Aikaさんの映画レビュー・感想・評価

Aika

Aika

ミュージカルが大好き♡︎( ´ ` )でも何でも観る雑食。日々のゆるい鑑賞記録です。
Netflix、アマプラ、TSUTAYA旧作借り放題。ときどき劇場。
Sep,2015 filmarks開始。それ以前に観たものはMarkのみしてます。

#a_musical
#a_music×movie
#a_dance×movie

映画(1547)
ドラマ(7)

恋の手ほどき(1958年製作の映画)

3.6

MGMミュージカル最期のアカデミー作品賞受賞作。その他ノミネート部門も全て制覇したミュージカルの黄金期を象徴する作品。

20世紀初頭のパリが舞台の「マイフェアレディ」
いかに魅力的な女性になりお金持
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.0

オープニングの蒸気船ウィリーすらドット絵だーーー!という興奮から始まり、クッパ・ザンギエフ・ベガにパックマンなどゲームの”悪役”が集まって愚痴り合う「悪役の会」に興奮。

ゲーセンが閉店した後の世界は
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.6

テメェこのやろ〜な2作目!

残念ながら前作ほどのときめきはなかったなぁ。狂セクシー桔平退場後、おっさんしかいなくてどうも絵面がね…

新キャラの中では西田敏行さんが断トツ怖かった…!ハマちゃんの面影
>>続きを読む

ウディ・アレンの夢と犯罪(2007年製作の映画)

3.4

夢を叶えるためなら、人を殺せますか?

仲が良く両親思いの兄弟。
兄は恋に、弟はギャンブルに溺れ、気づいたときには片足が底なし沼に。

兄ユアン・マクレガーの爽やかで甘いマスクの下に潜んでいた欲深さ。
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.9

菩薩と修羅、ふたつの顔を持つあの男が帰ってきた…!

前作のままを期待すると少し肩透かしをくらうかもしれない。
今回はもっと個人的なお話。でもこれはこれで面白かった。

アクションもいいけど、マッコー
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.2

シリーズ3作目になる「ファイナルステージ」が今更ながら日本公開(約一年遅れ!ひどい!)になるということで、久々に鑑賞。

とにかくベンプラー!
私にはひたすら彼を愛でる映画。「ベンプラ パーフェクト」
>>続きを読む

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.7

MCUが生まれる前のマーベル作品。

いきなりのハードな殺戮シーン。何もそこまで…と絶句するほど悲惨。

そんな地獄絵図からひとり生き残った男FBI捜査官のフランクは、復讐を誓いパニッシャーとして生ま
>>続きを読む

チキンラン(2000年製作の映画)

3.8

ニック・パーク監督ハリウッド進出作。

メイキングで「1日に3秒しか作れないんだけどね、HAHAHA!」と笑ってたけど、想像に難くない努力と根性、そしてストップモーションアニメへの愛情が詰め込まれた8
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.4

雪深いネイティヴアメリカンの保留地で見つかった若い女性の死体。
彼女はなぜ殺されなくてはならなかったのか?

今更ながら最終日滑り込みで観てきました。寝不足でふらっふらしながら行ったけど、これまた観れ
>>続きを読む

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

3.7

ヒッチコック監督お得意の「間違えられた男」のスパイアクション映画。

理不尽とはときに最恐。
勘違いに勘違いを上塗りされ、とにかく逃げろ!そして真実を明かせ!と息もつかせぬ展開。

ド派手なアクション
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.5

震えが止まらなかった。
怒りで、悔しさで、感動で。

1987年韓国で起こった民主化闘争描いた作品。ほぼ史実に基づいているそう。

きっかけは非道なアカ狩りの末、拷問死したひとりの大学生の死。
その死
>>続きを読む

ベルヴィル・ランデブー(2002年製作の映画)

4.2

スウィングジャズに乗ってステップを踏むフレッド・アステアに見惚れたあなた!
ようこそ不思議で不気味なベルヴィル・ランデブーへ。

これめっちゃ好きだ…!超デコッパチなアステア様オープニングからしてやら
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.9

やっふーヴァラクちゃん!やっと会えたね!
楽しみすぎて変なテンションで劇場入りしたけどやっぱり怖かった〜♡

「死霊館」最新作。シリーズ最恐の悪魔ヴァラクの起源とは。

修道女の自殺の真相を探るため、
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.7

Shhhhh!!!

音を立てたら、即死。
このキャッチコピーにはいたく唆られたけど、これ即死?という場合もあって、微妙な間に苦笑い。

突っ込みどころも満載。デジャヴ感もあるし新しい要素もそれほどな
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

4.0

あの笑みはなんだったんだろう。

田舎に留まり父のガソリンスタンドを継いだ兄。
都会へ飛び出しカメラマンになった弟。

真面目な兄は奔放な弟に、
気まぐれな弟は堅実な兄に、
愛情と憧れを持ち、羨んでい
>>続きを読む

ジム・キャリーはMr.ダマー(1994年製作の映画)

3.7

おぼっちゃまカットと禿げかけロン毛の珍道中。

くっだんないし下品。ギャグもおふざけも小学生低学年レベル。

ニヤッと笑うと欠けた前歯が見えるジム・キャリーの顔芸がときに狂気。でもトータルぎりぎりキモ
>>続きを読む

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち(2004年製作の映画)

3.3

続編は原作なしのリュック・ベッソンオリジナル脚本。

なので話は膨らむけど大した結末ではないというベッソン節全開。
キリストの黙示録を模した殺人事件にこれは面白そう!と唆られるけど、動機とは全く関係な
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.9

機内で流し見したきりだったので、続編のために再鑑賞。

超硬派な必殺仕事人デンゼル・ワシントン。表の顔はにこにこ安心ホームセンターの店員で読書家。
法の力だけじゃ溜飲が下がらないことが多い世の中、こん
>>続きを読む

スヌーピーとかぼちゃ大王(1966年製作の映画)

3.8

ピーナッツによく出てくる「かぼちゃ大王」のお話。

いつも何のことなんだろう…と思ってたら、ハロウィン版サンタクロースのことらしい。信じてるのはライナスだけ。
でもみんなに馬鹿にされても、手紙を書いて
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.9

ヤクザ始めました☆

ひゃー面白い!
みーんな悪人だから、誰が誰を裏切るのか拷問するのか殺すのか全く読めない。最後に立ってた奴が勝ち!なのが潔い。

拷問も来るぞ来るぞ…!ではなくサクッとすんごいこと
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.2

同じ旋律を同じテンポで繰り返す。この日常感が心地いい。

でも音はときに小さくなり大きくなり、それはまるで妻が出て行き初めて父となったテッドの心拍音のよう。

常に遠くから父息子を優しく見守ってるよう
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

私たちのエデンの園へようこそ。

噂通りすんごい作品でした。
聖書は大学時代齧った程度なので拾いきれていない要素は多々あると思うけど、1分後の展開すら読めないような作品、大好物です。

普段なら回し蹴
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.7

「アナベル 死霊館の人形」の前日譚であるアナベル誕生秘話。

連日死霊館シリーズを観ていたのもあり、だいぶ怖さ慣れしてきちゃったかな〜
死霊館と違いこちらは完全なるフィクションなので気が楽だったのもあ
>>続きを読む

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.9

「死霊館」続編。
1977年にイギリスエンフィールドで実際に起きた事件が題材。あのウォーレン夫妻が帰ってきた!

史上最長期間続いたポルターガイスト現象として恐れられている事件らしいけど、ほんとーに怖
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.7

「死霊館」シリーズ、スピンオフの2作目。
前作「死霊館」の前日譚で、実話を基にしたアナベル誕生のお話。

アナベル人形は夫から出産間近の奥様への贈り物。
奥様は人形コレクターなのでとても喜ぶんだけど、
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

4.0

「死霊館のシスター」に向けてシリーズ復習!

超常現象研究家のウォーレン夫妻が最も邪悪で恐ろしい事例とする、1971年の事件に基づき描かれたシリーズ一作目。

これいい塩梅に怖くて大好き。

全く勿体
>>続きを読む

M(1931年製作の映画)

3.6

お嬢さん
「山の魔王の宮殿にて」が聞こえてきたら、忍び寄る影に気をつけて。

直接的なシーンもBGMもない。
でも暗示的カットと口笛だけで心底ぞわぞわする。

しかし本当に怖いのは終盤20分。
市民の
>>続きを読む

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.6

大好きな兄が誘拐された。
しかし19日後無事帰ってきた兄。
でもあなたは本当に僕の知っている兄…?

Netflixオリジナルの韓国ミステリー。

微かな違和感からどんどん疑惑の波紋は広がり、気付いた
>>続きを読む

ジーア/悲劇のスーパーモデル(1998年製作の映画)

3.4

スーパーモデルの先駆者、ジア・キャランジの一生。

愛をうまく伝えられず不器用な子供のようなジア。
孤独や重圧に耐えられず、安易な道に逃げてしまう。

スターの転落ものなんてよくあるし演出も安っぽいん
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

「僕がいなくなってもここにきて、なんにもしないってことをしてくれる?」

クリストファー・ロビンが100エーカーの森を去ってから、プーはひとりこの約束を何十年も守っていたなんて…!!

それがわかった
>>続きを読む

くまのプーさん(1977年製作の映画)

3.7

ディズニー版「くまのプーさん」の始まり。
中編三作品を繋ぎ編集した長編一作目。

プーが自己肯定力の高いサイコパスぽくてまさかのやや怖キャラ。
蜂蜜への執着心が凄まじく、蜂蜜のためなら命すら惜しまない
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.5

シリーズ4作目。待ちに待った新作!しかし観たかったのはコレジャナカッタ感…

勝利と名誉をかけて戦い、無駄な殺戮はしない。そんな漢プレデターの美学に惚れてたのに、なんだあのハイブリッド種は。
でかけり
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

3.6

プレデターズ vs地球最凶軍団on謎の惑星。

軍人、傭兵、暗殺者、ヤクザに死刑囚…
日本代表がヤクザとはプレちゃんチョイス渋い。

意外と豪華キャストで、エイドリアン・ブロディが脱いだらあんないい身
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.5

メガドロン?メガトロン?メグロドン?
なぜかいつもわからなくなっちゃうとにかくでかいサメのお話。

観に行くか悩んだけど、劇場で観ないと全く面白くなさそう…と行くことを決意。
結果行ってよかった。観て
>>続きを読む

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独(2009年製作の映画)

3.7

クラシックファンだけではなく幅広い層に人気の高いピアニスト、グレン・グールドのドキュメンタリー。

前衛的なバッハで一躍話題となった彼は、床からわずか30cm椅子に座り、穏やかな陶酔の世界へ観客を誘う
>>続きを読む

くすぐり(2016年製作の映画)

3.7

ネットの闇をみた。HBO発のドキュメンタリー。

ニュージーランドの記者デイビッドはネタ探しをしていたある日「くすぐりガマン選手権」なる珍妙な動画を見つける。

興味を惹かれ早速主催者のJOMに取材依
>>続きを読む

>|