アガサ

アガサ

すきなものだけをみています。
星はつけられないのでつけません。

銀魂(2017年製作の映画)

-

原作未読なのでまっさらな気持ちで観ました。二朗さんが完全に二朗さんでしかなくてたのしかったです。
あと、テレビチャンピオン好きなので、まさかの女帝出演に笑いがとまりませんでした。「アミじゃくしカンカン
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-

観終わった時、「絶対に殺すという強い意思がすごい」と思ったんですけど、そんな普段の生活ではまず使うことのない「絶対に殺すという強い意思」なんていうパワーワードを片田舎の主婦に思い浮かばせているだけで、>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

-

魔法のほうきがわんさか出てくる映画なのに、空を飛ぶシーンがここまでワクワクしないとは…。逆にすごい。
原作のたのしいところをいちいち微妙なアレンジで台無しにしているところもすごい。
ひたすらかなしい。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

-

血と土埃と脳漿が舞い散る地獄から光指す天国へと運ばれて行く主人公 …なんていう宗教色の強いシーンもあったものの、そこまで神様バンザイ映画という感じでもなかった気がする。
これは信仰の勝利ではなく、信
>>続きを読む

タイムループ 7回殺された男(2016年製作の映画)

-

謎の男が謎の男たちに狙われ、殺されるたびまた同じ場所で目覚める、の繰り返しなのでてっきりSFの方向で頑張るのかと思ったらとことん内省的なお話しだったでござる。

過去も未来も持たない人殺しだけの日々に
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

-

数十年ぶりに再会した友人はサイコ野郎でした… と思わせておいてからのむなくそ展開! とても真面目でとてもイヤ~な気持ちにさせてくれる良作でした。


以下ネタバレ

人は過去を忘れるけど過去は人を忘
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

-

「フロドの旦那、“じゅう”ですだ!くにのとっつぁんに見せてやりてえなぁ!」って心の中のサムが叫ぶオープニング超さいこう。

あとは…まあ…その…そうですね…主人公が思いの外ゴリラでした。いいゴリラでし
>>続きを読む

こどもつかい(2017年製作の映画)

-

超問題作。みんな観る前から問題に薄々感づいちゃってるので観に行ってないんじゃないかと思うぐらい問題作。観ればいい。観て震える肩を抱きしめ合おうじゃないか。
どこでもマントや万能にゃんこパーツなど魅力的
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

-

すごくよかった。
めちゃ良くできているオープニングから、年代を忠実に再現した美術、撮影機材を使い分けた映像や、心をざわめかせる音楽の使い方など、細かいところまでこだわっているのが伝わってくる。
それぞ
>>続きを読む

殺人の告白(2012年製作の映画)

-

レンタル店の「アクション」棚に置いてあったのを見た時はなにかの間違いではないかと思ったけど間違いじゃなかった!「ちょっと今それそんなテンションでやります?」って思うぐらいアクションだった!ドロップキッ>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

これはいいテルマ&ルイーズですね!


おっさんたちの変態読み聞かせ部屋が滑稽すぎて笑うしかない。(女の子のことを思うとぜんぜん笑えないけども)
害虫G入りのおにぎりシーンがトラウマです。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

-

銃を撃っても簡単に命中しない。逃走中の犯人と偶然すれ違ったりしない。顔認証がヒットしない。刑事の勘が捜査を解決に導かない。
アクション映画でマヒした心に冷水を浴びせるごとき歯がゆい展開の連続から、自分
>>続きを読む

4 FOUR(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

嫁を人間扱いせず自分の所有物としか見ていなかったクズ夫がそれなりの目に遭う話。
ひねりは用意されているけれど驚くほどのものではなく、映画ネタを取り入れてはみたけれどシャレてもおらず、ぼんやりとした気持
>>続きを読む

さよなら歌舞伎町(2015年製作の映画)

-

すごく狭いお話。この世界にラブホはここ一軒しかないのか。野暮だとは思いつつも、そんな風に気が散ってしまう。
演技が優れた役者さんが多いだけに、あっちゃんの浮き具合がせつない。もっとうわべをかなぐり捨
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

見方の違いや言葉の足りなさや勝手な気遣いから生まれた誤解が、呪縛のように人々を縛り付けていたとある漁村が、日の当たる場所を取り戻すお話。

とにかくやさしい作品。

心の中のモヤモヤを素直に吐き出せな
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

-

学生の頃、友達と夢中で話していたあの放課後の数時間は、人生においてすごく重要だったのかもしれない。すごくしょうもない、という意味で。
なぜなら、人生にはしょうもなさが必要で、たわいもないやりとりやガチ
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

-

最前列で見てるジョン・リスゴーのキョトン顔かわいい!

普段は目立たないけど実は有能系ヒーローに、またひとりすごいやつが加わってしまった。
アクションのハラハラ感と家族愛の心温まり感と初恋のときめき感
>>続きを読む

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

-

「美しく」あろうとしない主人公の体を張ったアクションは好感がもてる(ヒロインの髪すら乱れないようなホラーもあるので)ものの、全体的にとにかく退屈。私有地に侵入するまでだけなら楽しく観られました。

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

-

学生の時以来、20数年ぶりにスクリーンで観賞。やっぱりテレビの画面で観るのとは、迫力も緊張感も感動も桁違い。そしてテーマ曲が流れるだけで涙腺決壊。最高!

ボーダーライン(2015年製作の映画)

-

「悪い人」(悪徳警官や麻薬の運び屋や売人や元締め)には家族がいることが描かれ、「いい人」(捜査官)は独り身であることが示唆される。
悪を取り締まるはずの「いい人」が法を無視し銃を撃ちまくり、凶悪な犯罪
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

-

豪華キャストを集め作られた超気合いの入った大作映画で、木村さんに堂々「ちょまてよ」を言わせられるのは三池監督だけ!
だるい部分とのれる部分の比率が微妙に前者よりだったけれど、木村さんが思ったより色っぽ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

・マカボイすごい!シャマランすごい!一歩間違えたら鼻白みそうな「多重人格」をここまでかんぺきに演じきるのも、一瞬先の展開もわからない緊迫感に満ちた演出もホントに見事。

・なに不自由なく、愛を注がれし
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

-

原作は面白くなさすぎてゲンナリしたけれど、この映画はすごくいい塩梅に高慢と偏見とゾンビが調和していてよかった。というか高慢と偏見部分はよかった。むしろ高慢と偏見部分がよかった。サム・ライリーさんのダー>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

観たかったアクション、聴きたかった音楽、酔いたかった友情、ほしかった萌えがすべてここにある…!
それにしてもグルートちゃんかわいいね…もうあざとくてもなんでもいいよ…肩にのせたい…

追憶(2017年製作の映画)

-

真犯人の判明のしかたと動機の明らかにされかたが斬新というか雑というか、「ここサックリでいいから」という作り手の思いが伝わりすぎてビックリした。いや、サックリじゃアカンやろ。
コップの「能登魂」がちゃ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

-

まさか「美女と野獣」のガストンを観て「キングコング」のサミュエル兄貴を思い起こすことがあろうとは…!戦争!血飛沫!未亡人!

美しい映像も達者な俳優(声優)陣も新たに加えられた楽曲も申し分なし。ガスト
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

-

隣の席のおじいさんが身を乗り出すだけではおさまらず、前の席の背もたれにしがみついていたほどの大迫力人災映画。
マーク・ウォルバーグと共に泥をかぶり、熱風にさらされ、飛び交うネジや機器の破片をかわし、炎
>>続きを読む