Aikaさんの映画レビュー・感想・評価

Aika

Aika

ミュージカルが大好き♡︎( ´ ` )でも何でも観る雑食。日々のゆるい鑑賞記録です。
Netflix、アマプラ、ときどき劇場。ツタヤが近くになくてつらい。
Sep,2015 filmarks始めました。それ以前に観たものはMarkのみ。

#a_musical
#a_music×movie
#a_dance×movie

映画(1591)
ドラマ(12)

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!(2014年製作の映画)

3.5

ほんとアホだね…笑

20年無駄にするか臓器取られるかなら、臓器の方がマシかなとか真剣に考えちゃった。
ネタのために人生棒に振るなんて、ここまでくるとアホを突き通す志を尊敬してしまう。

すっかりおじ
>>続きを読む

ホット・ガールズ・ウォンテッド(2015年製作の映画)

3.5

暴力的な作品も多いアマチュアポルノ界で働く若い女性たちに密着したドキュメンタリー。

ネットが普及した現代、ポルノサイトの垣根の低さは、ポルノという仕事への抵抗感の低下とイコールになっているらしい。
>>続きを読む

きみはいい人、チャーリー・ブラウン(1985年製作の映画)

3.8

チャールズ・M・シュルツ作コミック「Peanuts」をBWミュージカル化。
人気を博した結果オフからオンへと移り、トニー賞を2部門受賞したミュージカルをアニメ化したもの。

つまりあのスヌーピー達を実
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.7

シリーズ第8弾。

ちょっと間が空いてしまいました。ポール・ウォーカーショックもあったし、Ice Breakなら冬に観たいなという単純な理由もあって笑

まさかのあの人の転身。善悪ひっくり返りすぎても
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.9

小さい頃、ホリデーシーズンはいつもくるみ割り人形を聞いていた。
チャイコフスキーの音楽に合わせてストーリーが語られるCDで、付属してついていた小さな絵本をめくり、あの夢の世界を何度もクララと冒険し胸を
>>続きを読む

ヘルレイザー2(1988年製作の映画)

3.3

シリーズ第二弾!
あのイケてる魔道士たちが帰ってきた!

話はきちんと前作から繋がっていて、囚われた父の叫びを聞いたカースティがまた魔界への扉を開くというもの。
今回は魔界に憧れてやまない精神病院の院
>>続きを読む

スノーマン(1982年製作の映画)

3.7

小さい頃大好きでよく読んだ絵本。
イメージが壊れないかと恐る恐る観たけど、絵柄も驚くほどそのままで、絵本からスノーマンが飛び出したかのようだった。

色鉛筆のような優しい色合いは、寒い寒い日のお話にじ
>>続きを読む

エレメンタリ ~鍛冶屋と悪魔と少女~(2018年製作の映画)

3.3

Netflixオリジナルの悪魔ちゃんムービー!

5歳の子供が描いたようなThe悪魔な風貌の悪魔が出てきます。第一印象はドラクエのびっくりサタン。

バスク地方に伝わる民話を映画化したものらしいけど、
>>続きを読む

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.1

肝心の任務までなかなか辿り着かず、寝不足の私にはそこが第一の苦難…

やっとニトロを乗せてレッツゴー!となったら、今度は道中苦難の連続で、一緒になって汗ダラダラアドレナリンどばどば。

これでCGじゃ
>>続きを読む

鬼火(1963年製作の映画)

3.6

アルコール依存症の男が自殺するまでの48時間。

触れたもの全てが通り抜けていく。
強烈な孤独。埋められない距離感。
心は青春に取り残され、成熟を頑なに拒否し、凡庸を憎む。
自分が愛したように自分が求
>>続きを読む

スター誕生(1976年製作の映画)

3.5

「アリー/スター誕生」が待ちきれない!ということで、予習第二弾。

予習第一弾で観たジュディ・ガーランド主演の「スタア誕生」が大傑作だったので、こちらも期待したんだけど…

オスカーを獲った主題歌「E
>>続きを読む

ジョイフル♪ノイズ(2012年製作の映画)

3.7

目指せ!全米聖歌隊コンクール優勝!
BW界のスーパースター勢揃いのゴスペルムービー♫

ストーリーは「天使にラブソングを」とかなり似ているけど、あんなに面白くも盛り上がりもしません…

しかし!!とに
>>続きを読む

ラスト・シフト/最期の夜勤(2014年製作の映画)

2.9

初勤務でラストシフト!
絶対に逃げてはいけない旧庁舎、6時間くらい!

とにかく新人警官ジェシカちゃんがかわいそう。いくらほぼお留守番みたいな仕事でも、初勤務でひとりっきりってあり?これも父と同じく呪
>>続きを読む

疑惑の影(1942年製作の映画)

3.9

優しくてスマートで大好きなチャーリー叔父さん。
でももし彼が殺人を犯していたら…?

小さい頃から自分を慕い懐いている姪っ子チャーリー。
でももし彼女が自分の罪に気づいていたら…?

同じ名前のふたり
>>続きを読む

Mr.タスク(2014年製作の映画)

2.8

「ムカデ人間」シリーズを制覇したら次はこれ!と思っていた作品。

なんとセイウチ+人間だっていうんだから、どんなビジュアルで攻めてくるのかどきどきどき…

しかしこのセイウチ人間、クレイジー爺さんの悲
>>続きを読む

21オーバー 最初の二日酔い(2012年製作の映画)

3.6

あの「ハングオーバー!」の脚本家が監督した、大学生版酒に飲まれた一晩話。

主演がスカイラー(とマイルズ・テラー)と知り観たんだけど、ほんのちょっとだけ歌います。でも一瞬だからそこは期待しちゃだめ。
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.7

前作でのヒロイン、エミリー・ブラントが退場。つまり良心からの視点がなくなり、 “暗殺者”が主役。これはキツくなりそう…と冒頭でいきなり気合が入る。

現代のアメリカを映し出すような内容の深刻化は見られ
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.2

原題の「Sicario」はスペイン語で殺し屋という意味。

終盤いやおうなしに原題に納得させられるけど、邦題の「ボーダーライン」もとてもいいと思う。

“善悪”のボーダーラインはとことん非情で
”覚悟
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

くるくるエディ君が観たい一心で挑んだ一作目。そして難易度が上がったと噂の続編でしたが、ハリポタは読んだことも観たこともないマグルのわたしでも十分楽しめました。
エディゴロウが魔法動物によーしよーしとし
>>続きを読む

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

3.3

宇宙人のある策略のため、ペグちゃんが全知全能になっちゃうSFコメディ。

エイリアン達のくっだんない会議も笑えるけど(声はモンティパイソン!)ベスト笑えて可愛いもふもふを受賞するのはペグちゃんの飼い犬
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.6

野原に落ちていた耳は、倒錯した世界への招待状。

田舎町で起こった誘拐事件。
それがリンチ監督の手にかかると、こんなに甘美で暴力的な白昼夢になるなんて。

“普通”に宿る独占欲、性癖、自己顕示欲。
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

ジェイクは顔面強靭度の高さを活かして、一見わからない、でも実は内から壊れていたという役が本当にうまい。

「崩壊と再生」
なぜ心が崩れ落ち、何がきっかけでどんな手段で再生するのかは、十人十色。
自分で
>>続きを読む

チキ・チキ・バン・バン(1968年製作の映画)

4.1

「メリーポピンズ」でバートに恋をした全女性に贈るファンタジーミュージカル。
曲もメリポピと同じく、シャーマン兄弟が担当。

ディックはバートの面影たっぷりに、寡夫でふたりの子持ちの風変わりな発明家ポッ
>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

4.0

脱走脱獄ものっていつも肝を冷やし息を潜めながら観てたけど、今作は母と誰がかっこいい誰推しだとキャッキャしながら観てた笑

誰もが耳にしたことのあるテーマ曲「大脱走のマーチ」の曲調が軽快で明るいのもある
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.8

「スリーパーズ」を観たあとふと思い出し久々に鑑賞。
大人の薄汚い欲望が尊い少年時代を奪う。その点は同じでも、今作には「因果応報」という言葉はあまりに酷。

トラウマが生む復讐。過去が生む疑念。狭間に立
>>続きを読む

アンダーテイカー 葬る男と4つの事件(2009年製作の映画)

3.3

タイトル、ジャケット、キャッチコピーも全部詐欺!笑

決して悪い作品じゃないのに、どうしてこんなことしちゃうかなぁ。「黒執事」人気にあやかろうとしたのか…
原題の「Powder Blue」の意味は最後
>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.6

mission:彼のために大金を手に入れろ!
life:3
time:12時まで

Game on!!
さぁ!走れローラ!

赤い髪をなびかせベルリンの街中を走る抜けるローラを、あらゆる手段を駆使して
>>続きを読む

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

3.8

多国籍の留学生達でルームシェアinバルセロナ。

彼らの日常を切り取っただけなのに、これがとても興味深くておもしろい。
フランス、イタリア、イギリス、ベルギー、ドイツ、スペインにデンマーク。
これだけ
>>続きを読む

マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル(2009年製作の映画)

3.7

お相手はシャーロックではなく小学生!
振り回される役を演じたらピカイチ☆なマーティン・フリーマン主演のスクールコメディミュージカル。

真面目でお固いのに変人に懐かれ振り回され、結果いじけて可愛いの塊
>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

3.6

世の中がシャーロックブームだった頃、周りに散々勧められたのに気乗りせずスルーしたことを激しく後悔しております。
最近家では全く映画を観てません。どんなに泥酔していても、終電90分前には帰ります。
なぜ
>>続きを読む

マシュー・ボーン IN CINEMA シンデレラ(2017年製作の映画)

3.7

なぜか毎回チケットを取り忘れるマシュー・ボーン。
今作も気づいたときは端っこの席しか残っておらずしょぼんとしてたら、劇場でも観れると知り早速行ってきました。

ボーンさんと言えばミュージカルとバレエの
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

2.8

降りしきる雨の中、待合室でバスを待つ人々。
そこへ雨に紛れてナニカがやってくる。そして彼らにとんでもない異変が。

色彩の抑えられた画に、待合室というワンシチュエーションで起こるリアルな人間模様。
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

流行りに惑わされがちな私のプレイリストに、容量をどデカく取り続けている唯一のバンド「Queen」

初めて「Bohemian Rhapsody」を聞いたときの衝撃は昨日のことのように覚えてる。
この曲
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

まさかのラブコメみ溢れるバディムービー。最悪とか凶悪なんて言葉より、しっくりくるのはツンデレ。

どんなピンチでも救ってくれるし、的確な恋愛アドバイスもくれる。
腹ペコが続き食費がかさみ、たまに人間の
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

全てがPCのスクリーンもしくはスマホ画面で展開されるものを、劇場の大スクリーンで観るという無駄な贅沢さよ。

娘の突然の失踪。パパはあらゆるSNSを駆使して独自調査。
私も初恋の新くんが今何をしてるか
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.0

「天国じゃみんな海の話をするんだぜ」

ジャケットからしてハードボイルドなふたりなのかと思ってた。写真盛れてる!笑

手段は肯定できなくても、想いは純粋で。
テキーラに溺れたい欲望から抜け出すには、希
>>続きを読む

>|