くう

ファーストラヴのくうのレビュー・感想・評価

ファーストラヴ(2021年製作の映画)
3.3
最後まで違う意味(←)でドキドキしながら観た(えっ…だって…キャスト●●なのにやってないの??ほんとうに?(←キャストで見るな))。

親から与えられた苦痛の成長記録が心の病をもたらせる。支配の歴史の末に起きた事件の虚しさ。芳根京子が本当に、本当に上手い!

ただ、本当に監督的に脚本家的にキャスト的に(爆)余計な期待(?)をしながら見ていたので「あれっ」と思ってしまった。あくまでも…私のせいです。すいません。

最近の堤監督作品は子育てや家族に焦点を当てている気がする。それは世界のどこかでいつも起きている問題。痛々しく突き刺さる。