Narinさんの映画レビュー・感想・評価

Narin

Narin

映画(410)
ドラマ(42)

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.6

ありきたりな自伝映画だけれど、2pac完全に初心者で全く知らなかったので、開拓できた嬉しさでいっぱいでした。

亡くなり方が悲しいけど。

“Thug life”

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

CGがすごい

ハリポタファンにはたまらない

エズラミラーイケメン

次回も楽しみ!

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

相変わらずの、続きを匂わせるエンドロールがたまらない。興奮が冷めない。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.2

Call me by your nameを観てから、一気にこの手の映画に魅せられるようになってしまった。

幼い頃から、異性愛が全ての前提に置かれたような環境で育つオスカー。父子家庭であることや学校で
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

見たの1ヶ月以上前なのにずっとレビューしてなかった。。。

なぜこの映画が称賛されるのか、見ないとわからない。ジョーカーの性悪説を信じたかったら、見るべきじゃない。
ダークナイトでのジョーカーの虐待に
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

途中眠くなったけども、けども、

エンディングで「ええええええ」

ってなる

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.7

ストーリーも、主人公を演じたジェシーも、人間関係も、めちゃくちゃマンハッタンと重なった。。。

マンハッタンがあまり好きじゃなかったからか、後半の主人公にも好感をもてなかったというか映画全体に感情移入
>>続きを読む

ビーイング・チャーリー(2015年製作の映画)

3.8

Filmarksを始めて400本目の映画は大好きなニック・ロビンソン出演作品で!

薬物中毒の18歳を演じたニックロビンソンが役にはまってたし、めちゃくちゃかっこよかった...最後の笑顔に完全にやられ
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

2.8

アメリが可愛いに尽きる。
服装も、映画全体の世界観や色使いも。

内容が薄っぺらく感じてしまい、観ていて飽きてしまったのは内緒です。

エブリシング(2017年製作の映画)

4.3

物足りないって言われるけど、Five feet apartとニコラス・スパークス作品の中間的な感じで、女の子としてキュンキュンを求めていた最近の私にはもってこいの作品でした(笑)

現実にはオリーほど
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.9

不気味というかなんというか。

授業で鑑賞しました。ホラー映画だけど、ホテルの内装がネイティブアメリカンスタイルだったり、最初の、一本道を車が走るのを上空から撮ったシーンは、自然豊かな先住民の土地に侵
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.7

マーベルシリーズを見始めた時とか、エンドゲームにたどり着くまでに寄り道をしてDC作品のバットマンを見た時とか、なんかずっとしっくり来なくて、観ていて退屈する作品もあったけれど。

けれど、エンドゲーム
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.8

あかん、、、最高。

学生として、女性として、フェミニズムに強く関心がある今、マーベルに女性ヒーローがいて、しかもこういうエンパワメントの要素が強い作品であることがとても嬉しい。

演じているのがブリ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.4

最高!!

マーベルの中ではガーディアンズと同じくらい好きで、笑えて、飽きない作品。

エンドゲームに向けて量子世界、これから大事になってくるので、要チェックです。

好きだった君へのラブレター(2018年製作の映画)

4.0

最高に可愛い話。

ノアセンティネオに惚れるし、ヒロインの女の子も可愛い、服装もすごい可愛い。

ストーリーも、えええ、って驚いちゃう話だけど、あまりにも2人がキュートなカップルに見えてしまうので応援
>>続きを読む

パリ、夜は眠らない。(1990年製作の映画)

3.7

授業で鑑賞。

家を出て、トランスジェンダーとして生活し、数少ない方法で生計をたてる彼女らは、側から見たら非行少年だったりするけど、なりたい自分になってステージ上で輝く姿は本当に美しかった。

うーん
>>続きを読む

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

1.0

意味不明、全く好きじゃない、不気味な映画。
もったいぶりすぎ、長い。

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.3

かなり変わったSF映画。
デッカードもレプリカントなのか?

マンハッタン(1979年製作の映画)

3.0

ニューヨークの街を舞台にした、ドロドロめの白黒恋愛映画。
街全体が輝いているように見えて、ときめきがあった。

内容は、人間ってだめだなあ、結局自己中心的だなあと思わされる。ウディアレン演じる主人公が
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.2

ジョーカーを観る前にタイミングよく授業で鑑賞。

これ主人公がベトナム戦争にいた軍人で、PTSD持ってるとかそういう知識ちゃんと入れとかないとただのサイコパスにしか思えない。

売買春やドラッグ、犯罪
>>続きを読む

パーフェクト・デート(2019年製作の映画)

3.5

全体的にハイスクール・ミュージカル2と話の展開とか人間関係とかかなり類似していて、読めてしまったけれど、ノア・センティネオ演じる主人公のユーモアのクスッと笑ってしまうシーンが多くて、HSMよりも、SN>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.2

やっぱりバットマン面白い!最高!マーベルごめん!!

けれど個人的には結局ダークナイトが至極すきでした。

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.8

ザ・Netflixって感じ。笑

主人公たちが出会う人たちがそれぞれ問題や目標をもっていて、それと向き合っていくプロセスを描いてる。ありきたりだし、何かの映画に雰囲気が似ているけれど、思い出せない..
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.3

ダークナイトの「ナイト」ってそっちね!!激アツ!!!

映画『ジョーカー』の公開で、ずっと気になっていたバットマンシリーズを初めて見ているわけだけど、なにがこれほどまでにクレイジーな犯罪者、ジョーカー
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

4.3

小さい頃から何度も見た。
スパイダーマンになる過程で、へなちょこピーターが次第に真のスーパーヒーローになっていくのが感動的だし、刺激的。

見すぎて悪役を演じたウィレム・デフォーが苦手になった(笑)

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

ほかのマーベルシリーズに比べてぽんぽん軽く話が進んでいく感じ。

ほかの作品の知識がなくても観れる。

スパイダーマンリメイクするのはいいけど叔母さん若年化しすぎて(笑)
オリジナルに勝るスパイダーマ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.4

視覚的に翻弄されまくり!

CGとか呪術とかスピリチュアルなものがたくさんつまってて集中力を要する(笑)

>|