Kaoruさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

Kaoru

Kaoru

NO CINEMA NO LIFE
映画ってホントに素晴らしい♡

ハリウッドの映画も嫌いじゃないのょ。でもやはり欧州映画が好物です。最近は南米や中東などもいいなぁと思いつつまだまだ青二才。みなさんから勉強させていただいております。
日伊親善大使をしております。(自称)
最愛の監督はフェリーニ♡
好きな俳優さん女優さんはいっぱい!
モニカ姐さんを敬愛しております。

よろしくどうぞ♡

映画(216)
ドラマ(0)

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道(2005年製作の映画)

3.5

カントリーというジャンルを越えてロック・ブルース・フォークのミュージシャンたちからもリスペクトを集めているジョニーキャッシュの伝記映画です。
この人ほど日米間で価値観に温度差のあり扱いに違いのあるミュ
>>続きを読む

イヴ・サンローラン(2014年製作の映画)

3.4

21歳といぅ若さでディオールのメゾン責任者になり壊滅的な経営を救ったイヴ(ピエールニネ)。

ストーリーはイヴの恋人だったピエール(ギョームガリエンヌ)の語り口で進めらている。それだからか、事実を淡々
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.5

とても良作!かなりかなり好きな作品。タリバンを制圧するためにネイビーシールズが行った"レッドウィング作戦"。チーム内で倫理で割れる意見や、実戦の様子など、アタシたちが知り得るはずもない出来事をきちんと>>続きを読む

ヤングガン(1988年製作の映画)

3.8

英国から移民として渡米した牧場主がならず者の青年たちを自警として雇い地元の大きな勢力と戦う。主人公は実在した"ビリーザキッド"の話。ビリー役にチャーリーシーンの実弟エミリオエステヴェス。兄弟で出演され>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

2.2

とてもすごかった(CGが)。
すんごく引き込まれた(CGに)。

沢山のかたが言っておられた尺が長いといぅのと、ストーリーの辻褄が合わない的なことは、この映画に中国資本が潤沢に投入されたせいなんだと思
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.2

まずはこの作品の映像のセンスが素晴らしいと思います。特にオープニングのシーンは必見です。

この作品の原題「up in the air」は"機上の人"という意味と"なかなか決断できない人"という意味が
>>続きを読む

ローマの教室で 我らの佳き日々(2012年製作の映画)

3.6

この作品は作品自体で結論を出すのではなく、観た人がそれぞれ考え自分なりの結論を出し完成させる参加型の作品だということが前提として大切。原題は"赤と青"。イタリアでは試験採点の際に教師は1本の上下に2色>>続きを読む

抱擁のかけら(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

現在と過去を行き来して進められていた点々として進められていたストーリーが、盲目のハリーが知人の息子(のちに本当の息子と分かる)に過去の出来事を語っていくことではっきりと全体がみえる。この展開がアルモド>>続きを読む

ポール・ヴァーホーヴェン トリック(2012年製作の映画)

3.7

ポールヴァーホーヴェン監督というオランダ人の監督の作品。みなさんが仰っている通り、冒頭の4分だけを動画で公開して続きを一般公募で繋ぎ合わせて作った作品。 きっと映画を作る側の人が観て大変勉強になる作品>>続きを読む

恋するリベラーチェ(2013年製作の映画)

3.1

まだTVも普及してない時代に世界で最も稼ぐピアニストのリベラーチェさんの伝記映画。リベラーチェ役にマイケルダグラス、彼の恋人役にマットデイモンという配役が興味深い。この2人のベッドシーンは少々いただけ>>続きを読む

シリアの花嫁(2004年製作の映画)

3.5

元はシリアだった村が突然イスラエルに占領され、宗教上理由で無国籍を貫いている村がある。シリアはイスラム教で、イスラエルはユダヤ教なだけに様々価値観が混在している。ここではシリアへ嫁入りすれば2度と帰っ>>続きを読む

眠れる美女(2012年製作の映画)

3.9

昏睡した娘を重ねて女性を看病する女優、妻の延命措置を切った父とそれを憎む娘、自殺願望を持つ女性と医師の話、この3話からなるオムニバス。尊厳死がテーマだが是非を問う作品ではなく隙間を作って問題提示をして>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.6

きっと嫌いな人も多いかもしれない。だけれども少し間接的に観たらきっと違う見方ができるやも知れず。殺人鬼のシガーにハビエルを使い変な髪型で変な殺し方をさせるのがコーエン兄弟の発想らしぃ。もしこの作品の良>>続きを読む

パリ、ジュテーム(2006年製作の映画)

4.0

1作品は5分前後。18作品つまったオムニバス作品。欧州では古くは70年代くらいからこんなオムニバス作品を得意としていたけれど、考えてもみたら最近は少ないかもしれない。パリがどんな街か、ガイドブックを観>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.6

お金のためだけに男が奥さんの狂言誘拐を企むのだけれども、何から何まで上手くいかず事態は良からぬ方向へ。そして最終的には…と、どう観たってサスペンスなのだけれども全員がどこか滑稽で変。とっても恐ろしいや>>続きを読む

街の恋(1953年製作の映画)

3.1

50年代のイタリア映画。

たくさんの男性監督が描く様々な女性の生き様のお話。

この当時のイタリアはオムニバスが得意な感じ。この作品の監督群で1番有名なフェデリコフェリー二は駆け出しの頃たくさんオム
>>続きを読む

黒いオルフェ(1959年製作の映画)

3.5

ブラジル・リオのカーニバルを舞台にした作品。ギリシャ神話のユリディスとオルフェをモチーフに、描かれており、もしかしたらwikiで少しだけ予備知識を備えて観たほぅがいぃらかもしれなぃ。

きっと観る人に
>>続きを読む

マルティナの住む街(2011年製作の映画)

3.6

スペインの映画っていぅのは実に真面目に作られているものが多いい気がしてしまぅ。そしてせっかく見所のあるとてもいい国なのに、政治や歴史に関する作品は多く出てきてもマドリードやバルセロナあたり。
(少なく
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.6

デンゼルワシントンとマークウォルバーグがコンビでドンパチ。

アクシォンですから、そこまで内容を期待してはいなかったのですけれども意外にも良かった!

この2人、お互い潜入捜査官だといぅのを知らずにパ
>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

3.0

なんの予備知識も偏見もなぃまま鑑賞したため、はじめは鬱病がいきすぎるとこんなにもと怖いものだと、そんな社会派ドラマかと思っていたら…

後半ひっくり返って一気に畳み掛けられた。ソダーバーグの作品ってだ
>>続きを読む

ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区(2012年製作の映画)

3.0

4人の監督の4つの作品からなるオムニバス。

共通するのはポルトガルの旧市街ギマランイスといぅ街で撮影したといぅコトだけ。それぞの監督の目に写るギマランイスがとても興味深い。

どの作品も腹を抱えて笑
>>続きを読む

明日を夢見て(1995年製作の映画)

4.0

イタリア・シチリア島になるレアルチーザという田舎町から始まるお話。

小さい田舎町へ街宣車をけたたましく鳴らし派手に映画俳優オーディションを募る。参加費は1500リラ。

このオーディションというのが
>>続きを読む

キラー・エリート(2011年製作の映画)

3.4

ジェイソン・スティサムとデニーロが出てるってだけで観てみました。

多くのかたが言っておられる「アクションとしては地味」といぅお言葉ですが、ジェイソン・ステイサムが出てくると派手なアクションといぅ感じ
>>続きを読む

不夜城 SLEEPLESS TOWN(1998年製作の映画)

3.8

ずーーーっと昔に観てその頃は何も分からなかったのだけれども、再度観てみてこれはとっても深い話だなぁと感じた。

まず驚いたのは公開されてから16年も経ってたこと。
もう一つ驚いたのは怒羅権(ドラゴン)
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.0

すごかった!ホントにほんに想像していた何倍もすごかった!!

主人公はたまたまフィドル奏者で地位もあったから映画にもなったんだけれど、当時こんなレヴェルの話が奴隷の数だけあったのかと思うととんでもなく
>>続きを読む

ジンジャーとフレッド(1985年製作の映画)

4.4

こんなに残酷でこんなに粋な作品を作れるフェリーニは本当に素晴らしい監督だと思う。

かつて人気だったダンスコンビが30年ぶりに再結成してTV番組に出るのだけれども老芸人にはなかなか新しい時代の新しいや
>>続きを読む

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

4.4

とてもとても素敵な作品。人間ドラマであり、ラブコメディでもあり、ロードムービーでもあり、いろんな要素がたくさん詰まっていて、涙を流すような大きな感動ではないけれど、内側から熱くじわ〜っと感動する作品。>>続きを読む

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

4.3

the USA!!といった感じの作品。ドラマを楽しむというより展開やテンポを楽しむ作品で、エンターテイメントとしてすごく楽しめるストーリーです。

70年代後半、天才詐欺師を使ったおとり捜査によりたく
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.3

コーヒーとたばこを題材にした11本の短編映画集。さすがジムジャームッシュですね。自らもミュージシャンである監督が作っただけあって、音楽好きな方々には特にグッとくる作品だと思います。

イギーポップ、ケ
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

5.0

宇宙飛行士が宇宙でプロブレムといぅ単純な内容なのだけれども、映像がとっっても美しくて、プラネタリウムにいるか、または海をダイブしているようなそんな気分になれる作品。

映像のことばかりが書かれておりま
>>続きを読む

リトル・ブッダ(1993年製作の映画)

3.3

みなさんがレビューでおっしゃっている通りで、若かりし頃のキアヌの綺麗なコト綺麗なコト。

仏教のお話というだけあって本来は日本人にも馴染みがあるはずなのだけれども、やはり純粋な宗教観念といぅものは現代
>>続きを読む

少女は自転車にのって(2012年製作の映画)

5.0

なぜ日本にはこのような素晴らしい映画が流行らないのかと思ってしまう。多くのかたに観てもらいたいし、観なくてはいけないような気もしてしまう。原題"ワジダ"は主人公の少女の名前。

なんと、映画館の建設が
>>続きを読む

ローマでアモーレ(2012年製作の映画)

3.9

ウディアレンの面倒くさいキャラが好き。ペネロペも愛らしくて、アレックボールドウィンもステキで、ロベルトベニーニが面白くて、それでいてローマの美しい街並みがとても素晴らしい。内容がうんぬんではなく、ロー>>続きを読む

もうひとつの世界(1998年製作の映画)

3.9

洗濯屋の社長と修道女が捨てられた赤ちゃんをめぐって、自身の人生を振り返り葛藤をする。赤ちゃんを育てたいけれど修道女ゆえに普通の生活を捨てなくてはいけない葛藤と、エゴにより赤ちゃんを捨てた女の子の対比は>>続きを読む

ハートの問題(2009年製作の映画)

3.8

決して明るくはないけれど、とっても静かにジーンと感動するイタリア映画。心筋梗塞で死にかけたイケメンパパと、同じく心筋梗塞のハゲメン作家、2人病棟が一緒だったことをきっかけに友情を築いていくお話。少し見>>続きを読む

海と大陸(2011年製作の映画)

4.0

南イタリアの島で貧しく生きるペスカトーレ(漁師)一家と不法難民の話。イタリアといぅ国は最近まで欧州の中で最も移民に優しい国だったのだけれども、移民後の不十分なケアのせぃで深刻な移民問題を抱える国になっ>>続きを読む