柚餅一ゆべ一

パピチャ 未来へのランウェイの柚餅一ゆべ一のネタバレレビュー・内容・結末

3.9

このレビューはネタバレを含みます

90年台のアルジェリアを舞台に、ファッションデザイナーを夢見る女子学生の奮闘を描いた作品。

実体験を基に、多分盛った演出もあるでしょうが明確な記録は完全に把握出来ず。
ただクライマックスがリアルだとしたら、どんだけ恐ろしい話やねんってレベル。

学校の授業の教材とかに使われそうな内容。
けど知識になる以上に訴えかける強いメッセージ性を感じる。
これで何にも感じない人がいたら人間性こそ疑うが。

これがアルジェリアの日常、お喋りしていた数秒後に誰かが殺されたり、施設が爆破されたり。
こんな国で普通に生活するだけでも苦しいのに、この国の仕来りに反発するような生き方を選択するという志し、ネジュマは本当に立派だ。
本作に登場する野郎が全部クズ、誰ひとりとして味方になってくれない演出もリアルなのかな。

ファッション系の学生だった義母と鑑賞しましたが、尚のこと楽しめる内容となっていました。
文化は違えど、将来の夢の選択肢に違いなどあるべきではない。