みなみさんの映画レビュー・感想・評価

みなみ

みなみ

街の上で(2019年製作の映画)

3.7


「愛がなんだ」みたいな発問系だと思って身構えてたらコメディ調でリラックスして見れた。
ありそうでない間合いが見どころ。
あの気まずい感じを最近感じてないのでなんか有難かった笑

なんだかんだ登場人物
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.0

掛け合いとかおもしろいけどイマイチきゅんポイントがない笑
映画じゃなくても短編ドラマでよかった。

宮本カップルみたいなのが案外うまくいくのが世の中で嫌になるなあ。
令和で恋愛するのむずすぎんだ。
>>続きを読む

ハートストーン(2016年製作の映画)

3.0

しんどい。

綺麗よりしんどいが勝つ。

早く街に出な。水を得ろ魚。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

色々抱えてる人たちとその人たちの気の抜ける場面の美しさ。

最後、まだいろんなわだかまりは残るけど、家が綺麗になっていたこと、カーテンを開けるシーンに希望が暗示されていて、一安心。

自分を気にかけて
>>続きを読む

メトロポリス(2001年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どこかでチラ見してずっと見たいと思ってた。
アマプラありがとう!

とんでもなく画のクオリティが高い。
濃すぎる画とキャラの行動原理の薄さにギャップがあったのが個人的に惜しいなって思う。
昔のSFアニ
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

こんなサイケな映像で泣いたのは初めて。
わざと不快にさせてくるの演出だけど、自分のピュアさを掘り起こしてくれる。

きれいな人、と思った。

言葉にしても尽くしても想いは伝わらない。
自分が愛されたい
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

3.5

感動とかはないけどおもしろかったーー
ずっと見てられる見てたい系

下手な教訓とか説教とかなくてよかった。
社会の底辺の自分が物理的に強かったらとかそういう妄想を形にしてくれて爽快。
映画を観る前、理
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

5.0

なにも奪われてないよ。大丈夫。

この運命では最上を歩んだと思う。

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

お尻綺麗すぎ!!!(もっと言うことあるだろが)

あと舞台、魔女宅の街????
歌既視感って思ったらシングストリートにあった???

見終わった後けっこう拍子抜けだったけど、色々考えてたらわかってきた
>>続きを読む

クルーレス(1995年製作の映画)

3.6

ぺこ&りゅうちぇるが好きそう

いちいち白目剥くの好き

ブレッドウィナー/生きのびるために(2017年製作の映画)

-

知ることをやめないようにしたい。
見て見ぬ振りは楽だし知ることはつらいけど、字が読めて声が出せる私にできる唯一を少しずつ。

デラワと海の写真を見るシーンが切なくて美しい。
この映画が早く過去のものに
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

商業主義が絡んでない腐れキラキラ青春映画っていいね。

いなさそうでいそうなキャラの設定とか身近な友達に感じるかわいさとかそういう奥深さがよかった。

自分が最後のシーンの観客だったら、何見させられと
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画ジャケットのコレジャナイ感笑
意外と100万すぐ貯まるな、一人暮らしフリーターで100万けっこうキツい気がする😂

普段おとなしくて詰られそうなのに、曲げられないところは絶対曲げない女の子っていい
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

なんてことない美を見たって感じ。
空っぽ。でもその空虚さがこの映画のテーマのよう。
ひたすら外面を取り繕ったものを敢えて作ったかのように思える。

ゲイ映画かと思えばカルリートスがラモンに抱いてたのは
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.9

楽しんだ!
のんちゃんこんなかわいいんだ、、、。
かわいいの知ってたけどこんなかわいいんだ、、、。

中村倫也どこ?って思ったらAだったのか〜


自分の小さなワンルームのアパートがさらにさらに愛おし
>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

⚠️全部しゃべるので注意

イランの映画は多分初めてだったけど、見てきた大衆映画と何もかも違う気がして新しい見方ができた。
それでも少年に抱く感情は普遍的なものでわかりやすく、それを軸として見れた。
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.9

帰れる場所がないまま奔放する旅人の魂はどこに行くんだろう。

美しい体験をしても、それを持って帰って語れる誰かがいないことはこんなに虚しいんだな。

働けないことの弊害、働いている故の葛藤、なんでこん
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.8

触覚の毛量。。。

窪田正孝の使い方。。

一から見直したくなる演出見事。

今回、敵の側近の雑な下品なモブ出てこなくてよかった。

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

瀬田宗次郎

青紫どうなったん

ミステリー・トレイン(1989年製作の映画)

2.2

好きな女優が好きだと言っていた作品

私には特に刺さるシーンはなかったけど、昔の人っていちいちカッコつけてライター使うのちょっとツボ

パターソンも見たけどこの監督の淡々とした感じ。やっぱハマんない。
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

賞味期限についての考察、香港返還(1997.7.1)が2年後に迫る状況での公開っていうのをネットで見つけた。
後半の話も飛行機がモチーフ。
その当時移住を考えてた人はどのくらいいたんだろう。

登場人
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

2.8

いろんな違和感に目瞑れば
両親うっすい笑

メランコリックかなあ笑

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.5

あらすじ的にコメディだと思ったら、雰囲気のいい映画だった。
光と音楽が計算尽くされてる。
なんとなく納得させられた感。
でも好きな人がおじさんになるのはやだなあ。
どうやったって受け入れられないかも😇

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

王道シンプルゆえに単調さも感じる。
社会派作品として誰にでもわかる表現に設定されているという点で成功しているのかも。
でもやっぱり遠いなあ。

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

オムツ必須!!

水分涙腺に行かず膀胱に一直線。
誰だよポップコーン爆食いしたら尿意止まるって言ったやつ。塩辛くて結果水飲みまくってしまったわぼけ。

大人になろうぜっていう話なのに映画館で赤ちゃん返
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

地元の同窓会のあの感じはわかるかも
同窓会行ったことないけど絶対あんな感じ

地方出身だけど大学で経済格差を感じることはなかったな
私大だとこういうこともあったかも。

みんないい関係性で終われてよか
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

素直におもしろかった!!!

哲学や文学の難しい引用がありながらもそれを知らずとも楽しめるコミカルで感情的に理解できるナイスな演出だった!
テンポが良くて目が離せない。

愛の表現の形。いろんな愛の形
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

-

風立ちぬの堀越二郎じゃん。。。
選ばれし者って必ずしも幸せじゃないね。
庵野のことめっちゃかわいく思えてきた。

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.0

引き続き韓国映画鑑賞
黒髪のナイフ使いの美女タイプ

はちどり(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

切実にヨンジ先生みたいな大人になりたい。

死んでしまおうかと思ってる子どもを、見えるものが全てではなく、美しくおもしろいこともいっぱいあるんだよ。あなたはそれを求めていいんだよ。と言ってあげたい。
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

私はどちらかというと女が多い社会で生きてきたから、男との差を強く意識して育ったわけではなかった。
社会経験が乏しいから、こういった直接的な侮辱を自分では受けたことがない。鈍感なだけかもしれないけど。
>>続きを読む

>|