ミヤザキユウさんの映画レビュー・感想・評価

ミヤザキユウ

ミヤザキユウ

新宿の某映画館でアルバイトをしていた大学生。
2019年も年間100本が目標。

映画(164)
ドラマ(0)

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

4.2


劇中で使われている楽曲は文句なしに素晴らしい。
ラスト10秒でそういう事だったのかとようやく理解。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9


ラストまさかの展開で笑い死ぬ。タランティーノ監督の妄想というか夢なのかな。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.8


映像は綺麗だけど、まあ相変わらずご都合主義なストーリー。

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.6

さながらアベンジャーズのように歴戦のキャラクターが登場してくる。正直言うとストロングワールドやZに比べると内容は薄い印象。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

今更観たのですがパルムドール受賞も納得。
血縁だけが家族なのか、という問題提起。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.7


自身の姿と劇の内容が重なる。
バードマンという過去を拭い去るのかと思いきや、一生懸命こだわってきた劇から脱却するという不思議。

天気の子(2019年製作の映画)

4.2


相変わらず街や風景の作画は繊細で現実世界を切り取ったような美しさ。
内容に関しての解釈は色々できるかも知れないけど、天気ってここまで人の喜怒哀楽に繋がっているもんなんだなと再認識。

主人公にとって
>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

アベンジャーズあんまり興味ないけどアイアンマンぐらい観てみようかな。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7


テンポが良いからサクッと観れる。内容は王道で面白いかって言われたら普通。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.8

ジェイソン・ステイサムが生身で27mのサメと戦うというもう訳が分からないけどスリリングなお話。

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.2


普通の大学生2人が、特別な事なんて何も起きない大学生活への鬱憤がエスカレートしていき、大学図書館から希少な本を盗む計画を立てるというストーリー。

計画が実行されるシーンは、無様で見ていられない。結
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.5


勧善懲悪。物語序盤の会社内の些細な変化が、世界を揺るがす大きな事件に繋がっていく。

コーポレートガバナンスとコンプライアンスって大事。現実の古い体質の日本企業も変わって行って欲しいものだ。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.7


ご都合主義なところがあるがよくあるハリウッド映画というところか。

CIA無能過ぎ。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3


クイーンの曲が盛りだくさんで最初から最後まで楽しめる。ストーリー展開はサクセスストーリーというよりはスターとなってからの苦悩が大部分を占める。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


テロリストとの銃撃戦のシーンはかなり緊張感がある。
最後に、爆発で片脚を失った男性が義足でボストンマラソンを完走するシーンが感動的。

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.9


警察の闇。これが実話に基づく話と言うのだから警察は相当腐っている。

綾野剛の熱演。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1


海を越えた迷子が、25年という時を経てグーグルアースという最新技術によって解決される。
オーストラリアでのご両親がインドから養子をとった経緯がもう少し描写されると良かったか

ハッピー フィート(2006年製作の映画)

3.6


ストーリー展開は終盤突っ込みどころ満載だけど選曲が良いため楽しく鑑賞出来る。

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.3


アクションとか映像美とかキャラクターデザインは凝ってるのにいかんせんつまらない。

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

3.0


何故か新年最初に見た映画がこれだった。
ブロリーも観に行きたい。

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.5


世界観が理解し難い。作中暗いから何が起きているのかも分からない。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0


中盤のフォーホースメンでカードの受け渡しをするシーンは迫力満点。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.9


マジックのシーンは爽快だけど最後の終わり方が納得いかないのは、私だけ?

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0


性的マイノリティかつ黒人差別という環境、「デトロイト」とは違う観点から黒人社会が映し出されている。

ブライト(2017年製作の映画)

3.4


専門用語を解説無しで話を進めるし、全体的に内容が頭に入ってこない。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9


ハリポッターシリーズと繋がっている点も多く、細かいところを発見出来ると面白い。
原作を復習しておくと倍楽しめる。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.8


文学的過ぎるのか、文脈が理解出来ない部分が多々あった。
原作読みます。