ひよし

万引き家族のひよしのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.2
自然になるように気を使って撮られている映画だなあと思った.もちろん犯罪でつながっている家族もどきという設定じたいは自然ではないが,かわされる会話や行動原理は自然だった.
全体としては,対立構造が浮き出てしまうことのないような話の運び方になっていると思った.登場人物はみな弱い.それが人間の弱さだと言ってしまうのは簡単だが,そういうことでもないのかなあと思う.家族がいくら心あたたまる会話を交わしてはいても,万引きはするし,ゆすりはするし,誰もが裏切りや悪事を抱えている.それはお婆さんや子供でさえ例外ではない.これらのことが正当化されうるのか/されえないのかということはこの映画の主題ではなく(というか主題というのはあるのか?),描かれていることをできるだけありのままで受け止めなきゃならないのかなあと思った.
安藤サクラ・リリーフランキー・城桧吏(男の子)・佐々木みゆ(女の子)は顔・表情・たたずまいがそのまま映画の世界観を構築していてすばらしかった.安藤サクラのちょっとだらしない女の人の演技はすごいなあ......
松岡茉優はひときわ美人だった.映画の登場人物は美男美女ばかり,ということが多いがこの映画では家族イチの美人という状態がうまく表現できていたように思う.ナイスおっぱいでした.
樹木希林はどこからが演技でどこからが素なのかわからないぐらいお婆さんだった.ちょっと毒のある感じも手慣れたもの.
池松壮亮・柄本明・高良健吾は出番は多くなかったものの活躍していた.特に池松壮亮は唐突だったので他の登場シーンがあったけどカットされたのかなとも思った.
細野晴臣のBGMは良すぎてびっくりした.細野晴臣が担当していることを知らずに映画を見てもオッ,となると思う.
カメラワークは,会話中なのに一人の顔だけをアップで長々と映すシーンがいくつかあってオシャレだなと思った.とくに根拠はないがフランス映画っぽい.