Aikaさんの映画レビュー・感想・評価

Aika

Aika

ミュージカルが大好き♡︎( ´ ` )でも何でも観る雑食。日々のゆるい鑑賞記録です。
Sep,2015 filmarks開始。それ以前に観たものはMarkのみしてます。

#a_musical
#a_music×movie
#a_dance×movie

映画(1386)
ドラマ(2)

ラッカは静かに虐殺されている(2017年製作の映画)

-

シリアの街を過激思考と武力で制圧していたイスラム国(IS)
その現状を本当の姿を伝えたいと立ち上がった市民ジャーナリスト集団「RBSS(Raqqa is Being Slaughtered Silen
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.1

これは問題作だなぁ…

ひとときも気が休まる時などなく、ひたすら緊張感と共にあった2時間。
何だかとても喉が渇いて、何度もマグカップに手が伸びた。

懐かしいオルガンとメトロノームの音が耳から離れない
>>続きを読む

ビーン(1997年製作の映画)

3.8

NHKの深夜で密かにやってたときから大好き♡
母は下品だからと好まなかったので、父に録画してもらってこっそりふたりで観てた思い出。
お小遣いを貯めて、テディのキーホルダーも買ったなぁ(´∀`*)

>>続きを読む

ディス/コネクト(2012年製作の映画)

3.6

いつも側にいるからこそ言えないこともある
家族って近いけどたまにとても遠い存在
だから私たちは今日もSNSを開く
ねぇ
私の僕の
話を聞いて?

SNSで誰とでも気軽に繋がれる時代。
孤独を埋めるため
>>続きを読む

モア(1969年製作の映画)

3.4

ドイツ人青年が一目惚れした彼女は、ドラッグに浸りながら空虚感に満ちた生活を送っていた。

ふたりは日常を飛び出し、空と海の境界線がわからなくなるほどブルーに囲まれたイビサ島で暮らし始める。

セックス
>>続きを読む

ミッドナイト・ミート・トレイン(2008年製作の映画)

2.3

真夜中肉肉肉電車!!

絶対やめておいた方がいいのに、なんせこのタイトルが心を捉えて離さなかったのです。

なんと日本の監督の作品でした。初のハリウッド進出作ということ。
そしてまさかのブラッドリー・
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

80年代に全力でバック走行!

めちゃくちゃおもしろかった!!!
私は語彙力がないので何でもおもしろ〜いとつい言っちゃうんだけど、おもしろいという言葉はこういう作品のために今後は取っておきたい。

8
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

2.2

シリーズ第3弾。

始まって30分は耐えた。
頭部の怪しい彼(推定32)が高校生だと言われても、その制服姿がコスプレでしかなくても。

もしや先生役?(柴田理恵)
もしや銭湯で会っちゃうやつ?(曙)
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

3.6

性(さが)に囚われ性(せい)の深みに落ちる。
全く前情報を入れずに観た方がよい作品。

前半はIRAの男と人質になった黒人兵士の垣根を超えた友情物語。
中盤からはガラッと変わり恋愛ストーリーが中心にな
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.8

3人の女性を繋ぎ苦しめたのは、女性として妻としてあるべき姿というくだらない概念。

お酒に逃げ、男に逃げ、子供に逃げて。
気持ちはわからなくはないけど、今の時代女性だってもっと自由に生きれるよと肩を叩
>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

2.9

本当に息子は父を殺したのか。

法廷ミステリーサスペンス。
かなり終盤になりやっと事態が動き出した思いきや一気に真実まで辿り着くので、エンドロール中にあぁあれはそういう意味だったのか…と伏線を回収。
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

2.7

実際の連続殺人事件にエログロ脚色を加えて。

日本のメジャーな作品で、これほどグロシーンがオンパレードなものがあるとはびっくり。

でんでんさんの怪演と「ぼでーを透明にしろ」の一言は強烈。こわいこわい
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.5

シリーズ第2弾。

前作からのブライアンの身の振り方はどうなのよと思うけど、今作では幼馴染との囮捜査ということで、気の許した仲間と気楽な身分でいられるポール・ウォーカーの笑顔がここぞとばかりに弾ける。
>>続きを読む

ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢(2008年製作の映画)

3.7

パン屋を開業したふたり。
そんなある日ウォレスが恋に落ちた!
しかし相手の女性には大きな秘密があって…

ホラー風味で雰囲気は「スウィーニートッド」か「サイコ」
もちろんそれほど怖くないけど笑
あとは
>>続きを読む

プラハ!(2001年製作の映画)

4.2

初めまして!チェコミュージカル!

始まりは昭和歌謡曲のよう。
「リザとキツネと恋する死者たち」のトミー谷が頭にぽっと浮かぶ。Dance Dance Have a good time! べべべん。
>>続きを読む

箪笥<たんす>(2003年製作の映画)

3.5

ホラーな怖さもあったけど、それよりも悲しくてやりきれない思いでいっぱいになった。

大人の身勝手さに振り回された2人姉妹の感じた孤独や不安、憤りは計り知れない。

そしてみなお互いを罵り合うけど自分の
>>続きを読む

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

3.2

バックパッカー夢の地はDASH村だった。

夏になったらカルピスバー片手に観ようと思ってたんだけど、ここ最近の暑さにやられてつい先走り鑑賞。

ベタ〜な描写のバンコクで出会ったのは、狂うほど魅力が増す
>>続きを読む

街のあかり(2006年製作の映画)

3.7

人生に
疲れたときは
カウリスマキ

孤独で不器用な男に突然訪れた恋

相手が実はどんな人物であろうと
結果どんな目に合おうとも
受け入れる男気

そう
彼はとても優しくて強くてでっかい人だった

>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

2.8

前作あんな結末だったのに、秒で復縁したからびっくり笑

何か問題が起きても特に揉めることも葛藤もなく、セックスして即解決。
これじゃ外見は麗しいけどDQNカップルじゃないかー!「恋の渦」出れちゃいそう
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

4.0

アルゼンチンの日常に潜むちょっと狂気じみたエピソードが6つ。
テーマは暴力と復讐。ブラックユーモアたっぷりでハズレがひとつもない優秀なアンソロジーでした。
短めにそれぞれの感想。

【おかえし】
短い
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.7

2018年春
ようやく「ワイルド・スピード」始めました!

「ジュマンジ ウェルカム〜」を観てからやけに脳が筋肉を欲するようになりまして。
やっぱり男は顔より筋肉だよね…とつぶやきながら観てたら、ポー
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.6

シリーズ4作目。前作から20年ぶりの続編。

「現実に残忍な暴力や虐殺が起こっている地域を舞台にしたい」
という主演・脚本・監督を務めたスタローンの意思で舞台はミャンマー。

シリーズの中で一番残虐な
>>続きを読む

白い恐怖(1945年製作の映画)

3.5

イングリッド・バーグマン女医の精神分析へようこそ。

こんな女医さんがいたらみんな自ら望んで病気になっちゃいそう。
白衣に眼鏡姿が何とも麗しいこと!

運良く彼女に一目惚れされたのは記憶喪失のグレゴリ
>>続きを読む

オーケストラ!(2009年製作の映画)

4.0

ラスト15分。
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が全て。

これはずるい。
本気で一度でもクラシック音楽に向き合ったことがある人なら、ラスト15分までに正直何度もいらつくと思います…
それくらい楽
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.9

まじジュマンジー!!!

トレイラーがダサすぎて逆に好感度が高かったやつ。

ボードゲームからコンピューターゲームへアップデート。
全員自分が選んだアバターとしてジュマンジの世界に入り込んでしまう。
>>続きを読む

マーターズ(2015年製作の映画)

3.0

自分のグロ耐性を測りかねているので、フレンチスプラッタの名作と名高い本家本元「マーターズ 」はまだ観ていません。
でもハリウッド版リメイクのこちらはかなりマイルドだと聞いていたので、ならいけるかな…と
>>続きを読む

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(2013年製作の映画)

3.0

その手に才能を与えたのは
天使かそれとも悪魔か。

19世紀イタリア。
そのヴァイオリン技巧は「悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたもの」とまで言われた天才パガニーニ。

彼については名前くらいし
>>続きを読む

METライブビューイング2017-18 プッチーニ「ラ・ボエーム」(2018年製作の映画)

3.8

あまりにオペラは知識不足なのでしばらくMETはお休みする予定でしたが、これは別、絶対に外せなかった演目。

プッチーニの「ラ・ボエーム」

なぜならこのオペラは愛してやまないジョナサン・ラーソンのミュ
>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.2

一家惨殺事件の生き残りである兄と妹。
兄は殺人犯として服役中、妹は財政難のため事件の真相を改めて探ることに。

豪華キャストの割に世界仰天ニュース枠を越えなかったなぁ。
悲しいことに不運の連鎖だったん
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.9

これは期待してたより好みの作品だった。
アクションに頼らない、心理戦、暴力とエロで魅せるスパイ映画。
地味だし145分と長尺ながら、全く集中力が切れずに観ることができた。

何を着ても何も着なくてもエ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.8

原作はフランスの漫画だそう。実は運命を握っていたのは女性というところが、いかにもリュック・ベッソンの好きそうなストーリーだった。

「フィフス・エレメント」で見た彼の中二感が高校生くらいに進化。
ヴィ
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.0

私の高校時代のベストムービー。当時大好きで何度も観てた。

そんな思い出が崩れないかどきどきしながら観てみたら、うん…こんなぬるかったっけ?笑
でもそれが妙に味があるというか、思い出補正もあるけど、こ
>>続きを読む

アンジェラ(2005年製作の映画)

3.6

パリの街は色を失くしモノクロになった。
そんな絶望しかない僕がセーヌ川に飛び込もうとしたとき、助けてくれたのは身長180cmの美しい天使だった。

人を愛するにはまず自分を愛すること。
それが自分を救
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.4

子供の頃家族で映画館に観に行ったなぁ。とにかくワクワクして大興奮したのを覚えてる。でも猿と象は本物じゃないのがすぐわかったね!とか言ったような記憶もある(´∀`)

今観るとかなりゲームの説明は抽象的
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.4

飼い主がいない間、ペットたちは何してるんだろう…

まったりしたのを想像してたら、まさかのおうちを飛び出しての大冒険だったからびっくり。トイストーリーのウッディとバズみたいな関係の、二匹のワンちゃんの
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

2.3

続編のために再鑑賞。

あれ?あれれ…
前観たときはこんなうまい話あるわけないわ!と思いながらも密かにときめいたはずなのに、今観たら苦痛レベルにつまらない\( ˙▿︎˙ )/

原作は「トワイライト」
>>続きを読む

>|