くう

鳩の撃退法のくうのレビュー・感想・評価

鳩の撃退法(2021年製作の映画)
2.9
ストーリー自体はたぶん、とても面白いのだけれど、それをタラタラと描いている印象がもったいない。

どいつもこいつも怪しくてどうなっていくんだろう!?という期待よりも、本当に「私は今、何を見せられているのだろうか、ポカーーン」という時間が長くて…。

繋がっていく感覚もワクワクするよりも「?」「?」だし、ラストには「うわあ」…と思ったものの「えっ、でもあの人はどうなったの?」が大きくてスッキリできない(笑)

内田けんじ作品になれなかった感じがどうも…

(ネタバレになるからこんな感じにしか書けなくて(笑))

役者さんはみなさん素晴らしいし、恐い部分には緊張感もある。でも、スッキリしない(笑)

でも、印象深いセリフはあった。だから……ストーリー自体はたぶん面白いんだってば……