蜷川幸雄シアター2「じゃじゃ馬馴らし」(彩の国シェイクスピア・シリーズ)の作品情報・感想・評価

蜷川幸雄シアター2「じゃじゃ馬馴らし」(彩の国シェイクスピア・シリーズ)2010年製作の映画)

上映日:2018年04月21日

上映時間:147分

あらすじ

バドヴァの資産家の娘キャタリーナは男などまるで眼中にない”じゃじゃ馬”として、街でも有名な存在だった。ある日、父親が淑やかで従順な妹娘ビアンカの求婚者たちへ「姉娘の嫁ぎ先が決まるまでは誰も妹とは結婚させない」と宣言しているところに、修学のためにこの地にやってきたルーセンショーが通りかかる。厄介者の姉の結婚が条件となり困り果てる求婚者たちをよそに、ビアンカに一目惚れした彼は、一計を案じて彼女に近づ…

バドヴァの資産家の娘キャタリーナは男などまるで眼中にない”じゃじゃ馬”として、街でも有名な存在だった。ある日、父親が淑やかで従順な妹娘ビアンカの求婚者たちへ「姉娘の嫁ぎ先が決まるまでは誰も妹とは結婚させない」と宣言しているところに、修学のためにこの地にやってきたルーセンショーが通りかかる。厄介者の姉の結婚が条件となり困り果てる求婚者たちをよそに、ビアンカに一目惚れした彼は、一計を案じて彼女に近づこうとすつ。折しも、求婚者のひとりであるホーテンショーの元へベトルーチオという紳士が訪ねてくる。事の次第を聞いた彼は、持参金欲しさにキャタリーナに求婚、必死の抵抗を試みる彼女を無視して強引に話を進めていく。果たしてキャタリーナとベトルーチオはうまくいくのか?そしてルーセンショーとビアンカの恋の行方は・・・?

「蜷川幸雄シアター2「じゃじゃ馬馴らし」(彩の国シェイクスピア・シリーズ)」に投稿された感想・評価

  • すべての感想・評価
  • ネタバレなし
  • ネタバレ
この映画にはまだレビューが投稿されていません。