モミジさんの映画レビュー・感想・評価

モミジ

モミジ

映画(224)
ドラマ(0)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ面白かったです
ノーラン監督の今までの作品をおさらいした集大成といった感じで楽しめました。

※ここから気づいちゃいけないところに触れてるので注意

なんですけど………

気になった、とい
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.8

いや怪作じゃないですかコレ
ヒップホップカルチャーに興味があってブッ刺さらない人いないでしょってくらい凄い映画でした(音楽ではなくていわゆる不良への憧れ)

意外だったのは「ヒップホップってカッコいい
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

4.3

「砂の器」というタイトルのセンスですよ
自分なら安直に宿命と名付けてしまいそう
傑作でした

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

※ビートルズファンの一意見です

「とんでもないメタ映画」

というのも、本作でビートルズの曲が絶賛されてる理由が「だってビートルズだから」で終始されていて、それ以外の理由が一切ないんですよね

「ビ
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.9

アクション、音楽、展開。
エドガーライトだなぁ〜〜って要素を煮詰めてごちゃ混ぜにしたような映画
色々とぶっ飛びすぎてて好きです

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.4

ストーリーはありきたりなサスペンス映画といった感じで、自分には…うーんといった感じ
調べてみたらキリスト教の考えと深い結びつきがある内容らしく、宗教の知識があれば様々な考察ができたということなので、私
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.6

前半と後半で主人公が変わる構成
落ちるところまで落ちる前半から、ゆっくりと元に戻ろうとする後半は、全く同じシーンでも観る側にとっての印象が180度変わり正にWAVE
間違いなくバッドエンドだけど、それ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

面白かった
描写はダンケルクと似通っていたけど、ダンケルクは無慈悲な侵略から逃げ続けて故郷に戻るカタルシスが見どころだったのに対して、1917は無慈悲な侵略に挑むことがテーマだったように感じた
トレー
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.1

面白かった

半地下生活をする家族の一人が金持ちに家庭教師として雇われて、そこからバレないように他の家族も雇わせて一家全員寄生するって話なんだけど、コメディタッチな前半から一転後半はホラーめいたスリラ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.4

つまんないすね
MCU系ではマイティ・ソーの次にピンとこなかったかも
テレビ版だからカットされまくってたのも原因の一つだと思うけど、それでもね
ティ・チャラ陛下なんだけど、シビルウォーの時の大物感が消
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.9

大型犬のバックくんが主人公の物語でしたね。バックくんが可愛かったです

ストーリーやバックくんの行動はフィクション色が強くて、リアルな目線で見たらツッコミどころは多かったけど、迫力のある映像や成長して
>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.8

辛い話だけど、面白かった
主人公二人だけ見ると切ないラブストーリーなんだけど、取り巻く環境を全体的に見ると自分勝手な男が自滅していく話になっていって、見る人によって受け取り方が変わりそうな映画

自分
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.1

そういえば見てた、面白かったです
劇中歌の音が大きくてビビったよね

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

2.2

一言で言うなら「苦肉の策」
前作で色々ぶっ込みすぎたからがんばって処理しましたって内容
綺麗に畳もうとしたせいで7〜8で積み重ねてきたものを全部塗り替えてた印象、その場凌ぎの無理矢理な展開が気になった
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.0

内容は微妙だった
やりたい事に技術が追いついてないって印象(画とか演出とか衣装とかカメラワークとかもう全部)、ああ実写邦画だなぁって感じ

でもたまちゃん可愛かったしそれ目当てで見たのでよかったです

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.6

なんかもう全部すげぇ、内容も見せ方も凄すぎる

「おはよう!会えないときのためにこんにちは、こんばんは、そしておやすみなさい!」が口癖の陽気な人気者トゥルーマンが、あることをきっかけに自分の身の回りが
>>続きを読む

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.8

面白かった
ボヘミアンもだけど、こういうスーパースターの知られざる素顔を知れるってのが伝記映画の醍醐味だね。

8mileみたいな半フィクションの成り上がり物語って感じじゃなくて、ラッパー間の抗争や黒
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.5

すごく良かった、本当に
こんだけ内容詰まってるとネタバレなし感想書くのちょっと難しいので、だいたいみんなが見終わった頃合いにちゃんと感想書きます

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.7

いや、本当に最高でした
映像もそうだし、ストーリーも良くて、2時間もうずっと泣きっぱなし
間違いなくスパイダーマン最高傑作です

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

良かった〜面白かった!

海の王女と灯台守の子供・アクアマンが世界を救うために真の海の王になろうとする話、ってことはみんな知ってるだろうからそれ以外の感想

冒頭ではアクアマンは一切出てこず、両親の話
>>続きを読む

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック(2015年製作の映画)

4.2

ああだめだ、どんなサスペンスやクライム映画よりも絶望的な気分にさせられた
ニルヴァーナはどうヒットしたとかバンド内で何があったのかとかじゃなく、伝説のロックスター、カート・コベインがどれだけ脆く不完全
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

4.1

超良かった。
オアシスのリアルを極限まで描いたファッキンイカしたドキュメンタリー映画

この映画を見てわかるのはオアシスっていうバンドがとにかくぶっ飛んでいるってこと。
オアシスってのは本当に凄いバン
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

-

あまりハマらなかった
パルプフィクションもだけど、タランティーノの会話劇は自分には合わないみたい
ジャンゴはめちゃくちゃ好きなんだけどなぁ
また見直してみます

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

一応ミステリー、クライムサスペンスというジャンルだけど、主題はそこじゃなかった
主人公たちアメリカ先住民は白人が気が狂って殺人を犯してしまうほどの過酷な土地にずーっと追いやられて暮らしてるわけですよ
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

-

ん〜?なんだこの映画
パンク好きな男の子がライブの打ち上げで偶然ヒロインの女の子のいる家に迷い込む、までは普通だけどもそこからサイケの連鎖
実は女の子は宇宙人で、打ち上げ会場は宇宙人の家で、宇宙人のい
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ(2009年製作の映画)

3.6

ホームズが武闘派すぎて面白い、さすがハリウッド
そしてロバート・ダウニーjrのホームズカッコいいじゃないですか、これは予想以上だった

ストーリーは勧善懲悪のようであんまし重たくなく、結構和気あいあい
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.8

最初らへんはまだ王道の警察モノっぽいんだけど……
やっぱりフィンチャーは生易しく終わらないんだなぁ

黒幕である「ジョン・ドゥ」の存在が明るみになってから、どんどん得体の知れない闇にハマっていく感じ
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

3.7

ノンフィクションだからこその理不尽さ、戦場のリアリティが突き抜けていました
描写が生々しくて、見てるこっちがやめてくれ!と言わんばかりの戦闘のオンパレード
最後までハラハラしっぱなしでめちゃくちゃスリ
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

4.0

前から気になってた映画!長期休暇に入ったのでやっとの鑑賞
正直観る前はビルとビルを綱渡りしたところで何があるんだ、と思っていたけど、真剣に取り組む様、臨場感やスリル、観客の熱狂によって、これはエンター
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.4

元一流シェフが三ツ星を目指す為に頑張る話
でもサクセスストーリーではなかったです
ヒューマンドラマ重視かつ、レストランの裏手の殺伐とした雰囲気を描いた感じ
ブラッドリー・クーパーがカッコよかったです

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

前作よりハリーポッター要素が強くなったような気がします、ハリーポッター見てないのであまり話について行けませんでした
よりダークな面も強くなっていて、ファミリー向き映画から脱却した印象です

今作は群像
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

一言で言うなら、ハリウッド版寄生獣といった作品
多少雑な部分はあるけど、見せる所はしっかり見せる飽きない作りでした
予告とは全然印象が違って、結構コメディ色が強めでヴェノムが聞き分けいいのが印象的でし
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

最高でした、間違いなく今年ナンバーワン

感受性豊かな方じゃないけど、ラスト30分くらいずっと泣き続けてました
クイーンファン10年くらい続けてたので感情が混ざり合ってまともな感想言えません
とにかく
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.8

面白かったー!
本筋はCIAが極秘ミッションを挑むというありがちなストーリーなんだけど、この映画のメインは昔と今で立場が逆になったアラフォーの2人。
お互いの影響で自分の弱さを克服していくつていう青春
>>続きを読む

>|