垂直落下式サミングさんの映画レビュー・感想・評価

垂直落下式サミング

垂直落下式サミング

バカが映画について偉そうなこと書いてます。
2017年上半期ベスト10(53作品中)

①ローガン
②わたしは、ダニエル・ブレイク
③ハクソー・リッジ
④ドント・ブリーズ
⑤レゴバットマン・ザ・ムービー
⑥コクソン / 哭声
⑦世界でいちばん美しい村
⑧ラ・ラ・ランド
⑨バーニング・オーシャン
⑩劇場版シネマ狂想曲 名古屋映画館革命

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

5.0

故トビー・フーパーが残した歴史的な映画。
トビー・フーパー監督追悼上映会で公開40周年記念版を鑑賞。スクリーンで観るのはこれがはじめて。
何度みても感動するのは、殺人鬼一家宅に踏み入れた若者の視点でみ
>>続きを読む

ワイルドカード(2014年製作の映画)

5.0

男の名はニック・ワイルド。
主人公の名前が『ズートピア』のキツネのニックと同姓同名で名前かぶりするというまさかのシンクロニシティが発生しているが、映画の方向性はまったく違う。
本作は、ブロンソンやマッ
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.0

佐藤健の軽やかにステップを踏むような剣劇が炸裂する国産ブレードアクション映画。
この『京都大火編』は公開時に劇場で観たのですけど、アクションパート以外が退屈すぎたので未だに後編は観てない。
最近の役者
>>続きを読む

ホネツギマン(1998年製作の映画)

3.3

イーサン・コーエンの幻の脚本を映画化したリベンジアクションコメディ。『ファーゴ』『ビッグリボウスキ』で注目されて今が一番大事って時に、こんなもん作ってる場合じゃなかったんだろう。
人体模型のようなスー
>>続きを読む

激アツ!パチンカー銀次郎(2015年製作の映画)

4.5

地元のホールで負け知らずの“爆裂王”驫銀次郎は、流しのパチンカーと出玉勝負をすることになり、負けてなるものかと必勝法を模索していく。傑作パチンカスムービーだ。
パチンコ必勝本DREAMSが全面協力して
>>続きを読む

大忍術映画 ワタリ(1966年製作の映画)

4.0

わっぱ!キサマ何者だ!?という追っ手の問いに、斧を構え「ワタリだ!」と猛々しく名乗りをあげる少年忍者。この歯切れのいいオープニングが最高。本人がワタリだって言うんならワタリなんだろう。本作では敵も味方>>続きを読む

幕末残酷物語(1964年製作の映画)

4.0

残酷なスラッシャー映画であり、華々しく描かれることの多い新選組の暗黒面を描いた異色の時代劇といわれているようだ。
剣の腕が立たず気も弱い大川橋蔵がなぜか新選組に入隊することとなり、厳しい掟に縛られなが
>>続きを読む

士魂魔道 大龍巻(1964年製作の映画)

2.0

主演は市川染五郎と星由里子。
戦記映画の冒頭に声によるナレーションが入ると嫌な予感がする。案の定セリフもカットも説明的でテンポが悪くて、誰を主人公に据えた物語なのかを定めずにストーリーが進んでいく。誰
>>続きを読む

映画 ホタルノヒカリ(2012年製作の映画)

1.5

5年以上も前のドラマの劇場版をなぜ今やるのかよくわかんないけど、金曜ロードショーでやってたのを録画してあった。ドラマは再放送してたのかな。
ヒットドラマなんだから、ホタルがブチョーとのハネムーンを満喫
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.2

「我が名はオジマンディアス 王の中の王
全能の神よ我が業をみよ そして絶望せよ」

これは本編でデイヴィッドが言うセリフ。19世紀の詩人にして文筆家パーシー・シェリーという人が残した作品なのですが
>>続きを読む

上島ジェーン(2009年製作の映画)

3.7

上島竜兵。47歳。ひと夏の恋と青春の物語。リアクション界の重鎮である上島竜兵師匠と、その秘蔵っ子の有吉弘行氏の友情のモキュメンタリー作品だ。
ストーリーは『我々は有吉を訴える』の監督が上島を主役にしま
>>続きを読む

劇場版 爆竜戦隊アバレンジャー DELUXE アバレサマーはキンキン中!(2003年製作の映画)

4.0

スーパー戦隊シリーズ第27作『爆竜戦隊アバレンジャー』のオリジナル映画作品。
見物は爆竜10体が勢ぞろいする劇場版ならではの豪華な絵面。氷付けになっていた2体の邪悪な爆竜が海を泳いで日本に上陸する様子
>>続きを読む

ミラクル・ワールド/ブッシュマン(1981年製作の映画)

3.8

当初の題名は『ブッシュマン』だったのが、差別的だってことで『コイサンマン』に改題された作品。
冒頭で白人が捨てたコーラの瓶がコイサン族のニカウさんが拾い上げ持ち帰る。その不思議な神からの贈り物にはじめ
>>続きを読む

路上のソリスト(2009年製作の映画)

3.6

音楽の才能をもつ統合失調症の路上生活者ナサニエルを見出し、記事にする記者のはなし。最初は記者ロペスは紙面を飾るためのネタとして彼に興味を持っただけだったが、それはやがて友情に変っていく。ナサニエルの前>>続きを読む

めくらのお市物語 真っ赤な流れ鳥(1969年製作の映画)

3.7

女版の座頭市。松竹映画。
主人公は、盲目で居合い抜きの達人の流れ者で「お市」という名前なので、勝プロや大映の許可を取ったのだろうと思ったら、原作漫画からしてパクリっていう大したやつ。差別表現にも著作権
>>続きを読む

めくらのお市 みだれ笠(1969年製作の映画)

3.5

めくらのお市シリーズ第3作目。
素絹を着た集団に殺された男に火薬製造法を記した巻物を託されたお市が道中刺客に襲撃され、孤児となった百姓の子供たちや素浪人の伊吹吾郎の手を借りながら、爆薬製造のやくざな稼
>>続きを読む

めくらのお市 地獄肌(1969年製作の映画)

4.0

鞭使いの松岡きっこが超エロい。着物の胸元を広げてキセルをふかす色黒で目が大きくて鼻の高い女。女の髪の毛を束ねて作った怨念の鞭を武器とし、隠し技の毒蛇を投げつける!お炎の黒髪は一度絡み付いたらほどけやし>>続きを読む

めくらのお市 命貰います(1970年製作の映画)

3.0

シリーズが何本も続くとさすがに独自性のようなものが出てくるものだと思うが、最終作となる本作が全4作の中で一番おとなしい印象。
一作目では流血があったのに、この時代にしては残酷描写のない牧歌的な内容のチ
>>続きを読む

大殺陣 雄呂血(1966年製作の映画)

4.2

信州水無月藩で隣藩の藩士が背後から斬られて殺害された。犯人は家老の息子だったが、名家の人間が狼藉をはたらいたとあっては大スキャンダルとのことで、藩士の小布施拓馬が身代わりとなり罪を被って一年ほど姿をく>>続きを読む

戦国野郎(1963年製作の映画)

4.5

現代口語的な柔らかい表現の台詞が特徴的な加山雄三主演のヤング時代劇。種子島の火縄銃を守りながら運ぶという単純明快なストーリーに、様々な立場の人間の思惑が入り乱れて進行していく。
真面目な抜け忍の主人公
>>続きを読む

座頭市血笑旅(1964年製作の映画)

4.0

街道に転がる牛糞を避ける座頭市の歩みのアップでスタートするが、今回座頭市は人様の子供のおしめを替えなければならなくなる。
自分の身代わりになって殺された女が胸に抱きかかえていた赤ん坊。責任を感じた市は
>>続きを読む

座頭市鉄火旅(1967年製作の映画)

4.3

座頭市シリーズ15作目。じっくりと構図を練って撮られた映像と、個性的な登場人物をバランスよく配したムダのない構成はまさに職人芸といえる。「そちらさんがお抜きになるってえと、こちらさんもお抜きになります>>続きを読む

ステーキ・レボリューション(2014年製作の映画)

3.9

世界的な飯テロムービー。
あらすじには世界中のステーキを食べ比べて格付けしベスト10を決める旅とあるが、食品衛生管理と美食に焦点があてられている。各国の食文化にどのような歴史的背景があるのかを交えなが
>>続きを読む

ハーレム・ナイト(1989年製作の映画)

3.5

リチャード・プライヤーとエディ・マーフィの黒人スタンドアップコメディアンの二大巨頭が共演する重要な作品。
リチャード・プライヤーはハーレムで大繁盛のナイトクラブの経営者で、エディ・マーフィその右腕。順
>>続きを読む

白昼の暴行魔(1978年製作の映画)

3.6

逃亡中の銀行強盗三人組が、カトリック女学校の合宿場に逃げ込んで、そこに来ていた先生と5人の女子生徒たちを監禁し暴行するというはなし。
この暴漢たちの女を舐めきってる顔が超むかつく。この手の映画の悪役は
>>続きを読む

ACACIA-アカシア-(2008年製作の映画)

4.1

アントニオ猪木主演映画。
ロマンに生きる男。猪木寛至。現在74歳。今こそこの狂ったおじさんを世界が必要としているのです。
猪木さんが、団地に暮らす年老いた元ヒールレスラー大魔人を好演。演技経験のない猪
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.7

今回の敵はウルトロンというロボット軍団。世界中どこにでもいて、どこにもいない学習するAIだ。実際にいたらスーパー無敵なのに、あんなドカーン!バコーン!みたいな簡単な処理でいいのか。
まぁ、いくら高性能
>>続きを読む

姦婦の生き埋葬(1962年製作の映画)

3.5

エドガー・アラン・ポー原作の怪奇小説の映画化で監督はロジャー・コーマン。原題「早すぎた埋葬」の方が決闘者には馴染み深いかもしれない。
生きながらに埋葬される恐怖を描いた作品だ。全身硬直という奇病を患う
>>続きを読む

フォーリング・ダウン(1993年製作の映画)

4.5

激おこわらしべ長者。
怒りのマイケル・ダグラスの武器がどんどん強力になっていくのが面白い。日常生活で我々がイラついていることに、主人公が全部いちいちキレていく。でも、彼は誰しも腹の中に押し留めているイ
>>続きを読む

おクジラさま ふたつの正義の物語(2017年製作の映画)

4.8

最近は偏差値の低い作品の鑑賞が続きIQを減退させる日々が続いたので、ここらで一発グローバルな問題でも斬り損なってみようと思い映画館に足を運んだ。
捕鯨についての映画と言えば、当然ロックンロールな大傑作
>>続きを読む

問題のない私たち(2004年製作の映画)

3.6

女子中学校でのいじめの連鎖を描く学園もの。クラスのリーダーの黒川芽以がいじめっ子で、冒頭から気に入らない子をみんなで取り囲んでプールに落としたりしている超悪い奴。だが、そこに転校生の沢尻エリカがやって>>続きを読む

クランプス 魔物の儀式(2015年製作の映画)

4.2

スローではじまるオープニングが最高。
嫌いな親戚が家に集まる憂鬱なクリスマスパーティに嫌気がさした少年が、「家族なんていなかったら良いのに」とサンタクロースにお願いをしたことで、サンタよりも古くからい
>>続きを読む

オキュラス 怨霊鏡(2013年製作の映画)

2.9

過去に壮絶な体験をした姉弟が、その不幸の元凶である呪われた鏡を葬り去ろうとするおはなし。物語は現在と過去と幻影をオーバーラップさせながら、一家を狂わせた事件の真相に迫って行く。
美人なお姉ちゃん。彫り
>>続きを読む

アフリカの女王(1951年製作の映画)

4.3

古くはサンタマリア号から艦隊これくしょんまで、船というのは女性の名を名付けられ、乗組員から女性として扱われることが多い。これは大航海時代に海を支配したイギリスの風習が広まったとか、古代の狩猟民族たちが>>続きを読む

スーパー・ハイ・ミー 〜30日間吸いまくり人体実験〜(2007年製作の映画)

3.4

『スーパー・サイズ・ミー』に影響されたバカが、30日間マリファナを吸いまくり、大麻は薬か毒かを検証するドキュメンタリー。要は「ドラッグ吸ってみた」というやつでYouTuber的な発想だ。被験者となる主>>続きを読む

ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

4.6

UFOキャッチャーの寝そべりぬいぐるみ各校隊長シリーズをようやく全種コンプリートできたので、家に帰ってぬいぐるみをクッションの上に積み上げてみたら、なかなかどうして安定感のあるピラミッドをつくることが>>続きを読む

>|