マーティT800

アップグレードのマーティT800のレビュー・感想・評価

アップグレード(2018年製作の映画)
3.6
好き好き、この世界観と設定😆
大好物の近未来SFサスペンスもの❗️


だけど、、、惜しいdeath‼️
面白いけど、あと一歩、もう一押しオリジナリティが欲しかったdeath‼️



脊髄に埋め込むチップ、腕の中に内臓された銃w、、、
全自動操縦の自動車に、警察用ドローンが飛び交う世界、、、あら、いいですねぇ♬
特に、腕の中に直接埋め込まれた銃がお気に入りでした💕
コブラのサイコガンとは違って、あくまでも普通の腕の中に銃の構造を埋め込み、弾丸を二の腕あたりから装填して、手のひらから弾丸を発射する近未来の武器、、、
もはやどんな構造なのかww

なんそれっ❗️w

ストーリーは、なかなか良くって、

何者かに襲われ、四肢麻痺となった主人公、、、殺された妻。

犯人は誰だ⁉️
何のために⁉️

内臓されたチップで少しづつアップグレードしていく肉体と、謎に迫るドキドキハラハラ感、、、。
定番の面白さ、、、、。

面白い、、、

だけど、、、

どうしても拭えない、、、、、


圧倒的な、、、、


「ロボコップ」感w😂


あれ、、おもろいのになんか観たことあるようなやつ、おもろいのになんか知ってるようなやつ、、


そうや❗️

これは、、

ロボコップだ❗️


ほんま、あの名作「ロボコップ」に何から何まで似過ぎていたんですよ💦

・悪党に殺されかけて、テクノロジーで蘇る主人公

・その犯人に対して復讐する主人公

・主人公は、自分らしさを保ちたい気持ちと、テクノロジーに支配される葛藤に苛まれる

などなど、、、。

特に今作の主人公が、脊髄チップに肉体の支配権を委ねると、物凄い身体能力に変貌し、敵を倒していく様は、リブート版のロボコップの設定のまんまでして、、、、そのまんま過ぎて、オマージュかパクリかわからない始末でした。
もう、「ごめんなさい。 こういうときどんな顔すればいいかわからないの。」となりました。


ただ、こーゆー世界観は大好物なだけに楽しめましたよ😊
オマージュか、パクリかわからないけど、全然怒ってませんww

「SF作品ある程度設定似る説」やと思うてますw


四肢麻痺の人が、チップ一つで機能回復するかもしれない、ドローンが実用化される社会、全自動操縦の自動車が当たり前になる、、、といった、起こり得そうなほんの少し未来の世界観のSFと、サスペンスが好みの人にはおススメでっす😊


特に、オチは個人的に好きですよ。


オチは、、、、

※以下ネタバレ※


















じゃーん‼️

全ての黒幕は、チップそのものでしたー‼️

という、本末転倒オチは嫌いじゃないです😊

猿の惑星チックなw


「テクノロジーの発達の、希望と警鐘」


今作のテーマは、そこなんかなぁと個人的に思って、このレビューは締めたいと思います♬


くぅ〜、おもしろ設定やったのになー、
もう少し面白くなるかなーって思ったのになー、、、、

惜しい😆‼️