hinaoba

真実のhinaobaのレビュー・感想・評価

真実(2019年製作の映画)
3.8
大女優とその娘、という特殊な設定ではあるけど、要は親子の会話。夫婦の会話。
会話だけで魅せる。会話だけで魅せてしまう演技と、演出と。

とりたててドラマチックな展開はなく、集中して観ていないと、微妙な人間関係や感情の機微を見逃してしまう。

親子って、距離が近すぎて難しい。
嫌でも長いつき合いになるから、山あり谷ありいろいろあって、いろんな想いが入り混じる。
変に意地をはってしまったり、かと思えばふと素直になれるときがあったり。
そんな「あるある」を、観る側も感じるのでは。

是枝監督と、ジュリエット・ビノシュ、カトリーヌ・ドヌーブほか出演者の方々のインタビューを拝見できたこと、リリー・フランキーが自分のすぐ近くの席に座ったことで、気持ちが舞い上がってしまった。
客席には綾瀬はるかと安藤サクラの姿も。

リリーさん、悪役の印象が強すぎてもっと怖い感じの人かと思ってたけど、全然そんなことはなかった。そりゃそうか…。