夕暮れの代弁者さんの映画レビュー・感想・評価

夕暮れの代弁者

夕暮れの代弁者

地球征服アパート物語(2010年製作の映画)

3.2

途中迄はかなり面白かったんだけど、オチが嫌だった。

学校の怪談 呪いの言霊(2014年製作の映画)

3.0

学校の怪談シリーズらしいが、別物。

いかにもアイドルホラーな感じだが、ストーリーは割と凝っているんだけど纏め方が下手。

3つの時間軸が交わる展開で、過去に起きた悲劇の真実が徐々に明らかになって行く
>>続きを読む

カオス(2000年製作の映画)

3.4

中盤まではかなり面白かった。

ラストにもうひと展開有れば良かったかなぁ。

目まぐるしく変わる展開や、結末は正にカオスと云った処か。

中谷美紀さんの色気が凄い。

うずまき(2000年製作の映画)

2.7

伊藤潤二ファンなんだけど、うずまきに関してはイマイチハマらなくて、持ってるけど1度しか読んでないんだよな。

なので内容覚えてなかったけど、あぁ、こんな感じだったなぁーと云った感じ。

設定や世界観は
>>続きを読む

千里眼(2000年製作の映画)

2.8

面白い部分も沢山有るんだけど、スケールが大き過ぎてチープに見えるのがね。

勿論緑の猿を追うと云う大筋が有るのだけれど、手掛かりが全然無いので中盤ダレる。

かと思ったら終盤で一気に露見するし。

>>続きを読む

双生児 GEMINI(1999年製作の映画)

3.4

本木さんとりょうさんの演技合戦が見物。

全体的に静かな作品だが、貧民窟での演出は塚本イズムを感じた。

無知や想像力の欠如から来る差別意識を扱った作品でも有った。

さまよう小指(2014年製作の映画)

3.1

前半は結構好きだけど、復讐パートの劣化版井口昇みたいな展開はちょっと…

もう少しはっちゃけるか、ゴア描写多めにしてくれたら笑えたのになぁ、惜しいなぁ。

我妻三輪子さんの食べてたカップ麺が気になる。
>>続きを読む

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪奇伝・魔笛エロイムエッサイム(1987年製作の映画)

3.2

悪魔くんとメフィストの使い方が…
全然活躍しねーじゃん。

若村麻由美さんが綺麗。

砂かけばばあがオジサンだし、猫娘も出て来ない。
鬼太郎メンバーに女は要らないってか?

妖怪メンタム!

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星(2011年製作の映画)

3.5

2021年980本目9月80本目。

シャンバラや実写版までも観ていたのに、何故か唯一観てなかった本作。

確かに別物感は有るけど、映画として純粋に面白かった。

しかし鋼の錬金術師として観るとマスタ
>>続きを読む

デスビリヤード(2013年製作の映画)

3.3

デスビリヤードは「命を賭けて」行うゲーム。

エイトボールで無くメビウスボール。

龍 RYO(2013年製作の映画)

2.8

クオリティは高いけど、特筆する様な魅力は無いかな。

マルドゥック・スクランブル 排気(2012年製作の映画)

3.5

3部作の完結編。

思ったよりもコンパクトなストーリーだったけど、やっぱりカジノ編は面白かった。

裁判シーンも全カットで収束がやや駆け足だった感じがする。

マルドゥック・スクランブル 燃焼(2011年製作の映画)

3.4

前作のサイバーパンクな世界観からガラリと雰囲気が変わる2作目。

美しい箱庭のエデン「楽園」でシェルの記憶が自身が経営するカジノの高額チップに隠されている事を知り、カジノへ赴く話。

まさかのフィンガ
>>続きを読む

マルドゥック・スクランブル 圧縮(2010年製作の映画)

3.3

3部作の導入部分なのでまだまだ全容は見えて来ないが、世界観は面白い。

テーマは「武器そのものの存在意義と、それを使う事の意味」らしく、それ故に生まれたのがウフコックと云うキャラクターなのは非常に興味
>>続きを読む

青鬼 THE ANIMATION(2017年製作の映画)

3.2

原作未プレイ、実写映画は2本共視聴済み。

原作がどう云う話なのかは知らないので、実写映画版の知識しか無いのだけど今作はストーリーがしっかりしていて楽しめた。

それでもVTuberみたいなCGの安っ
>>続きを読む

カクレンボ(2005年製作の映画)

2.8

台詞の聞き取り辛さが気になる。

雰囲気は良かった。

BLOOD THE LAST VAMPIRE(2000年製作の映画)

3.5

中学以来およそ20年振りの観賞。

作画が半端じゃ無く、20年以上前の作品と思えない程。
これだけでも観る価値有り。

ストーリーはコンパクトながら見所の多い映画。

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.8

2021年970本目9月70本目。

3DCGのバトルシーンがよりスピーディーになって迫力満点の劇場版20作目。

ただ何かゲーム画面観てるみたいだったかなぁ。

超は観てないので、前後関係は分からな
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年製作の映画)

3.3

悪くは無いのだけど、あのフリーザが復活!と云う期待値に内容が追い付いていない。

産まれて此方トレーニングした事ないフリーザがトレーニングして強くなるってのは如何にもドラゴンボール的で良いんだけど、劇
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

3.7

およそ17年ぶりの劇場版新作。

3DCGを取り入れた事によって、バトルシーンの迫力はかつて無い程に。

魔人ブウ編から4年後の話らしいが、悟天&トランクスが妙に幼かったりピラフ一味が子供になっていた
>>続きを読む

ドラゴンボール 最強への道(1996年製作の映画)

3.3

当時はリメイクと云う概念が分からなくて、あれ?これ新作だよな?どう云う事?って戸惑った記憶。

ハイクオリティで描かれる初期ドラゴンボールワールドに胸アツ。

興行的には無理かも知れないけど、このまま
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(1995年製作の映画)

3.5

幻魔人ヒルデガーンとの死闘を描くシリーズ16作目。

オルゴールに封印された勇者タピオンを解放した事により、幻魔人ヒルデガーンまで蘇らせてしまう話。

ヒルデガーンのデビルガンダム的なデザインや、「勇
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(1995年製作の映画)

3.5

かなりコミカルな作りの劇場15作目。

長らく御飯や悟天、トランクスに主役の座を明け渡していた悟空の久々の劇場版主役作品で、ベジータも実に3作ぶりの登場。

ベジットとはまた一味違ったゴジータが観られ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(1994年製作の映画)

3.4

祈祷師こっちにも出てたのか、どうりで印象に残ってる訳だ。

良くも悪くもドラゴンボールっぽく無いシナリオ。

倒し方もいつものドラゴンボールじゃ絶対上手く行かないパターンだけど大成功する。

登場キャ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年製作の映画)

3.4

祈祷師がかなり印象に残ってた。
この作品に出てたのかぁ。

目覚めたブロリーと戦うだけの話で、前作に比べるとストーリー的な面白みは薄い。

登場人物もかなり絞られていて、むしろクリリンが何で来たのか分
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!! ぶっちぎりの凄い奴(1993年製作の映画)

3.3

三大超サイヤ人から龍拳まで毎回劇場に観に行ってたけど、何でかは分からないがその中で一番印象深い作品。

悟空から御飯へ世代交代を強く意識させていた頃の映画ってのも有るのかも。

この頃はマジで御飯に主
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年製作の映画)

3.6

その後幾度と無く登場するブロリーの初登場作品。

圧倒的な強さを見せるブロリーと、またもメンタルの弱さを露呈するベジータ。

亀仙人も相変わらずの活躍ぶり。

一人用のポットでか?が好き。

ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(1992年製作の映画)

3.4

2021年960本目9月60本目。

恐らく人生で初めて映画館で観た映画。

ドクター・ゲロの残した人造人間13、14、15号と未来トランクスが登場。

冒頭の人造人間襲来シーンのコミカルさから激しい
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(1992年製作の映画)

3.3

ベジータ初登場となる劇場版9作目。

前作で倒したはずのクウラがメタルクウラとして復活し、再び悟空達の前に立ちはだかる。

久々に亀仙人の(ある意味)見せ場が有って良い。

折角ベジータ出て来たのに余
>>続きを読む

ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年製作の映画)

3.5

劇場版オリジナルキャラで、フリーザ様の兄クウラ様初登場作品。

クウラ様の最終形態が子供心にカッコよくて痺れたなー。

ストーリー展開も面白く、導入部分も長過ぎないので劇場版の中でも完成度が高い。
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(1991年製作の映画)

3.1

地球まるごと超決戦や今作は子供の頃風邪で学校休んでる時に母親がビデオ借りて来てくれて観た記憶。

アバンが無く、いきなりOPから始まる珍しい作品。

スラッグと云う魅力的なキャラを、何だか勿体無い使い
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(1990年製作の映画)

3.1

最後はやっぱり元気玉な、この頃の作品が好きだなー。

ただターレス戦がアッサリし過ぎててビックリした。
導入部分が丁寧過ぎて尺が足りなかったのか?

ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ(1990年製作の映画)

3.4

今作は界王様との修行後の話なので、界王拳や元気玉が登場。

界王拳は10倍のイメージが強いので、こんなに刻んで使ってたっけ?と云う感じ。

サイバイマン的なキャラや、前作同様部下の3人が食べ物関連なの
>>続きを読む

ドラゴンボールZ(1989年製作の映画)

3.3

小学生以来の鑑賞だから全然覚えて無かったけど、あんな結末だったのか。

神の座を争い敗れた父の仇をとる為に永遠の命を得たガーリックJr.だったが…

ご飯の潜在能力の高さを感じさせる作品。

うな重食
>>続きを読む

ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険(1988年製作の映画)

3.4

かなりギュってしてるけど上手く纏まっているし、ちゃんと面白い。

やっぱアラレちゃん最強。

>|