なさんの映画レビュー・感想・評価

な

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

3.5

去年行って大好きになったヴェローナが舞台❤️シエナも少しだけど映っていろいろノスタルジー

ジュリエットの秘書の仕事やりたい私も
自分の好きなことだけして生きられたらどんなに良いことか

個人的にはソ
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

4.4

この時期のじゅりろばが一番すきー!!
かわいいかわいいかわいい

エリンの脆さが見え隠れするシーンが好き。
けど対照的に気丈に振る舞って自分のboundaries を大切にするエリンも好き。

エリン
>>続きを読む

モロッコ、彼女たちの朝(2019年製作の映画)

4.3

同じ女性として、見放せないわよね。
私でも泊めちゃうと思う。

絆を深めていく様子はみてて心地よかった。
けどエンディングがひたすらしんどいし長い、延々と続くように感じられる。

まじで名誉殺人なんて
>>続きを読む

グッドナイト・ムーン(1998年製作の映画)

3.5

この髪型のじゅりろば可愛い🥰

なんかすごい構えちゃったけどサッドエンドじゃなくて良かった

リトル・パレスティナ(2021年製作の映画)

-

ドキュメンタリーだから当然なんだけど、
これが現実だし全世界が目を耳全開で鑑賞しなきゃいけない映画。

ひたすらにむごい。
他の人間にこんな仕打ちをできることが。
アサドもネタニヤフと結局同じ人種

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

3.4

You are the author of your own stories.

フェリックスのキャラが好きすぎる笑
展開はラブファンタジーあるある

認知症の人って別の時間軸にいるんだろうなって思う
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

3.9

途中まで単なるクライムストーリーかと思ってたけどさ、登場人物の男全員ミソジニーの権化みたいな奴らで面白い
全員なにかしらの形態のミソジニーを抱えてる

だから何が言いたいって、彼女たちは悪くない。
>>続きを読む

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.8

アラン・ドロンかっこいい、、、
人殺しでもイケメンはイケメン。

財産、名誉、女性を順に奪っていくのえぐい

そしてディテールが良い。
2度目の殺人では鏡の前で彼を真似た時の服を着て、マルジュと寝た後
>>続きを読む

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

4.6

キャンベル校長、ハリポタのピンクばばあじゃん!嫌な先生が似合うこと

と思ったのが映画の最初の印象でしたが。

今まで観ていなかったことを後悔するくらい良かった、というか単に私好みの実話ベースのサクセ
>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

3.4

綺麗な映画

ぜんぶ綺麗にまとまってるけど
失った11年間取り戻すのが大変だけどどうするよって考えてしまうリアリストな自分にはぬるかったっす

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

3.8

時間は止まってくれないし、
過去の、あの頃のなにかが恋しいあまりに今あるものを手放したり大切にしなかったり
人間そんなもんか
気づいたもん勝ちじゃんねそんなの

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.4

ケイト・ハドソンかわいいいい
泥んこになるシーンと黄色いドレスお披露目シーンがすき。
最後の橋でのシーンはCheesyすぎてちょっとむり。

内容はバリモア姐さん主演の『25年目のキス』とトルコ映画の
>>続きを読む

アーサーと魔王マルタザールの逆襲(2009年製作の映画)

3.2

イギリスが舞台の冒険系の映画、大体フレディ・ハイモア出てくる説提唱させて

ネバーランド(2004年製作の映画)

4.6

ジョニーデップのアイリッシュ訛りが聞ける。
そしてケイトウィンスレットは言うまでもなく綺麗
こういう、名作の誕生秘話みたいな映画大好き

きっとジェームズは、ありふれた日常でインスピレーションを求める
>>続きを読む

マルコムX(1992年製作の映画)

4.3

マルコムXの伝記映画。
デンゼル・ワシントン、役に当てはまりすぎてる。
アメリカ社会における不平等・不公正がいかに世代間連鎖するか、いかに奴隷制廃止後も制度的差別は水面化で潜み続けてきたか、よく分かる
>>続きを読む

OSLO / オスロ(2021年製作の映画)

3.3

パレスチナとイスラエルが一瞬だけ共存するように思えたオスロ合意。
その裏にこんな裏外交があったのね。

映画としてはまあまあ臨場感もあって良き

“Because that’s what Americ
>>続きを読む

ソウォン 願い(2013年製作の映画)

4.4

『7番房の奇跡』
『トガニ』
を観た時と同じ。トリガーになる場面からエンドロールまで泣きっぱなし

登場人物のキャラクターとしては、
パパさんがすごくいい。娘とまた話せるようになるための努力が私の涙腺
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

4.0

はらわたが煮えたぎる結末
元夫許せないクソ野郎すぎる

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.9

見え隠れするドイツ人のトルコ系に対する差別が特に印象的。

こういうCriminal Justice 系の映画で、歴史教育の教材にもなる映画、もっと創ってほしい。

あー日本と同じでドイツでもやっぱり
>>続きを読む

ケイト・レディが完璧な理由(2011年製作の映画)

3.9

アリソンのキャラクターがとっても好き

女性活躍推進だなんだとか男女平等は達成されたとか言われてるけど
ほんとにそうかにゃ????
って考えさせてくれる映画。

SJPが主演で、舞台もニューヨークがで
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.5

ただのスケボードキュメンタリーじゃない

最初はみんなピーターパン症候群かと思ったけど、それぞれの成長の過程とか生き様とか葛藤を何年も先まで追ってて、ザックとか特に救いようがないやつも含め、観終わる頃
>>続きを読む

マイ・ニューヨーク・ダイアリー(2020年製作の映画)

3.7

Catcher in the rye 読んでて良かった。
ファンレターを書く人たちの気持ちがわかる。
よってジョアンナの心情も理解できる。
サリンジャーいいひとそう。


てかカールしか勝たんよジョー
>>続きを読む

パピチャ 未来へのランウェイ(2019年製作の映画)

4.6

これが実話だと思いたくない

アルジェリアといえばカダフィとフランスによるジェノサイドの印象しかなくて恐縮だったけど、女性たちが自由を謳歌してた時代もあるんだね。

フェミニスト映画と言われればそうか
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.0

なんか1ヶ月そこらでリスト全部達成しちゃってるけどこの子。
人生そんな上手くいかねーよばーか!
なんて思ったり思わなかったり。

先生きもい

セックス・アンド・ザ・シティ2(2010年製作の映画)

3.4

すんごいオリエンタリズム満開の映画
ムスリム女性の描き方と彼女たちに対する4人の眼差しがいやだ。
ハリウッドって感じで吐き気がする

現代人が生きづらいのかもしれないけど、SATCは始まった当初からコ
>>続きを読む

関心領域(2023年製作の映画)

4.0

「洗脳されてたから」
「政府のユダヤ人虐殺政策のもと、半ば強制されていたから」
そんな性善説ばかり聞くけど、
この映画をみるとむしろ主体的に無関心を選んでいた特権階級の様相が分かる。

今の私たちと、
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.4

不正義が罷り通ってる世の中で、善人が悪人に仕立てあげられるその構図が苦しくて苦しくて途中で観るのをやめてしまっていた作品。
いつから正しいことをして咎められる人間不信な世の中になったのか
ああ人二倍感
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

4.7

これ、主役2人いるよね。
オッペンハイマーと、、、、

白黒のシーンと、カラーのシーンの区別がつけられたら余計面白くなる

3時間フル集中で観るのが久々しんどくなかった。見て良かった〜

FLEE フリー(2021年製作の映画)

3.8

祖国を離れなければならない事情が、
米ソ冷戦構造に巻き込まれ命を落とした人が多すぎることが、
家族が離散してしまうことが、
一筋縄ではいかない移住への道が。
定住を目的として国境を越えて移動する人に厳
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

3.8

死体を掘り起こす映像、今まで観たドキュメンタリー映画の中で一番生々しかった

大切な人を亡くして、嫌悪と恨みを抱えて、復讐という夢を胸に誓って成長する子どもたち。例え形式的な戦争が終わっても、そこに平
>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.8

戦争の火種をつくるのはいつだって男。

どんな時でも美しくいたい女性の生命力に幸あれ。

会話が多いし後半まじカオスになるまで集中力続かないんじゃ、、、と思いきや余裕でみれたっす

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.0

猫たちを愛でるがためだけにトルコに行きたい。
みんな個性あるのかわいい

スペースマン(2024年製作の映画)

2.8

謎すぎ〜

はぬーしゅ可愛い愛着湧く
けど消える瞬間のシーンは視覚的にしんどいものがある

アダム・サンドラー好きだったけどシオニストだからいやになった٩( ᐛ )و
キャリー・マリガンの演技はとって
>>続きを読む