GreenTさんの映画レビュー・感想・評価

GreenT

GreenT

洋画好きが高じて、ブログで感想を書くようになりました。Filmarks は忘備録的に使っていましたが、最近ではこっちがメインになってきました。一応ブログのリンクはこちらです。

映画セラピー - Movie Therapy-
https://ameblo.jp/ghabh

映画(148)
ドラマ(1)

華氏 451(2018年製作の映画)

2.5

マイケル・B・ジョーダンとマイケル・シャノンの師弟愛がなかなかそそる映画です。冒頭の2人のボクシング・シーンは必見!

マイケル・B・ジョーダンが演じるガイ・モンタグは、次期キャプテン候補の優秀なファ
>>続きを読む

バスターの壊れた心(2016年製作の映画)

3.0

『複製された男』と『魂の行方』、そしてラミ・マレック主演のTVシリーズ『Mr. ロボット』をごちゃまぜにしたみたい!と思ったんですが、『マトリックス』のような概念もあるし、『ドニ―・ダーコ』を引き合い>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

2.0

見事に「可もなく不可もない」映画だった。「スラッシャー・コメディ」映画とカテゴライズされているが、笑うところもなければグロもない。しかし、最後まで観れるし、下らなくて腹が立つということもない。

主人
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.0

この映画を観た時、最初に思ったのが、「私はサイファーと考えが同じだ!」ってことだった。サイファーは肉喰いながら、「これが本物じゃないことは分かっていても、リアルでまずいメシ食ってるよりマシだ」って言う>>続きを読む

再会の街で(2007年製作の映画)

1.0

アダム・サンドラー演じるチャーリーは、911で奥さんと子供を亡くし、そのトラウマを乗り越えることができずに、その日暮らしの生活を送っている。ドン・チードル演じるアランは、成功した歯科医で、キレイな奥さ>>続きを読む

ターミネーター2/特別編(1993年製作の映画)

5.0

劇場版でも137分と結構な尺なのですが、特別編は153分と、20分余りも長い。一体どこが追加されているのかチェックしてみました。

まず気がついたのは、サラが精神病院に入っているシーン。あの意地悪な看
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

5.0

アクションや特撮もワクワクさせられるんですけど、キャラも立っている上、キャストが揃ってキャラのイメージをパーフェクトに体現してる、さらにドラマ性もある!こんな映画なかなかないと思います。

前作で超没
>>続きを読む

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)

1.5

ブリ―・ラーソン、ウディ・ハレルソン、ナオミ・ワッツときたら、センチメンタルな家族モノ?と思ったが、予想通り面白くなかった。ブリ―・ラーソン演じるジャネットの家族がこうだった、というエピソードは満載な>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

2.5

これ、すんごいヒットしたハズなのに、今観るとB級アクション・ホラーではないですか!?役者さんも大根だし、ダイアローグも陳腐だし、設定も編集も、なんか笑っちゃいます。

んじゃなんでヒットしたんだろう?
>>続きを読む

Extremely Wicked, Shockingly Evil and Vile(原題)(2019年製作の映画)

2.5

ハンサムなシリアルキラーと異名をとるテッド・バンディを、ザック・エフロンが演じる!というのに興味を持って観ました。

内容に入る前に、メタリカのジェイムズ・ヘットフィールドがちゃんとセリフもある警察官
>>続きを読む

Flower(原題)(2017年製作の映画)

3.5

早口でスラングをまくしたてるエリカという高校生と、その友達のダイアローグが可笑しい!!そもそもは予告編でこの女の子たちの会話がむちゃくちゃ面白くて、「青春ものコメディ」と思って借りてきたくらいですから>>続きを読む

イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語(2017年製作の映画)

3.0

見事になにも起こらない映画であった。しかし、これはモリッシーがモリッシーになる前、スティーヴン・パトリック・モリッシーだったとき話なので、この「なにも起こらない感」が正なのかなと思った。

しかしこの
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.5

「どうせバカな若者が犯した犯罪を美化した下らない映画だろう」と思ってみたら全然違くて、逆にタランティーノ以降のスタイリッシュなクライム・アクション映画を風刺ってると思いました。

バリー・コーガン演じ
>>続きを読む

Destroyer(原題)(2018年製作の映画)

1.0

ニコール・キッドマンが老いさらばえた姿を晒しているポスターが印象的で、ずっと観たいと思っていました。美しいのが売りな女優さんがここまでやるというのは、よほど思い入れのある役柄なのだろうなあと。

ニコ
>>続きを読む

ベン・イズ・バック(2018年製作の映画)

2.5

ジュリア・ロバーツがお母さん役で、ルーカス・ヘッジズが薬物中毒の息子役・・・・どうせセンチメンタルな家族モノだろうなあと食指が動かなかったが、とんでもない、これはガチだった。

薬物中毒の人は人たらし
>>続きを読む

ジェラルドのゲーム(2017年製作の映画)

2.5

スティーヴン・キング原作ですが、サイコ・ホラーがやっちゃいけないことを全てやっている気がするのですが、どうなんでしょうか?

最初の掴みはすごい良くて、中年の夫婦がマンネリ打破のために人里離れた別荘に
>>続きを読む

ニューヨーク・ドール(2005年製作の映画)

4.0

これもなかなか観るに忍びないロキュメンタリーです。

金髪のハゲたおじさん、アーサー・ケーンさんは、モルモン教のファミリー・センターの図書館で働いています。図書館に何台かあるコピー機にちゃんと紙が入っ
>>続きを読む

Eighth Grade(原題)(2018年製作の映画)

2.0

アメリカの学年って未だに良くわからなくて、Eighth grade ってのは、13歳だとDVDのメイキングでは言われていたが、多分14、5歳じゃないかなあ。来年からHigh School って言ってい>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

2.5

最初はすっごい面白い話だ!と思った。

エヴァというアンドロイドは、確かに必見!とても興味深い。動きとか音とか、私のような素人が想像できる、しかし、もっと想像力のある人が提示してくれる「なるほど〜」感
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

1.5

すごいガッカリ。全然面白くなかった。『ブラック・パンサー』で忙しくて、監督、脚本をできなかったライアン・クーグラーの代わりに、スタローンが脚本をやったのが原因だと思った。

だって、話がまるで『ロッキ
>>続きを読む

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち(2009年製作の映画)

3.5

「有象無象のメタルバンドの本当の末路」を赤裸々に曝け出すドキュメンタリーで、2008年にリリースされた時すごい評価高かったのは、リアリティが半端なかったからだと思う。

バンドのドキュメンタリーって言
>>続きを読む

Worried About the Boy(原題)(2010年製作の映画)

5.0

伝記映画は、事実と異なるのは承知の上で、私はこの映画好きですね。主人公の「自分は誰からも愛されないかも」って思いが心に刺さる。ダグラス・ブースはそんなボーイ・ジョージを熱演したと思う。

この映画で描
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.0

子供の時、この映画と『オーメン』がめったくそ怖かった記憶があるが、今回観て「なーんだ」って思った。そりゃあいい加減、この映画有名すぎて、だいたいこんな感じってわかって観ちゃうから、しょうがないと思う。>>続きを読む

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

2.5

DVDのジャケが(笑)。見てもどんな話なのか全く想像できない!ブログに上げたので興味があったら見てください。

この映画は、内容を知らないで観た方が面白いと思います。シャラメ・ファンは必見!!

シャ
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.5

この映画は、車を運転している中年女性が突然車を止め、のんびりと草を食んでいたロバをピストルで撃ち殺すシーンから始まります。

このシーンがとてもリアルで、どうやって撮影したのかをググったのですが、うま
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

5.0

素晴らしく独創的な『デューン/砂の惑星』のリメイクを、すげーつまらなかった『ブレード・ランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督がリメイクするのかよ!とガッカリしていたのですが、他の映画ファンの方か>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

3.0

コレを観て一体何が学べるのだろうか?きちんと真実を追求しようとしたジャーナリストもいた、ということ?そういうジャーナリストはいたし、彼らはそれを記事にすることを阻止されたわけではない。それでも政府の嘘>>続きを読む

砂の惑星(1984年製作の映画)

4.5

イルーラン姫のオープニング・モノローグが異常に長く、そんなに色々説明されても全く咀嚼できないのですが、そこで諦めないで欲しい!すぐに「スパイス」で充満した水槽に入ったギルド・ナビゲーターが出てきて、『>>続きを読む

Vox Lux(原題)(2018年製作の映画)

1.5

ナタリー・ポートマンのプロヴォカティヴなポスターから受ける印象で観たい!と思ったのですが、肩透かしを食いました。

ポップ界のスーパースターとなるセレステは、14歳の時に学校で起きた乱射事件で重傷を負
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.5

こういうジイさんを演じさせたら、クリントの右に出る者はいませんね〜!

刺青バリバリでマシンガン持っているメキシカンのおにーちゃんがいるような場所で、銃口を向けられているのに、

「俺は前線に出たこと
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.5

アカデミー脚色賞、主題歌賞、衣装デザイン賞にノミネートされていながら全く話題にならなかった作品ですが、なんとネットフリックス配給だったのですね。完全に『ROMA / ローマ』の陰に隠れてしまいました。>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.5

アダム・マッケィ監督は昔、サタデー・ナイト・ライブという番組のコントを書いているライターだったのですが、ジョージ・W・ブッシュは、そもそもが冗談みたいな大統領だったので、政治的な風刺が得意なサタデー・>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

2.0

「史実を正確に描いていて勉強になるというわけでもないし、かと言ってストーリーや登場人物が興味深いわけでもないし、あんまり価値のない映画」「スコットランドの歴史を学んでいる学生たちは、一国の運命がク⭐️>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.0

日本にいるときも、アメリカに移住してからも、黒人の人たちは、職場やコンサート、アートギャラリーなんかでは親しくなれても、パーソナルなレベルで交流することがなかなか難しかった。文化が違いすぎる感じがすご>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.5

始まって5分くらいでもう言いたいことがたくさんある・・・・水の中で呼吸できても陸で水吐くのか?・・・あのウロコは着脱可能なのか?・・・熱いお茶あんなゴクゴク飲めるのか?・・・英語喋るの?!・・・あれ?>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

4.0

無機質で幻想的な月の映像が、映画の雰囲気を体現していてスゴイいいです。ぜひ暗い部屋で観て欲しい!あの映像から得られる閉塞感が、この映画のトーンを決定づけていると思うので、それがないとこの映画の面白さが>>続きを読む