君が君で君だの作品情報・感想・評価

「君が君で君だ」に投稿された感想・評価

y子

y子の感想・評価

4.0
なにこれ
熱量すごい

姫が長澤まさみさんと吉高由里子さんのハイブリッド()
いい映画だったのかといわれるとよくわからないけど、とにかく常軌を逸していて圧倒されまくっていた。
結局愛ではない、というより何に向かっての愛なのかのベクトルが「尾崎」だけ違う方向で、そして違う方向なだけに重く熱い矢印になってたんだろう。
YOUと向井理コンビが唯一普通ってすごいけど、最初のアパートの扉の前に立つ向井理の足がわけわからんほど長くて驚愕しました。
Nyamath

Nyamathの感想・評価

3.2
ここにもいるよ いつの時代にも 世界のどこでも
こいつらみたいな3人組
ほんと 困った奴らで わかるけど
監督もうひと頑張り!
あやか

あやかの感想・評価

4.0
3人で姫の国を守っていて、その国のすべては姫で出来ていて。
3人にとってこの国は4人だけで、でも姫はいつだってひとりぼっち。

愛おしくて狂おしくてしょうがなくて、感情が爆発した尾崎に姫がリンクした場面は、呆然とただただそこに在る物を目の当たりにするしかなかった。
見ていた。昂りを、見せつけられた。

3人はそれぞれの感情を、必死に守って日常に溶かしている。

こんなに愛されたこと、ある?
こんなに愛したこと、ある?

「分からなくていいんだよ、こんな気持ち。俺たち(俺)だけのものなんだから。」
と、3人に言われた気がしました。
maro926

maro926の感想・評価

4.3
熱を持つということ。
オリジナル脚本ということ。
最高に魂こもってる。
azcar

azcarの感想・評価

3.8
ひとつも共感できないクレイジーな愛の物語だけど、尾崎豊の歌詞は普遍的な愛そのもの。

池松くんは海で叫んで入りがち
risa

risaの感想・評価

4.0
観劇後なんとなくルンルンで尾崎聴きながらスーパーで辛ラーメン買って、家に着いたら「入国!」しちゃう
私もエモい松居作品だいすきだ……

尾崎ブラピ龍馬としての違和感が違和感であることがハマっている役だし俳優さんたち全員が魅力的で、YOUさんがYOUさんだし向井理めっちゃ眉毛薄いって気になってたところも回収してくれて、最後に出てくる光石さんがお茶漬け食べるときくらいホッとした気持ちになった
みんなで肩組んで尾崎歌いたいな〜〜
natsume

natsumeの感想・評価

4.0
アウトかセーフかという観点からすればほぼほぼアウトなのだが、誰かを猛烈に好きだという気持ちそのものが基本的にちょっとキモいものなのだと思う、ので、アウトでキモいがリアルでもあり、その一点をもって、刺さる人にはどんなに泣ける恋愛映画よりも深く刺さるだろう、と思う。
risako

risakoの感想・評価

4.5
邦画ベストオブザイヤー
言葉にするのはもったいないな
下北沢映画祭にて
Nana

Nanaの感想・評価

4.0
「究極の片思い」「愛情を超えた愛情」
すべてを受け入れてこそ、愛?
切り口シュールだけど、ぐっときた。
>|