。

「自分には何もない」という現実から目をそらして妄想の中で生きる尾崎と、「いつまでも皆で馬鹿騒ぎしていたい」と思ってすべてを見ないふりするブラピと、軟禁されたことで彼らに同調してしまうようになる坂本。この異常な三人による異常なあの部屋の「ごっこ遊び」は、何故かとても輝いていて素敵な青春のようだった。こんなにクレイジーな作品にはなかなかお目にかかれない。観終わった後、放心状態になった。いや、何なら観ている間も放心状態だったわ。

とんでもなくクレイジーだけれど、立派な愛にも思えてしまった。
尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬。
愛する姫のために、名前も、国籍も捨てた三人の男たちの物語。

おふざけ映画にならない、池松壮亮くんの演技力。

向井理のチンピラもよかった。
尾崎豊の曲もいい。





🔑
カラオケ
からむ
ボコボコ
タオル
チャンチャンコ
レポート
別れる
仲間入り
工事現場
バンドマン
かみ。。
ひまわり
空港
シムラミツオです
ずっと気になってたのでやっとみた
なんかいろいろとすごすぎて思い出せない
超サランヘヨ〜
>|